【事例で徹底解説】築20年のマンションリフォーム費用相場

マンション築20年リフォーム費用

住んでいるマンションが築20年を迎え、部屋の所々で老朽化が気になってきたという方は多いのではないでしょうか。

今回は築20年前後のマンションのリフォームをテーマに、リフォーム箇所ごとの費用相場や、費用別のリフォーム事例、マンションリフォームの注意点を紹介します。
マンションのリフォームを検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

▼関連記事

マンションリフォームの費用相場!賢く費用を抑える方法も解説
マンションリフォームの費用相場!賢く費用を抑える方法も解説
マンションリフォームの費用相場!賢く費用を抑える方法も解説
記事を読む

1.築20年のマンションにリフォームは必要?

築20年ほどを迎えるマンションは、内装や設備の老朽化が少しずつ気になってくる頃合いです。
一般的にフルリフォームを考えるのが大体築30年以降といわれているので、築20年のマンションはリフォームすべきかどうか、悩む方も多いでしょう。

築20年のマンションをリフォームする場合全体的な再生リフォームではなく、水回りや壁紙、フローリングなど気になる箇所を部分的にリフォームすることをおすすめします。

建ってから20年も経つと、交換が必要になっている設備もあります。過去のリフォームの状況と設備の交換時期(メンテナンスサイクル)を照らし合わせて、いま必要なリフォームを検討しましょう。
回答

参考:住まいのメンテナンスサイクル|株式会社あなぶきハウジングサービス


2.築20年のマンションで検討したいリフォーム内容と費用

住まいの安心・安全・快適を保つためには交換時期(メンテナンスサイクル)を確認しておくことが大切です。そのうえで、事前にリフォーム箇所ごとの費用相場や工事内容を確認しておきましょう。