成功事例付き!マンションリノベーションの費用相場を完全解説

「中古マンションを買おうと思うけど、リノベーション費用はどれくらい見込めばいいの?」
「リノベーションってすごく高そうだけど、どうしたら費用を抑えられそうか?」

昨今、中古マンションをリノベーションして住むことがブームになっておりますが、そのリノベーション費用は600~1000万円前後とかなり相場に開きがあります。

このコラムでは、費用相場を事例を交えてご説明するとともに、減税や補助金、ローンの組み方など、マンションのリノベーションのお金に関する全てのことを徹底解説します。

これを読むことで、マンションのリノベーションでどれくらいの費用がかかりそうか、その費用感を養えるほか、費用を抑えて満足度高くリノベーションできるコツを学ぶことができます。

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.マンションのリノベーション費用相場は600~1000万円

「マンションのリノベーションの費用相場ってどれくらい?やっぱり1000万円くらい予算を積む必要がある?」などお考えの方も多いのではないでしょうか。

ここでは、気になるマンションリノベーションの費用相場をご説明します。

1-1.業者次第で数百万単位でリノベーション費用が変わることも!

マンションのリノベーションの費用相場を依頼する業者別にまとめると次の通りになります。

マンションのリノベーション費用まとめ

各業者の違い

社員数名で営んでいるような地元の工務店では、平米当たり10万円前後からリノベーションできる会社があります。

一方で、○○不動産のような全国展開している大手リフォーム会社では、1000万円を超えることになります。大手リフォーム会社は平米当たりの定額制を採用している会社が多く、たとえば単価15万円/㎡(15万円/㎡ × 3LDK(70㎡) = 1050万円)でやっております。

1-2.リノベ費用に差が大きく出るのは、コストのかけ方が違うから

ここまで大きくマンションリノベーションの費用相場に大きく差が出る理由は、各業者のコスト構造が大きく異なるからです。

■地元の工務店が費用を抑えられる理由

地元の小さな工務店は、広告宣伝費をかけず、デザイナーなどの専門の人材も置いていないため、費用の観点では最も安く抑えることはできます。

ただし、デザインや使い勝手の観点では、工務店によってセンスのバラツキが大きく、みなさまの趣向にあうリノベーションができる工務店を見つけるのが難しいという難点があります。

工務店が費用を抑えられる理由

■大手リノベーション会社で費用がかかる理由

一方で、大手リノベーション会社では、自社でインターネットや雑誌などに広告を出したり、見学会などのイベントを開いたり広告宣伝費にコストをかけているため、3つの中で最も高くなります。

このような会社では、デザイン料として別途発生するような会社になります。

 

2.マンションのリノベーション事例と実際にかかった費用

ここでは、これまでお伝えした費用相場や間取り設計のポイントをもとにいくつかのマンションリノベーションの施工事例をご紹介します。

施工事例を通して、具体的な費用感を養って頂くほか、実際にマンションをリノベーションする際にどのような間取りやデザインにするか参考にしてください。

2-1.49㎡のマンションリノベーション事例(費用649万円)

  • 間仕切りを極力取っ払い、3DKから1LDKにすることで広々としたリビングへ
  • キッチンはこだわりのステンレスキッチンを導入
  • パイン材の室内窓を設置することで風通しや採光性を確保
  • 全面白の塗装仕上げは、空間にやわらかな印象に!
  • 玄関の土間を広げることで自転車等も置けるように!

49㎡のマンションリノベーション事例(費用649万円)間取り

49㎡のマンションリノベーション事例(費用649万円)
出典:http://www.balleggs.com/portfolio/renovaiton040/

2-2.80のマンションリノベーション事例(費用690万円)

  • 間仕切りを取っ払い、2LDKへ。広々としたリビングを実現!
  • 奥行のあるリビングで、アイランドキッチンからの見ごたえは十分!
  • ダウンライトを使用することで、やさしい雰囲気に!

80㎡のスケルトンリフォーム事例(費用690万円)間取り

80㎡のスケルトンリフォーム事例(費用690万円)
出典:http://www.balleggs.com/portfolio/renovation013/

2-3.70㎡のマンションリノベーション事例(費用760万円)

  • 間仕切りを取っ払い、2LDKから1LDKにすることで広々としたリビングへ
  • ダウンライトやペンダントライトでおしゃれな空間に!
  • こだわりのワイドのステンレスキッチン(クリナップ クリンレディ)を導入
  • 巾木をなくし、壁・天井を白色のクロスで統一、床も明るめのフローリングにすることで、シンプルモダンな雰囲気に!
  • こだわりのアクセントクロスでおしゃれにしまった雰囲気に!

70㎡のマンションリノベーション事例(費用760万円)間取り

70㎡のマンションリノベーション事例(費用760万円)
出典:http://www.artreform.com/example/detail.php?id=157&c1=2&c2=4,5&c3=1

2-3.50㎡のマンションリノベーション事例(費用650万円)

  • 玄関近くにウォークインクローゼットを配置(全てここに収めることが散らかることを防止)
  • バルコニー全面に接するよう、LDKを配置することで光が入るように!
  • 壁・天井をまっ白、床をパイン木調にすることで北欧風の雰囲気に!

50㎡団地リノベーション事例(費用650万円)間取り

50㎡団地リノベーション事例(費用650万円)
出典:http://www.balleggs.com/portfolio/renovation060/

 

3.リノベ費用を「500万円以下」に抑える方法とその実例

今回、記事作成にご協力頂いているバレッグス キュースタジオでは、「つくりすぎず、こわしすぎず」(通称:「つく・こわ」)をコンセプトに500万円以下でのリノベーション事例も豊富にあります。

3-1.リノベーション費用を「500万円以下」に抑える方法

「500万円以下」にリノベーション費用を抑えるためには、現状の間取りや内装を活かして、床や壁、天井の解体は最低限に抑えることが必要です。

解体費や下地作りの費用を抑えることができるため、内装を完全に解体するマンションリノベーションより1~2割ほど全体の費用を抑えることができます。

3-2.「500万円以下」のリノベーション事例と実際にかかった費用

ここでは、「つく・こわ」のリノベーション施工事例をいくつかご紹介します。事例を通じて、具体的に費用感を養いましょう。

また、費用を抑えて、おしゃれにするポイントもご説明しますので、リノベーション内容を検討する際に参考にしてください。

■68㎡のリノベーション施工事例(費用387万円)

  • キッチン、ユニットバスなど水まわりの設備は全交換
  • 寝室2部屋のみ優先順位の関係でリフォームせず
  • 天井はコンクリートの打ちっぱなしで、その質感とシンプルさが魅力的!

68㎡のリノベーション施工事例(費用387万円)間取り

68㎡のリノベーション施工事例(費用387万円)
出典:http://www.balleggs.com/portfolio/renovation020/

■60㎡のリノベーション施工事例(費用447万円)

  • リビング横の個室の壁を撤去し、引き戸にしたことで、引き戸を開ければ広々リビングに!
  • 床は張り替えずにそのままのものを利用、キッチンもそのままのものを利用
  • ユニットバス、トイレなどの水まわりもひとまわり大きいものや使いやすいものを採用。

60㎡のリノベーション施工事例(費用447万円)

60㎡のリノベーション施工事例(費用447万円)
出典:http://www.balleggs.com/portfolio/renovation56/

■69㎡のマンションリノベーション施工事例(550万円)

  • 壁・天井は白色、床は明るめにすることで北欧調の雰囲気に!
  • ダウンライトとペンダントライトを使っておしゃれな空間に!
  • 6畳の和室、押入れはウォークインクローゼットと4畳の洋室にリフォーム

69㎡のマンションリノベーション施工事例(550万円)間取り

69㎡のマンションリノベーション施工事例(550万円)
出典:http://www.balleggs.com/portfolio/renovation053/

 

4.予算内で満足度も高く!あなたに最適な業者の選び方

「どうせマンションをリノベーションするのであれば、とことんこだわって理想の生活を手に入れたい!だけど、なるべく費用は抑えたい・・・」とよくばりなお考えの方も多いのではないでしょうか。

ここでは、そのようなご要望にお応えして、費用を抑えて満足度の高いマンションリノベーションするための具体的な業者選びをお教えします。

4-1.あなたの趣向に応じて選ぶべき業者が変わる!

業者によって、その特徴は大きく異なるため、満足の行くリノベーションを行うためにはみなさまの趣向に応じた業者選びが必要となります。

あなたにおすすめのリノベーション会社はどれ?

業者からの提案はあまり期待せず、シンプルなデザインで極力費用を抑えたいという人は、地元の工務店がおすすめです。

一方で、使い勝手の良さやおしゃれという意味でのデザイン性の良さに関しての提案を期待するのであれば、実質的にデザイン料の上乗せは必要となりますが、中堅リノベーション会社を選ばれるとよいでしょう。

4-2.紹介サイトを活用してあなたに最適な業者を見つけよう!

工務店や中堅リノベーション会社は、業者次第で施工品質や提案面でお客様の満足度が大きく異なります。どの業者がマンションのリノベーションが得意で、かつお客様の満足度が高い会社かは一般の人には分別がつきにくいので、紹介サイトなど専門の業者を活用して工務店を探しましょう。

業者選び次第でこんなに満足度が違う!!

紹介サイトでは、各工務店のホームページの情報以外に、お客様からの口コミや独自取材の内容により、どの工務店がマンションのリノベーションが得意か、お客様からの評判がよいかという情報が集約されております。

また、複数一括で紹介を受けることで、自分に合う工務店かどうか比較検討することができます。

(ご参考)リフォームガイドのご紹介

ここでは、紹介サイトの一つである弊社リフォームガイドについてご紹介します。リフォームガイドでは、みなさまのリフォーム内容や趣向に合わせてピッタリのリフォーム会社をまとめて紹介できます。

リフォームガイドとは

リフォームガイド:無料見積の申込はこちらから(登録はたったの2分)
電話番号:0120-395-120
営業時間:9:00~21:00(月~金) 9:00~18:00(土)

 

5.さらに費用を抑えるために、減税や補助金を活用しよう!

マンションのリノベーションでは、リフォーム範囲が多岐にわたるため、減税や補助金など活用できるものが多く存在します。

ここでは、マンションのリノベーションで使える可能性のある減税や補助金制度についてまとめております。

5-1.マンションのリノベーションで使える減税制度はこれだ!

いくつかの税金で、リフォームで使える減税制度が存在します。ここではその中でも減税の対象範囲が広く、減税額が大きい所得税の減税についてまとめました。

所得税の減税額まとめ

そのほか、固定資産税や、贈与税についても耐震などのリフォームを行うことによって減税措置を受けることができます。

各種減税制度の詳細については、次の記事でも取り上げておりますので、ご確認ください。

図解!あなたが受けられるリフォ―ム減税額と申請時の注意点

5-2.マンションのリノベーションで使える補助金制度はこれだ!

減税制度と同様に、補助金制度でも耐震、省エネ、バリアフリーを対象としているものが多く存在しております。

詳細な内容については、各自治体に応じて異なるため、それぞれの自治体でどんな制度を実施しているかは、一般社団法人住宅リフォーム推進協議会のWebサイトをご覧ください。

地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト

 

6.予算が厳しい場合はローンを組むことを検討しよう!

マンションのリノベーションでは、その費用が最低数百万円以上で、1000万円も超えることも少なくはないため、ローンを組む人も多いリフォームになります。ここでは、マンションリノベーションでローンを組み際に知っておくべきことをご説明します。

6-1.マンションのリノベーションで選択できるローンは2種類

マンションのリノベーションでは、リフォームローン(金利2.5~4.5%、無担保)もしくは、住宅ローン(金利0.5~2.5%、有担保)のどちらかを活用できます。

中古マンションの購入に合せてリノベーションを行う人も多いかと思いますが、その場合、住宅ローンを活用しましょう。なぜなら、中古マンションの購入費と合せても申請できるためです。

リフォームローンと住宅ローン

一方で、現在住んでいる物件で、1000万円以下のローンを組む場合は、その手間などの観点からリフォームローンを組むことの方が多いでしょう。

6-2.金利や返済期間の違いによる支払額シミュレーション

金利や返済期間の違いは、毎月の支払額や支払利息に大きな影響を与えます。ここでは、それらを一覧表にまとめました。返済期限を決める上で是非とも参考にしてください。

住宅ローン金利

リフォームローン金利

6-3.ローン申請で確定した見積り必要!早めに現地調査を依頼しよう!

ローンの申請の際には工事請負契約書の写し、または確定した見積り書が必要になります。業者を選定し、見積りを確定するまでに現地調査から最低1か月ほどかかるため、この点を考慮し、特に中古マンションの購入にともなうリノベーションでは、物件の候補が決まったら早めに業者に現地調査を依頼しましょう。

6-4.少しでも費用を抑えるためにリフォームローン減税を活用しよう!

「住宅ローン」もしくは返済期間が10年以上の「リフォームローン」を利用する場合、住宅ローン減税という減税を受けられます。具体的には、年末のローン残高の1%が10年間毎年所得税や住民税の減税を受けられます。住宅ローン減税では、最大400万円も所得税や住民税から減税されます。

住宅ローン減税を利用した際の減税額について

※各年度で、所得税の最大減税額40万円を上回った場合は住民税から減税されます。

そのほか、リフォームローンや住宅ローン減税の詳細については、以下の記事でまとめておりますので合わせてご確認ください。

リフォームローンの全てを徹底解説!金利相場や返済イメージ、会社選び等
図解!あなたが受けられるリフォ―ム減税額と申請時の注意点

 

7.まとめ

いかがだったでしょうか。マンションのリノベーションといっても、依頼する業者によって大きく費用が異なることを理解してもらえたかと思います。さらに、事例や見積りを通じて、具体的なイメージも膨らませていただけたのではないでしょうか。

予算内で満足度の高いマンションのリノベーションを行うためには、本当に業者選びが大切です。そのような会社を見つけ、満足の行くリフォームにするために、リフォームガイドも誠心誠意ご協力させて頂きます。

また、以下の記事にもマンションのリノベーションをご検討の方にとって役立つこと間違いなしの情報が満載ですので、是非ご参照ください。

成功事例付き!マンションリフォームの費用相場を築年数別に完全解説
中古マンションのリノベーション完全解説!メリットや費用、事例等
成功事例付き!費用相場など団地リノベーションを完全解説


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

※個人情報は一切公開されません

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。