二世帯住宅のリフォーム費用を完全解説!お得な業者選び・補助金も

二世帯住宅のリフォーム費用

「二世帯住宅にリフォームしたいけれども、費用が気になる」
「お得に二世帯住宅リフォームする方法があるなら知りたい」

とお考えではないでしょうか。

二世帯住宅へのリフォームは、住宅をどのように分離・共有するのかによって大きく費用が異なることが特徴です。そのためまずは二世帯住宅のタイプとおおよその費用の目安を把握し、自分たちの予算も含めてリフォーム内容を検討することが重要です。

そこで今回は、二世帯住宅のタイプ別に、リフォームの内容と費用の目安を実例とあわせて紹介します。建て替えたほうがよいケースや、二世帯住宅リフォームで使える補助金・ローンなどについても解説します。

▼二世帯住宅の間取りパターンや事例、失敗と対策についてはこちらの記事を参考にしてください。

ストレスなく快適な二世帯住宅にリフォームするための知識をすべて解説!
ストレスなく快適な二世帯住宅にリフォームするための知識をすべて解説!
ストレスなく快適な二世帯住宅にリフォームするための知識をすべて解説!
記事を読む

1.二世帯住宅のリフォーム費用

二世帯住宅には3タイプあり、どれを選ぶかによってリフォーム費用の目安が異なります。

タイプ 生活エリアの分け方 リフォーム費用の目安
完全分離型 各世帯の生活エリアを、住宅の左右や上下で完全に分けるタイプ 1,000万円〜
部分共有型 玄関やリビングなど、住宅の一部を共有するタイプ 800万円〜
完全共有型 寝室以外のすべての住空間を二世帯で共有するタイプ 300万円〜

二世帯住宅へのリフォームは、分離する部分が多くなるほど費用が高くなっていくのが一般的です。タイプごとに、リフォーム費用の内訳や実際の事例を見てみましょう。

1-1.完全分離型にリフォーム:1,000万円〜

既存住宅を完全分離型にリフォームするには、1,000万円程度は見込んでおく必要があります。

【完全分離型の二世帯住宅にリフォームする場合の費用目安】
工事の内容 費用の目安
増築 平屋に2階を増築 約1,000万円〜
増設 外階段・2階玄関 約100~300万円
1階玄関 約100〜250万円
キッチン 約30万〜100万円
ユニットバス 約70万〜250万円
トイレ 約50~100万円
洗面化粧台 約20~60万円
間取り変更 間仕切り壁の撤去や設置 約20~50万円

完全分離型では生活エリアをすべて分けるため、キッチンやトイレ、洗面所、浴室などの水回り設備をすべて2つずつ備える必要があることが、リフォーム費用が高額になる大きな理由です。

住宅を完全分離型にリフォームする際に、よくおこなわれる主な工事の内容と費用の目安は以下のとおりです。

それでは実際に完全分離型二世帯住宅にした事例を見てみましょう。

【事例】2階への玄関と階段を増築!完全分離型二世帯住宅を実現

ご主人のご実家を完全分離の二世帯住宅にするために、増築して2階に上がる玄関と階段を新設しました。

工事内容 費用
1階・2階増築工事 約320万円
2階水回り工事 約420万円
玄関・階段新設工事 約118万円
外壁・屋根・窓・防水工事 約643万円
耐震・断熱工事 約135万円
間取り変更・内装工事 約678万円合計
合計 約2,314万円

BEFORE
(青:水回り、オレンジ:LDK、緑:玄関)