二世帯住宅へのリフォームを完全解説!その種類や費用相場、注意点も

二世帯住宅のリフォームを検討しつつも何から始めればいいか分からない方も多いのではないでしょうか?ここでは二世帯住宅の間取りの話から、リフォームに掛かる費用や価格まで、二世帯住宅に関する基礎知識をまとめてみました。

二世帯住宅は住み始めてから「失敗した」と感じることも多くあります。リフォームを終えてから失敗したということにならないよう、まずはこちらの記事で二世帯リフォームの全体像を理解するところから始めてください。

 

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.二世帯住宅リフォームの種類について

二世帯住宅にはどのような種類ややり方があるのかをご説明いたします。ご自身の二世帯住宅はどのタイプが適切なのか、考える上での参考にしてください。

1-1.完全分離型の二世帯住宅

完全分離二世帯

同じ敷地内に「上下」あるいは「左右」に建物を分けて個別に住宅としての機能を持たせたるタイプの二世帯住宅を「完全分離型」と呼びます。最もプライバシーを保ちやすい作りですが、費用的には高くなってしまいます。

完全分離型のメリットとデメリットは次の表のようになります。

完全分離型のメリットとデメリット

夫宅に二世帯住宅を構える場合や、生活スタイルが親世帯と子世帯で全く異なる場合は、住み始めると思った以上にお互いに気を遣うことがあります。特に夫の実家を二世帯住宅にする場合は、長く一緒に住む中でお互いの生活空間が欲しいと感じることは多いかと思います。そのようなご家庭にはお勧めの形になります。

1-2.部分共有型の二世帯住宅

部分共有二世帯

世帯毎のプライバシーを保ちながら、玄関やリビングなどの一部を共有するタイプの二世帯住宅を「部分共有型」と呼びます。どの部分を共有するかで保つことのできるプライバシーも変わってきます。

代表的な共有スペースの考え方として以下のようなタイプがあります。

「玄関」のみ共有型:最もプライベートは保てるが費用は高くなります。
「玄関・居間」を共有:交流の場である居間を共有として用意したタイプです。
「玄関・キッチン・リビング」を共有:食事が一緒で光熱費は抑えられるタイプです。

また部分共有型のメリットやデメリットそれぞれありますので、確認したうえで選択するようにしてください。

部分共有型のメリットやデメリット

部分共有型の二世帯住宅は作り方によって保てるプライバシーの形は様々です。完全分離型よりも一緒に生活しているという一体感があります。妻の実家を二世帯にリフォームして、子育てを手伝ってもらうような場合にはお勧めのスタイルです。

1-3.完全共有型の二世帯住宅

完全共有二世帯

外見は一軒屋で玄関もひとつで、プライバシーのある寝室等だけ分けて暮らすタイプを「完全同居型」と呼びます。

最近はミニキッチンやトイレを追加でリフォームするような場合もありますが、基本的には親世帯と子世帯がひとつの大家族として暮らす形になります。

完全共有型の二世帯住宅

妻の実家に同居するケースや、一時的に二世帯で住むというご家庭にはお勧めのリフォームの形になります。費用面でも最もリーズナブルなので、始めやすい二世帯リフォームになります。

どの形の二世帯住宅にするかで生活スタイルが大きく違ってきますので、まずはお互いの世帯がどのように暮らすのが良いのかを考えていきましょう。

いざ生活を始めると様々な部分が気になるものです。少しでもプライバシーの面で不安がある場合は、プライバシーを保てる形での二世帯住宅にすることをお勧めいたします。

 

2.二世帯住宅リフォームの2種類の方法について

二世帯住宅にするには既存の家を取り壊して行う建て替えの方法と、既存の住宅を残すリフォームの2通りのやり方があります。どちらの方法でリフォームするかによって費用も今後の生活も大きく異なります。それぞれの特徴を理解して、適切なリフォームの方法を選ぶようにしましょう。

2-1.建て替えとリフォームによる二世帯住宅

2-1.建て替えとリフォームによる二世帯住宅

二世帯への建て替え

既存の住宅を取り壊してから、新しい二世帯住宅を作るやり方です。新築同様のものを建てることができるので、費用は掛かりますが自由に設計が可能なうえ、長く住むことができます。

二世帯リフォーム

既存の住宅を残したまま、一部を作り変えて二世帯住宅にするやり方です。既存の住宅を利用するので費用を抑えることができ、住みながらリフォームすることも可能です。

2-2.建て替えにするかリフォームにするかの判断基準

建て替えとリフォームではそれぞれ一長一短あります。ご家族の状況に合わせて最終的に判断する必要があります。違いをまとめると以下の表のような違いがあります。

建て替えにするかリフォームにするかの判断基準

両親世帯と子世帯とで20年~30年と長く一緒に住む場合は建て替えの方がよいでしょう。逆に、二世帯で済む期間が短い場合や、一時的に二世帯で済むような場合は、既存の住宅を残して二世帯リフォームをする方がよいでしょう。

 

3.二世帯住宅リフォームの費用と価格について

二世帯住宅のリフォームはリフォームの方法(建て替えかリフォーム)と、どのような形の二世帯住宅にするのかで費用は大きく異なってきます。もちろん敷地や家の大きさで異なってきますが、30坪~40坪の一般的な家の場合は次の表の金額が一つの目安となります。

二世帯住宅リフォームの費用と価格について

条件によって費用は大きく異なってきますので、より詳しく二世帯住宅のリフォーム費用について知りたい方は「二世帯住宅にリフォームする際の価格や費用を3分で解説」で詳しく説明しているので参考にしてください。

 

4.二世帯住宅リフォームで失敗しないための注意点

二世帯住宅は大きな買い物で、長く使い続けるものです。そのため絶対に失敗は避けたいところ。ここでは失敗を避けるためのコツや注意点についてご説明いたします。

4-1.家族関係とプライベートに関する注意点

4-1.家族関係とプライベートに関する注意点二世帯住宅で暮らす場合に、最も大切なのは人間関係です。特に夫の自宅をリフォームして二世帯住宅にする場合は特に注意が必要です。現時点での関係性に問題が無くても、いざ住み始めたら、長い間一緒に暮らす間に様々なトラブルが出てくることはよくあります。

二世帯住宅の形を考える場合には、少しでも心配な部分があれば、プライベートな空間を多めに確保するようにしておく方が良いでしょう。

4-2.リフォーム会社選びに関する注意点

4-2.リフォーム会社選びに関する注意点二世帯住宅のリフォームをする場合は、リフォーム会社の選び方が重要になります。通常のリフォームとは異なり、「提案力」をより重視した会社選びが必要です。

二世帯住宅のリフォームで問題になるのは、リフォームの手抜きや欠陥ではなく、二世帯が同時に住み始めることによる人間関係の問題が圧倒的に多くなります。そのため、それぞれの世帯の要望をまとめてプランに落とすことのできるリフォーム会社を選ぶことが重要になります。親世帯と子世帯とで異なる要望がある場合などは、第三者であるリフォーム会社に提案してもらうなど、いいリフォーム会社は調整役としても活躍してくれます。二世帯住宅のリフォーム実績が豊富な会社を選ぶようにしましょう。

4-3.増改築を伴う二世帯リフォーム

4-3.増改築を伴う二世帯リフォーム二世帯リフォームの場合は、増改築を行い床面積を増やす場合があります。リフォーム前に、容積率や建ぺい率に問題がないか確認しておく必要があります。特に東京のような都市部では増築自体が難しいエリアも少なくありません。

また家の構造が増築に耐えられるかどうかも建築士とともに確認しておきたい点です。増築を前提に考えていても、物理的にできないということもあるので注意が必要です。

4-4.二世帯リフォームをする際の名義とローンの注意点

4-4.二世帯リフォームをする際の名義とローンの注意点二世帯住宅の名義は資金を誰がどれだけ出したかによって決まってきます。相続を考えると子世帯が多く出す方がよいでしょう。またローンを組む際もできるだけ子世帯がローンを組んで支払する方が相続税の観点でもよいでしょう。

一方で、子世帯だけでは十分なローンが組めない場合は親子共同ローンを組み合わせて借入の額を増やすことも可能です。さまざまな優遇税制も用意されているので、個別の案件に関しては税理士に相談する方が結果としてはよいでしょう。

4-5.相続時に起こり得る問題点への対策

4-5.相続時に起こり得る問題点への対策兄弟姉妹がいる場合は、二世帯リフォームを行う前にしっかりと話をしておく必要があります。

例えば二世帯住宅で親子世帯が暮らしていた場合、相続時には同居していた子が自宅を相続するケースが一般的です。しかし自宅しか財産がない場合に、兄弟姉妹と話ができていないともめごとの原因になりえます。最悪の場合は親世帯と同居していた不動産を売却して金銭に換える必要も出てきます。

こうした事態を避けるためにも、他の推定相続人に対して二世帯住宅建築の同意を得ておきましょう。また、相続となった際に未然に防ぐ意味からも、生命保険等を活用して金銭で配分するなどの準備もしておくとよいでしょう。

 

5.まとめ

二世帯住宅のリフォームはそれぞれの世帯の要望をしっかりと汲み取ったうえでプランニングすることが大切です。まずは二世帯リフォームの全体像を理解して、家族間でそれぞれの要望を確認しあうところから始めるとよいでしょう。

5年後や10年後のそれぞれの家庭の姿も思い描きながら、長い時間軸でプランニングすることが大切になります。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

※個人情報は一切公開されません

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。