失敗例から学ぶ!二世帯住宅の正しい間取りと家族のルール

二世帯住宅の正しい間取りと家族のルール

「親世帯に言われて仕方なく」
「共働きで子供の面倒を見てもらいたいから」
「家を建てる費用の負担を減らしたい」

二世帯住宅を考える理由は様々だと思います。せっかく2つの家庭が一緒に住むなら、お互いが気持ちよく住める家がいいですよね。みんなが満足できる家になれば、二世帯の関係もより良いものになると思います。

また、2015年から二世帯住宅は相続の際の評価額が80%減額されることになりました。費用の面からみても二世帯住宅は魅力的ですね。

 今回は二世帯住宅を絶対に失敗しないために過去の失敗例と対策をご紹介します。この記事を読んでストレスのない二世帯住宅にしましょう。


1.共有場所別にみる二世帯住宅の失敗例とその対策

二世帯住宅は以下の3つの種類があります。

  • 完全分離型
  • 一部共有型
  • すべて共有型

一番失敗が少ないのは完全分離型ですが、「費用や敷地の問題で、どこかを共用にしないと無理だな」「せっかく二世帯住宅にするならどこかのスペースは共有したい」などとお考えの方もいらっしゃると思います。

そこで今回は共有場所別に失敗例をご紹介します。

どこを共有にするべきか・共有する場所によってどんなことに注意すればよいのかご家庭の状況に当てはめながらお考えください。

1-1.玄関を共用にしたことによる失敗例

1-1.玄関を共用にしたことによる失敗例

  • ちょっと買い物に行くときも行き先と帰宅時間を聞かれストレスがたまる
  • 夜遅くに帰宅する日が続くと何かを言われそうで気を遣う
  • 子供の靴で下駄箱を占領されてしまい、自分たちの靴を置く場所がない
  • 自分の友達などを家に呼びづらい

他の場所は別々だけど玄関だけは一緒にする例もたくさんありますが、玄関を一緒にすると日々の外出や夜遅くの帰宅などで気を遣わなければなりません。

ライフスタイルが異なる二世帯の場合は特に玄関についてよく考えましょう。

対策

  • お互いの外出などには干渉にしないように事前に決めておく
  • 下駄箱などの収納は広めに確保し、利用スペースを分けておく

1-2.リビングを共用にしたことによる失敗例