新たに窓を作るリフォームを完全解説!費用相場や工期、注意点など

アイキャッチ

「明るい家に住みたい」このように感じで、新たに窓を作るリフォ―ムを考えている方が多いのではないでしょうか。この記事では、家に新たに窓を作る際の箇所ごとの費用、実際の工期、注意点を説明しています。

ところで、みなさんは窓を新設する際にどのような窓を想像しているでしょうか。壁一面が窓になっているようなものを想像した人もいるでしょう。

ところが、実際には窓を新設する際に壁一面を窓にするような大きな窓を作ることは極めて難しいです。そのため、この記事では小中規模な窓を作るという前提で話を進めていきます。これらを踏まえたうえで窓を新たに作るリフォ―ムの参考にしてみてください。

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.場所別にみる新たに窓を作る際の費用

場所別にみる新たに窓を作る際の費用

ここでは、新たに窓を作る際の箇所別の一般的な費用を説明していきます。一般的にどの箇所でも設置する窓の大きさ、使用する窓のグレードによって費用は異なってきます。

一般的な費用

一般的な費用

 

2.新たに窓を作る際の工期
新たに窓を作る際の工期

新たに窓を作るリフォ―ムの工期は平均3日です。

ただ、新たに窓を作る箇所によってはその工期が前後することがあります。

1階に小さな窓を作る分には工期が3日より少なくなるケースが多いですが、2階にあるスペースに新たに窓を作る際には足場の組み立てや解体で時間がかかるため3日以上かかることが多いです。

 

3.新たに窓を作るリフォ―ムの注意点

ここでは、新たに窓を作るリフォ―ムの注意点を説明していきます。

3-1.窓を新たに作ることができる場合は限られる

窓を新たに作る際には壁を壊す必要があります。しかし、壁は家を支える重要な役割を持っているため、耐震面から窓を新たに作ることができない場合が存在します。その原因が壁の中にある筋交いと呼ばれるクロスした柱です。

窓を新たに作ることができる場合は限られる

筋交いに窓を作ることは極めて難しいです。筋交いを切断して窓を作ることも不可能ではありませんが、耐震性が落ちるため他の場所を補強する必要があります。

最初に述べた窓の新設の際に大きな窓をつくることができないのも、この筋交いによるものです。実際にどこに筋交いが入っているかは業者に確認を取れば分かるため、そこでリフォームできるかできないかの判断をする必要があります。

3-2.結露対策をきちんと施す

結露対策をきちんと施す

窓を新たに作る際に意外と忘れてしまうことが窓の結露対策です。窓枠の工事がしっかりなされていないと湿気がたまりやすくなるため、窓枠の工事も業者にお願いする必要があるでしょう。

また、内窓をつけて二重窓にすることで結露を防ぐこともできます。二重窓にした分費用がかさみますが、確実に結露を防ぎたいという方にはオススメです。

3-3.リビング・部屋では光を分散させて明るくする

リビング・部屋では光を分散させて明るくする

リビングの場合は、どうしてもスペースが他の箇所に比べて大きくなるため、光を分散させて部屋全体を明るくする必要があります。

光を分散させる手段は「横長の窓を作る」のが代表的です。しかし、横長の窓を新設するのは縦長の窓を新設するより構造的に難しく、業者とよく相談して検討する必要があります。

また、小さな窓(小窓)を新たに設置するとともに内装もリフォームして部屋全体を明るくするという選択肢もあります。部屋の場合、2階に窓を作る際には足場の組み立てや解体があるため、費用がかさむ可能性があります。

3-4.天窓を設置する際に天井からの直射日光対策をする

天窓を設置する際に天井からの直射日光対策をする

天井に新たに窓(天窓)を作った場合、その窓からの光の量は壁面の窓からの光に比べて約3倍にもなります。そのため採光的には最適ではあるものの、夏の直射日光が入ってくると耐えきれないほどの暑さになることもあります。

また、天窓は基本的に安定した光を供給するために北側の屋根に設置するのが良いとされています。

万が一、北側の屋根にできず南側の屋根に天窓を設置する際には、費用がかさみますが遮光のための可動スクリーンか可動の障子を天窓につけるとよいでしょう。新たに窓を設置する際には屋根の工事も必要となってくるため、屋根の状態によっては費用がかさむ場合もあります。

3-5.キッチンを明るくするには吊り戸棚を意識する

キッチンを明るくするには吊り戸棚を意識する

キッチンが暗く感じる原因のひとつに吊り戸棚が挙げられます。

窓は高い位置にあると部屋を明るくできるのですが、吊り戸棚があるとその下に横長に取り付けられるため全体が暗くなってしまいます。

キッチンを明るくするには、吊り戸棚がある場合には吊り戸棚を外し、縦長の窓にするのがお勧めです。ただ、吊り戸棚を外すなどの工程が入ると別途費用がかかります。

3-6.リフォーム業者の選び方は慎重に

リフォーム業者の選び方は慎重に

新たに窓を作るリフォ―ムはリフォームの中でも難しいリフォームのため、できるリフォーム業者も限られてきます。

また、初めてリフォームをされる方はどのリフォーム業者に頼むべきかわからないと感じている方が多いのではないしょうか。

新たに窓を作るリフォームでは以下の3点が当てはまるリフォーム業者を選ぶようにしましょう。

  • 過去に新たに窓を作るリフォームの業績が多くあるかかどうか
  • 過去の顧客からの評価が良いかどうか
  • 担当者との相性が合うかどうか

チラシやインターネット、業者のHPなど様々な媒体を利用して、最後はリフォーム会社を訪ねてみて判断するのもよいでしょう。

一方で、リフォーム会社を1社ずつ調べていくのは手間ではないでしょうか。そこでお勧めしたいのが「リフォームガイド」というサービスです。登録時間2分で皆さんの代わりにご説明した3つのポイントを押さえてリフォーム会社を「無料で紹介」するサービスです。

適切な紹介をするために以下3つの取り組みを行っています。

  • 専門のコンシェルジュがお客様対しリフォーム内容を丁寧にヒアリング
  • すべてのリフォーム会社に独自調査と取材を行い、会社の実情を把握
  • お客様の評価や満足度を元に高評価のリフォーム会社だけを紹介

お客様に最適なリフォーム会社を紹介することにこだわっているため、ご希望に沿う会社が無い場合は紹介できない場合もありますので、その点はご了承ください。

リフォーム会社の非公開情報や、過去のお客様の口コミをもとに最適なリフォーム会社をご紹介しています。無料でお試しできますので、ぜひご利用ください。

リフォームガイド:無料紹介申込はこちらから(登録はたったの2分)
電話番号:0120-395-120
営業時間:9:00~21:00(月~金)9:00~18:00(土)

 

4.まとめ

いかがだったでしょうか。新たに窓を作るリフォ―ムの場合、リフォームを行う前に実際にリフォームすることが可能かの判断が必須となります。また、窓を作る以外の費用がかかることも多々あります。

気をつけるべきことを意識しながらリフォームを進めていってください。この記事が、新たに窓を作るリフォ―ムの手助けとなれば幸いです。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

※個人情報は一切公開されません

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。