水回りはリフォームでどれだけ移動できる?事例・費用・箇所別の難易度を解説

家のリフォームを検討する際、「水回りの移動ができるのかな?」と気になる人も多いのではないでしょうか。

結論からいうと、家の構造によって状況はまちまちですが、配管や排気のルートが確保できれば水回りの移動は可能です。ただし、戸建てだと自由度が高い一方、マンションは制限が多くなるのが一般的です。また水回りの移動は、床下や壁の中の配管をつなげるため、費用が高くなる傾向もあります。

そこでこの記事では、実際に水回りを移動したリフォーム事例を紹介し、注意点を解説していきます。水回りの移動リフォームにかかる費用も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


1.リフォームで水回りの移動は可能。だが例外や制限はある

リフォームで水回りを移動は、以下の2点をクリアできれば可能です。

  • 排水がスムーズに流れるよう、配管に十分な傾斜(勾配)が付けられる
  • 排気や換気の道筋(ルート)が確保できる

水回りの配管は、排水がスムーズに流れるよう、坂道のように傾斜(勾配)をつけてあげる必要があります。十分な勾配を付けられなければ汚物が詰まってしまうため、水回りの移動距離には限界があります

キッチンやお風呂などの水回りでは、排気や換気設備の移動も必要です。排気や換気用のダクトは、上下に折り曲げての設置はできないため、梁(はり)などの障害物があると、移動が難しくなることがあります。

またリフォームするのがマンションなのか一戸建てなのかによっても、水回りを移動できる・できないの条件や難易度は異なるので解説します。

1-1.マンションでは制限が大きい

マンションでは、給水管や排水管を通すパイプスペース(PS)は共用部分となっているので、自由に移動ができません。パイプスペース(PS)は上下階の配管を縦につなぐ縦管が通るスペースです。
水回りを移動するときにはパイプスペース(PS)を起点に距離を考える必要があるので、移動場所の制限は戸建てに比べ大きくなります

▼とあるマンションの一室のパイプスペース(PS)※赤枠部分

とあるマンションの一室の間取り図。パイプスペース(PS)を赤枠で囲んでいる

PSまわりに水回り設備が配置されています。

また、水回り設備につながる排水管がどこから伸びているのかによっても、移動のしやすさは大きく異なります。ただし個人で確認することは困難ですので、リフォーム会社に見てもらう必要があります。

マンションのリフォームできること・できないこと【プラン例あり】
マンションのリフォームできること・できないこと【プラン例あり】
マンションのリフォームできること・できないこと【プラン例あり】
記事を読む

1-2.一般的な戸建ては比較的自由度が高い

戸建ての場合も水回りの難易度は構造によって違います。一般的な在来工法の木造は比較的移動させやすい一方、ツーバイフォーの木造や、鉄骨造・RC(鉄筋コンクリート)造は移動に制限がかかるケースが多くなるでしょう。

また床下や、2階であれば1階の天井裏に十分なスペースがなかったり、高さが低かったりする場合も、移動範囲が制限されやすくなります。
ただし床下や天井裏の高さが十分かどうかは個人で判断することは難しいため、リフォーム会社に見てもらうのが確実です。


2.【箇所別】リフォーム事例と移動の難易度

それでは、実際に水回りの移動リフォームをしたキッチン・トイレ・お風呂・洗面室の事例を紹介します。それぞれの水回り設備を移動する難易度も解説しますので、ぜひ参考にしてください。

2-1.キッチン

キッチンは大幅な移動は難しいですが、多少の移動であれば実現させやすいでしょう。

<キッチンを移動したリフォーム事例>

※横にスクロールできます

キッチンの移動をする前の写真(壁付けキッチン)