マンションのリフォームできること・できないこと【プラン例あり】

マンションのリフォームを考えるにあたって、「そもそもどこまでリフォームしていいもの?」「プランを考える上で注意しておくことはある?」という疑問があるのではないでしょうか。

分譲マンションでは、所有するマンションの一室を「専有部」、住む人全員が共有する部分を「共用部」に分けられ、「共用部」は原則としてリフォームができません
また、ご自身の所有する一室内でも、マンションの構造等の問題で、リフォームができない部分もあります

今回、筆者は中古マンションをリフォームし販売を手掛けるあなぶきホームライフの丸岡さんの協力の下、マンションのリフォームプランを考える機会がありました。
その中で学んだ、マンションリフォームで「できないこと・できること」、これからマンションリフォームをする方に知っておいてほしいことを、実際のプラン例とともにまとめています。

<マンションリフォーム初心者の筆者が考えたプラン>

※横にスクロールできます

(実現したかったこと)
・キッチンを「アイランド型」にする
・トイレの位置移動(寝室の間→リビング横)
・玄関にコートや大きい荷物も置けるような「玄関収納」を造る
・寝室やキッチンの収納も増やす
・LDKを広くする

しかし考えた上記のプラン、すべてが「ボツ」となりました・・・。その理由も記事の中で説明します。


マンションリフォームでできないこと

まずはマンションリフォームで「できないこと」をまとめました。

[×] PS(パイプスペース)の移動

マンションの各住戸にはPS(パイプスペース)と呼ばれる配管が通る空間があります。PSは上下階で繋がっており、動かすことができません。

▼浴室・洗面室・トイレ・キッチンの近くにパイプスペース(PS)があり、PS内部には排水管が通っています。

このため、間取り変更をともなうリフォームにもやや制限がでる場合があります。

[×] キッチンやお風呂など、水回りの大幅な移動

キッチン・お風呂・トイレ・洗面など水回りを大幅に移動するリフォームは、マンションの構造上、困難であることが多いです。

理由は、配管の問題。上記のPS(パイプスペース)の位置が決まっているため、PSから遠ざかる移動には限界があります。また、1箇所のPSの排水量は限られるため、すべての水回り設備を1箇所のPSまわりに集中することもできません。

そのほかにも、マンションの柱や梁の位置によって移動が難しい場合もあります。

▼筆者が考えた水回りの間取り変更プラン

Before

After

PSのことを何も考えず間取りを考えていたため、「現実的ではない」プランとなってしまっていました。

水回りの移動は、多少の移動は可能だとしても、壁や床を壊して配管を延長させる工事が発生しますのでコストがかかります。費用を抑えてリフォームをしたい場合は、水回りの移動は避け、既存の位置をできるだけ活かすリフォームにするといいでしょう。

[×] 窓サッシ・玄関ドアのリフォーム

マンションの「共用部」にあたる窓サッシや玄関ドアの交換は、基本的にはできません。
※カバー工法という方法で交換できる場合もありますが、管理組合の承認が必要です。

もちろん、窓を大きくするリフォームもマンションでは不可能です。

一方、断熱性を上げたい場合などに有効な「内窓の設置」は、マンションでも可能な場合が多いです。ただしマンションによっては管理規約で禁じているところもありますので、いずれにしても窓周りのリフォームをご検討の際は、工事に取り掛かる前に必ず管理組合に確認を取りましょう。

【事例あり】マンションで二重窓(二重サッシ・内窓)を取り付けるリフォームの費用相場
【事例あり】マンションで二重窓(二重サッシ・内窓)を取り付けるリフォームの費用相場
【事例あり】マンションで二重窓(二重サッシ・内窓)を取り付けるリフォームの費用相場
記事を読む

[×] ベランダ・バルコニーのリフォーム

マンションのベランダ・バルコニーは、避難経路の確保や外観の統一性維持などの目的で「共用部」にあたるため、個人でのリフォームは原則できません。

ベランダやバルコニーに物干し竿を設置するだけでも、管理組合に届出が必要だったり、物干し竿の設置場所や形状を指定されたりする場合もあります。

管理組合の承認が下りればリフォームできることもありますので、個人の独断で進めることはせず、一度管理組合に相談しましょう。

また、ベランダやバルコニーの防水層が劣化しており、雨漏りの危険がある等の場合、こちらも個人で修繕や補修を依頼する必要はないため、管理組合に連絡しましょう。