• おすすめ記事
  • プロが教える!最良のリフォーム会社と契約できる3ステップ

キッチンを移動させてリフォームする際の費用と見積例

「キッチンを移動したいけど、リフォーム費用の相場がよくわからない」
この記事は、そのような方に向け今回は、よくある3パターンのキッチン移動リフォーム費用を説明します。併せて、キッチンのリフォーム費用を抑える方法や注意点もご紹介いたします。キッチンは毎日使う場所です。工夫すれば、効率よく快適に料理をすることができるようになります。

ぜひこちらを参考にしてキッチン移動の相場をつかみ、リフォームを成功させましょう。

>>実際の見積もりから算出したキッチンリフォームの費用相場をチェック!

1.キッチンの移動をする際のリフォーム費用【3パターン】

移動前のキッチンと、移動後のキッチンの種類によって、リフォーム費用も異なってきます。ここでは、よくあるパターンのキッチン移動リフォームとその費用を3つ紹介します。

1-1.置き型から対面型へ【最もポピュラー】

壁付け型から対面型キッチンに移動した事例①
出典:http://www.8044.co.jp/gallery/206

壁付け型から対面型キッチンに移動した事例②
出典:http://www.8044.co.jp/gallery/323

置き型キッチンから対面型キッチンへリフォームした事例
出典:http://suikoubou.co.jp/

小さなお子様がいる家庭だと、家事をしながらリビングの様子が見える対面式キッチンが好まれているようです。置き型のキッチンを対面型のキッチンに変更する場合の費用は、給排水管や排気ダクトを延長・移設しなければいけません。既存のキッチンがあった場所の壁面や床の補修などの内装工事として材料費や工事費も追加されます。

置き型から対面型へリフォームする費用の明細例

※色付き部分が移動に伴う工事です

No 項目・仕様 数量 単価(円) 金額(円)
1 養生費 20㎡ 540 10,800
2 既存撤去及び廃材処分費 1式   96,000
3 新規配管用開口及び既存開口部補修(材料費+工事費) 1式   32,000
4 下がり壁・袖壁造作下地(材料費) 1式   42,000
5 カウンター天板(材料費) 1式 40,000 40,000
6 同上施工費 1式   56,000
7 電気設備工事 1式   100,000
8 ガス設備工事 1式   28,000
9 給排水衛生設備工事 1式   80,800
10 換気設備工事 1式   28,000
11 巾木/木製化粧材(材料費+工事費) 1式   10,000
12 壁面下地処理(材料費+工事費) 1式   28,000
13 クロス/普及品 26㎡ 1,090 28,340
14 同上施工費 26㎡ 590 15,340
15 脚立足場 20㎡ 440 8,800
16 CFシート(材料費) 20㎡ 2,750 55,000
17 同上施工費 20㎡ 800 16,000
18 システムキッチン 1台 556,500 556,500
19 IHクッキングヒーター 1台 225,750 225,750
20 キッチンライト 1台 14,500 14,500
21 同上組立て及び設置費 1式   84,000
22 引き渡し清掃費 20㎡ 690 13,800
23 資材運搬及び諸経費 1式   165,803
小計 1,735,433
消費税(10%) 173543
合計 1,908,976

1-2.置き型からアイランド型に【高級感あるインテリア】

置き型キッチンからアイランド型キッチンにリフォームした事例
出典:http://hamamatsunishi-nikka.com/

部屋の中央に独立したシンクやコンロを設置するアイランド型キッチンは、高級感のある空間となるだけでなく、多くの人を集めてのパーティーなどにも向いています。

キッチンが壁に囲まれた置き型からアイランド型にする際は、キッチン本体の移動に加えて、壁の撤去が必要となります。撤去する壁が耐震構造上重要な場合は、他の壁の耐震補強をしなければいけないため、リフォーム費用は高額になります。また、キッチンがリビングからよく見えるようになるため、比較的高価なキッチンが選ばれることが多いようです。

置き型からアイランド型へリフォームする費用の明細例

※色付き部分が移動に伴う工事です

No 項目・仕様 数量 単価 金額
1 養生費 33.2㎡ 540 17,928
2 既存撤去及び廃材処分費 1式   124,000
3 電気設備工事 1式   100,000
4 ガス設備工事 1式   28,000
5 給排水衛生設備工事  1式   100,000
6 換気設備工事 1式   35,000
7 天井・壁・床一部下地補修工事 1式   60,000
8 床構造用合板張り 1式   40,000
9 フローリング/合板・塗装品 33.2㎡ 6,000 199,200
10 同上施工費 1式   70,000
11 巾木/木製化粧材 1式   10,000
12 下地処理 1式   28,000
13 天井/壁クロス/普及品 94㎡ 1,090 102,460
14 同上施工費 94㎡ 590 55,460
15 脚立足場 33.2㎡ 440 14,608
16 アイランドキッチン/2760×1050×850 1台 1,000,000 1,000,000
17 同上組立て取付け施工費 1式   160,000
18 ダイニングテーブル/1240×1050×700 1台 120,000 120,000
19 ペンダントライト 2台 18,800 37,600
20 引き渡し清掃費 33.2㎡ 690 22,908
21 資材運搬費及び諸経費 1式   369,396
小計 2,694,560
消費税(10%) 269,456
合計 2,964,016

※ダイニングテーブルやペンダントライトなどの付属品も含まれます。
※LDKのフローリング・クロス張替え費用も含まれます。

1-3.1階から2階に移動【ライフスタイルに合わせて】

1階から2階にキッチンを移動した事例
出典:http://okayamanishi-nikka.com/

あまり一般的なリフォームではありませんが、ライフスタイルの変化などに伴って、キッチンを1階から2階に移動したい場合もあるでしょう。一般的に、給排水管や排気ダクトを新設する必要があるので費用は高額になります。配管の都合上、1階の水回り設備の上に新しいキッチンを作れば、工事費を抑えることは可能です。

しかしいずれにせよ、同じ階でキッチンを移動する場合に比べて、費用は高額になることがほとんどです。

>>【データで見るキッチンリフォームの費用と相場】はこちら

2.キッチンの移動をせずに対面キッチンにする方法

キッチンの移動リフォームが高額で驚いたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。水回りの給排水管や電気配線なども動かすため、その分の費用がプラスされ、どうしても高額になってしまいます。

つまり、なるべくは移動を伴わないキッチンリフォームをする方が、費用を抑えることができます。例えば、壁付け型を対面型に移動したいといった比較的一般的なケースの場合、シンクとコンロの位置を移動すれば、その分リフォーム費用がかさんでしまいます。

シンクやコンロはそのままの位置で、キッチンカウンターだけを延長してL字型にしたり、収納スペースをカウンターのように設置して対面風にするなど、キッチンの移動以外の工夫次第で費用を節約することも可能です。

例①

収納部分をカウンターにしたアイランドキッチン
出典:https://www.toclas.co.jp/

キッチンにある程度スペースがあれば、以下の費用でキッチンカウンターを作ることができます。

No 項目・仕様 金額
1 天板一枚板、棚集成材(ワックス下処理含む) 5万~8万円
2 土台等構造体材料 3万円
3 壁紙等、内装材量 1万円
4 人件費 18万~24万円
5 デザイン料 5万円
合計 40万円

例②

I型→L型で対面キッチンに

自分の理想のキッチンを実現するために、「本当にキッチンを移動する必要があるか?」という検討を加えることも非常に重要なことです。業者に詳しく相談してみましょう。

3.リフォーム費用を抑えるための業者の選び方

キッチンを移動することが前提である場合、業者の選び方を工夫することによって費用を抑えることができます。ここでは、キッチンを移動する際のリフォーム費用を安く抑えるコツとして、業者の選び方を紹介いたします。

3-1. キッチンを移動するリフォームが得意な業者を選ぶ

キッチンのリフォーム費用の大部分を占めるのは、キッチン自体の費用です。キッチンを移動するリフォームの実績が豊富であれば、キッチンを安く仕入れるルートも確保していることが多く、キッチン自体の費用を安く抑えることができます。

キッチンリフォームを行っていることが多いのは、工務店系リフォーム会社・専門業者系リフォーム会社・リフォーム専門店です。これらの種類のリフォーム会社のホームページ等を見て、キッチン移動リフォームを行った事例がどれくらいあるかを確認しましょう。

3-2.複数の業者から見積もりをとる

これはキッチンに限らず、リフォームをする上での鉄則です。

複数の業者から見積もりをとって説明を聞くことで、そのリフォームの相場を知ることもできますし、見積もりの中で不明瞭な項目がある場合なども発見しやすいです。相場を知り、悪徳業者にだまされて高額なリフォーム費用を払ってしまわないためにも、2~3つの業者から見積もりをとりましょう。

3-3.アフターフォローや保証のしっかりした業者を選ぶ

リフォームでは、工事保証をつける法的義務はありません。そのため工事が終わった後に不具合等が見つかった場合、アフターフォローや保証がついていない業者の場合は余計な出費がかさんでしまいます。キッチン自体にメーカー保証はついていますが、キッチンを移動するリフォームは比較的高度な工事となるため、業者による工事保証もついていると安心です。

必ずリフォーム前に、アフターフォローや保証の有無・内容を業者に問い合わせてみるようにしましょう。

以上の業者の選び方を読んで、それでも自分では業者選びがよくわからないということであれば、弊社運営のリフォーム会社紹介サービス「リフォームガイド」でご相談ください。一人一人にあったリフォーム会社をコンシェルジュが探して紹介するサービスで、キッチンを移動するリフォームにも対応しております。

弊社は電話とインターネットの両方で受け付けております。無料でご利用頂けますので、お気軽にご連絡ください。

リフォームガイド:無料見積の申し込みはこちらから(登録はたったの30秒)
電話番号:0120-395-120
営業時間:10:00~19:00(全日)

 

4.まとめ

いかがだったでしょうか。ご自身の理想とするキッチン移動リフォームの費用・相場はご理解いただけたでしょうか。

あまりにも費用が高額になってしまったり、使いづらいキッチンになってしまっては取り返しがつきません。キッチンの移動はけっして手軽なリフォームではありません。納得のいくリフォームができるよう、こちらを参考にしながらよく検討してみてください。

以下の記事にもキッチンをリフォームする上で役立つこと間違いなしの情報が満載です。是非ご参考ください。

(キッチンリフォームの関連記事)

全ノウハウまとめ
【保存版】キッチンリフォームで失敗しないために必要な知識と全手順

その他関連記事

(キッチンリフォーム関連記事をもっと見る)

キッチンリフォームの費用と相場


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

リフォーム完成お祝いキャンペーン リフォームガイドからの成約で最大50,000円分のギフト券プレゼント

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

お得な「無料特典」とは

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。