水回りリフォームの費用相場・注意点・安く抑える方法も解説

アイキャッチ

「水回りのリフォームは今しておくべき?」
「水回りリフォームに費用はどれくらいかかる?」
「水回りリフォームをするにあたって知っておくべきことはある?」

はじめての水回りのリフォームには、こんな様々な不安がつきものです。
家の水回りはお風呂・洗面・トイレ・キッチンの4か所を指し、15~25年でリフォームする時期を迎えます。このタイミングにある場合は、リフォームを検討しましょう。

今回は、水回りのリフォームにかかる費用、実際のリフォーム事例、注意点・ポイント、費用を安く抑える方法、業者の選び方、など知っておきたいことを全て解説します。

ぜひ参考にしてください。


目次

1.水回りリフォームのタイミングは15~25年

水回りをリフォームするタイミングは、15〜25年とされています。これは、水回りに使用される排水管などの耐用年数が15~25年程度とされているためです。

基本的に水回りには、ステンレスなど劣化に強い素材が使用されています。そのため15〜25年たっても、トイレやシンク本体はさほど劣化して見えないことも少なくありません。しかし目に見えない排水部分の劣化が進行し、構造部分まで腐食が及んでしまうと、家自体の寿命にかかわります。

また水回りの設備は進化が著しく、15〜25年もすれば節水や節電などさまざまな機能が向上しています。汚れがつきにくく掃除しやすい素材が使われたり、断熱性が良くなったりしているため、リフォームすることで今よりずっと快適に使用できるようになるでしょう。

設備自体には問題がないように思えても、家の寿命を延ばし、快適な生活を送るために、水回りは15〜25年でリフォームすることをおすすめします。


2.水回りのリフォームにかかる費用相場

水回りは複数同時にリフォームすると、別々にリフォームするより、一箇所あたりの費用が割安になります。
同時に行うと現場管理費が1回で済むからです。また、同じメーカーの設備を選ぶと施工業者がメーカーへの発注時に価格交渉しやすい場合があり、製品価格が抑えられることもあります。