車庫を部屋にリフォームする方法やデメリット、費用を解説!

ベランダに部屋を拡張する

「車庫を部屋にするメリットやデメリットを知りたい」

「車庫を部屋にリフォームする方法を知りたい」

こういった疑問を持ってはいませんか。この記事では、車庫を部屋にリフォームするメリット・デメリットや、費用相場などを紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 車庫を部屋にリフォームするメリットとデメリット
  • リフォームする場合に必要な工事と手続き
  • 車庫をリフォームする費用の相場
  • 車庫を部屋にリフォームする際の注意点

上記を知らずに車庫をリフォームしようとすると、工事後に問題が発覚して余計な手間と費用がかかるおそれがあります。


1.車庫を部屋にリフォームするメリットとデメリット

車庫を部屋にリフォームするメリットとデメリットを把握すれば、所有する車庫が有効に利用できるかどうかがわかるでしょう。

以下ではメリットとデメリットをそれぞれ具体的に解説していきます。

1-1.メリット

車庫を部屋にリフォームするメリットは以下の2つです。

使わない車庫を有効活用できる

車を手放したといった理由で車庫が不要になった場合に、有効活用できる点がメリットです。

車庫を物置にしたり放置したりすると、人が利用しなくなって劣化しやすくなります。
部屋にすれば、劣化を阻止しつつ車庫を有効に活用できるでしょう。

増築するスペースがなくても部屋を増やせる

敷地内に増築するスペースがなくても、既存の車庫を改築して部屋を増やせる点もメリットです。

一般的な増築の場合、敷地内に十分なスペースがある必要があります。スペースがあったとしても、建蔽率(けんぺいりつ)など建築基準法によって増築ができない場合もあります。その点、車庫を改築するのであれば問題ありません。

1-2.デメリット

車庫を部屋にするデメリットは以下の2つです。

工事費用がかかる

業者に依頼する場合は最低でも100万円以上の費用がかかります。もしDIYで工事をしたとしても材料費や足場代で50万円以上はかかるでしょう。

税金が増えるおそれがある

車庫と住宅が一体化しているガレージハウスの場合、車庫を部屋にすると住居の増築と判断されて固定資産税が増えるおそれがあります。工事だけではなく、定期的にかかる費用が増えてしまうでしょう。

詳しくは注意点を解説する章で後述します。


2.車庫を部屋にリフォームする場合に必要な工事と手続き