駐車場リフォームを成功させる全ノウハウまとめ

ライフスタイルの変化によって、ときどき「駐車場のリフォーム(ガレージリフォーム)」が必要になることもあります。

DIYが難しい駐車場のリフォームは、基本的に外注することとなるでしょう。

本記事では、

  • 駐車場のリフォーム方法
  • リフォームにかかる費用相場
  • 駐車場リフォームにおける施工例ごとの費用・工期

などについて解説します。

駐車場リフォームを考えている人は、ぜひ参考にしてください。

1.駐車場のリフォーム方法と費用

一口に駐車場のリフォームといっても、その方法や施工のありかたはさまざまです。

下記では、主な駐車場のリフォーム方法について解説します。

1-1.庭をリフォームして駐車場にする

まずは、庭を駐車場にリフォームする場合について。

いわゆる駐車場のエクステリア工事に該当するものですね。

この場合、

  • 駐車場のタイプ(オープンタイプ・カーポート・ガレージなど)
  • 庭の舗装方法(砂利・アスファルト・コンクリート)
  • 駐車場を囲うフェンスの種類

など、さまざまな要素について考える必要があります。

これらの要素を総合的に判断して、納得できる駐車場リフォームを目指しましょう。

費用としては、おおむね20万円から100万円程度が必要です。

庭のリフォームについては、「庭を駐車場にリフォームする際の費用&安く抑える3つのコツ」で詳しく解説しているので、参考にしてください。

1-2.シャッターガレージを増設・増築する

すでに駐車場スペースがあり、それをシャッターガレージに増築するリフォームもあります。

シャッターガレージを増築する費用としては、おおむね自動車1台分あたり100万円から150万円程度。

台数が増えれば、2倍、3倍と増えていくと考えましょう。

ガレージの増築に関するお金と場所と法律のすべて」で詳しく解説しているので、参考にしてください。

こちらでは、シャッターガレージ増築における法律との兼ね合いや建坪率についても触れています。

1-3.カーポートを設置する

カーポートとは、簡単に言えば「屋外で、屋根だけがつけられている駐車スペース」のことです。

カーポートを設置する場合、35万円から80万円程度の費用が必要となるでしょう。

施工内容としてはシンプルなので、費用もさほどかかりません。

カーポート設置にかかる費用は、デザインや自動車の台数などで変動します。

この点については、「カーポートの設置・交換する費用&費用を抑える業者の選び方」でより詳しく解説しています。

1-4.ビルトインガレージを増設・増築する

ビルドインガレージとは、一言で言えば「一階がガレージになっている状態」を指します。

ビルトインガレージへの拡張・リノベーションはやや難易度が高い工事なので、費用はやや高くなると考えておきましょう。

工事場所やスペースの大きさなどにもよりますが、おおむね270万円から600万円の予算は用意しておきたいところです。

またビルトインカレージの増築は固定資産税などにも影響が出るかもしれないので、確認しておきましょう。

この点を含めて「ガレージのリフォームを完全解説!費用相場や費用を抑える方法など」で詳しく解説しているので、参考にしてください。

1-5.車庫・ガレージを部屋に改装する

駐車場として使われていて車庫を部屋に改装する、というリフォームも考えられるでしょう。

使わなく買った駐車場を部屋として活用できる、賢いリフォームです。

この場合、リフォーム費用としてはおよそ100万円から1,000万円ほどかかるでしょう。

費用は、部屋の大きさやデザイン、補強工事の有無などでえ変動します。

車庫を部屋に改装するケースは、「車庫を部屋にリフォームする方法やデメリット、費用を解説!」でより詳しく触れています。

駐車場のリフォーム費用相場まとめ

下記では、駐車場のリフォームにおける主な施工内容ごとで、かかる費用の相場を解説します。

<駐車場リフォームにおける施工内容ごとの費用と工期>
駐車場リフォームでの施工内容 費用 工期
庭をリフォームする
(エクステリア工事)
20〜100万円 7〜21日(打ち合わせを入れれば1ヶ月程度)
シャッターガレージの増築 100〜150万円 7〜9日
カーポートの設置 35〜80万円 3〜4日
ビルトインガレージリフォーム 270〜600万円 30日
車庫を部屋に改装 100〜1,000万円 30日

また、施工内容の規模やグレードによっても、大きく変動する部分があります。ただしあくまでも目安なので、かならず上記の範囲内におさまるとは限りません。主な施工内容のリフォーム費用相場としては、上記のとおりです。

駐車場リフォームを実施する場合は、こういった変動分もよく理解しておく必要があるでしょう。

関連記事:駐車場のリフォーム費用とお特にリフォームするためのコツ

2.駐車場のリフォームの施工例

上記では、

  • 駐車場リフォームの方法
  • 駐車場リフォームの費用相場

について解説しました。

基本的に駐車場のリフォームは、工期が長い部類に入ります。また、1日や2日で完了できるケースは、あまりないでしょう。というように、駐車場のリフォームにおける費用と工期は、施工内容でさまざまです。

特にビルトインガレージへのリノベーションや車庫の改装は、1ヶ月以上かかる場合も。

完成は相当先の話になるので、その間で不便がないように注意しましょう。

2-1.庭をコンクリートで駐車場にリフォームした例

Before

After

出典:https://ichinomiya-nikka.com/works/exterior/20161029155852.html

費用:115万円
工期:15日

2-2.カーポートを設置した例

出典:https://shizuoka-nikka.com/works/exterior/20160620182221.html

費用:29万円
工期:2日

2-3.ガレージの内装をリフォームした例

Before

After

出典:https://toyohashi-nikka.com/works/exterior/20200721110128.html

費用:190万円
工期:2ヶ月

4.駐車場リフォームを依頼する業者の選び方

駐車場リフォームを実施する場合、やはり業者の選び方が重要です。

駐車場に限らず、リフォームの仕上がりには業者の良し悪しが深く関わっています。

業者を選ぶうえでは、以下のような点について注意しておきましょう。

  ・地元の工務店から選ぶ

  ・複数の会社から相見積もりをとる

  ・詳細な見積もりを提示しているか確認する

4-1.地元の工務店から選ぶ

地元の工務店から選ぶ理由は、費用がおさえられるから。

少なくとも大手リフォーム会社に頼むよりは、はるかに低価格でまとめられるでしょう。

上記した相場よりも安い費用で、依頼できるようなケースもあります。

ただし、大手リフォーム会社は駐車場リフォームでは役立たないわけではありません。

費用はかかりますが、品質に安定感がある、提案力を持っているといったメリットもあります。 

4-2.複数の会社から見積もりを取る

いわゆる「相見積もり」というものですね。

相見積もりをすることで、「どの会社がもっともコスパ良くリフォームしてくれるか?」が一眼でわかるようになりいます。

ただし会社からしてみれば、相見積もりをしている顧客はあまりよい印象が抱ける相手ではありません。

相見積もりをしていることは、わざわざ自分から話さないようにするのがよいでしょう。

4-3.詳細な見積もりを提示しているかどうか

見積もりがいい加減だと、本来ならやってもらえると思っていた施工がなされなかったりします。

また、こちらが求めていない施工内容が勝手に盛り込まれていることも。

駐車場リフォームが終わってから困らないように、見積もりは詳細に出されているかきちんとチェックしましょう。

関連記事:カーポートの設置・交換する費用&費用を抑える業者の選び方

5.駐車場リフォームで使える補助金

駐車場リフォームを実施するなら、補助金が利用できるかもしれません。

補助金が利用できれば、駐車場リフォームにかかる費用はグッとおさえられます。

とはいえ、駐車場リフォームで補助金を支給する仕組みは、非常に珍しいものです。
現状では国単位で駐車場リフォームに補助金を出すような制度は確認できませんでした。

ただし、地方自治体などで、駐車場リフォームに対して補助金を支給しているかもしれません。

駐車場リフォームを実施する場合は、補助金が使えないかチェックしておきましょう。

6.駐車場リフォームをする際の注意点

駐車場リフォームを実施する場合、以下のような点には注意しましょう。

  ・工事範囲が狭いと割高になる

  ・建築基準法に注意

  ・固定資産税の確認をする

6-1.工事範囲が狭いと割高になる

まず、駐車場リフォームは工事範囲が狭いと割高になってしまう部分が多い点には注意しましょう。

駐車場リフォームを実施する場合、工事範囲にかかわらず一定額かかる費用名目があります。つまり工事範囲が狭ければ狭いほど、割高になってしまうわけですね。

もし駐車場リフォームを実施するなら、できるだけ工事範囲は広く取るのがよいでしょう。

また、将来的に駐車場をどのように使っていくのかも、しっかり見通してくのも重要です。

なぜなら、将来的にもう一度駐車場リフォームしなければいけない、という二度手間を避けられるから。

二度も駐車場リフォームをすると、当然ながらトータルな費用は割高になってしまうので、注意しましょう。

6-2.建築基準法に注意

続いて、建築基準法をクリアした駐車場リフォームでなければいけない点に注意。

何も考えていないと建築基準法に沿っていないリフォームとなってしまうかもしれません。

具体的には、建物として独立しているタイプのガレージです。この場合、新築住宅を建てることと同様に、建ぺい率・容積率などの基準はクリアしていなければいけません。

ただしメーカーや業者が、この辺りのことを知ってはいるので、「建ててから違法だと気づく」ことにはなりづらいでしょう。

6-3.固定資産税の確認をする

そして、固定資産税についても確認しておきましょう。

先ほども触れたとおり、独立したガレージを増築する駐車場リフォームでは、固定資産税がかかるかもしれません。

たとえば、他の建物と何もつながっていないシャッターガレージは建築物とみなされるでしょう。

よって駐車場リフォームを実施する場合、固定資産税がどのように変動するか、税務署に問い合わせておくことをおすすめします。

7.まとめ

駐車場リフォームの方法と一口に言っても、カーポートを設置する程度のことから、新しくシャッターガレージを建造するなど、その規模感や方向性はさまざまです。

そして駐車場リフォームの費用は、内容によってかなりばらつきがあります。

面積やシャッターの種類、想定する駐車台数など、いろいろと考える部分は多いものです。

予算や理想形を踏まえつつ、ベストな駐車場リフォームを実施しましょう。

また、建築基準法や固定資産税の兼ね合いについても、きちんと調べておくことが重要です。

(駐車場リフォームの関連記事)

全ノウハウまとめ
駐車場リフォームを成功させる全ノウハウまとめ

その他関連記事

(駐車場リフォーム関連記事をもっと見る)


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。