外張り断熱リフォームは効果あり?外壁メンテナンスフリーは本当?

「外張り断熱をする方が、メンテナンスフリーで将来お得」
「外壁塗装をするよりも外壁の強度が上がる」
「断熱効果も付与できるので、住まいが快適になる」

といったメリットを伝えてくる訪問営業が来た経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「外壁をメンテナンスするなら、外張り断熱リフォームをした方が断熱効果も得られてお得」とお考えの方も多いかと思いますが、実際にはそうでもありません。外張り断熱と外壁のメンテナンスは分けて考える必要があります。

この記事では、外張り断熱リフォームをするべきかどうか判断するための考え方の指針や、費用、他の断熱リフォーム方法について解説します。大事なお住まいのリフォームで後悔しないための判断にお役立てください。


外張り断熱リフォームを勧めてくる訪問業者は注意!

外張り断熱リフォームは、300~400万円といった工事費用がかかります。訪問業者は、既存建物の構造を特に知らないはずであり、施工後に実際の断熱効果の測定などは行わないことがほとんどです。

せっかく工事をしたにも関わらず、あまり断熱効果も得られずに、損をしてしまうこともありますので注意しましょう。


メンテナンス(塗装)と断熱工事は別に考えよう

外壁塗装は、建物のメンテナンスのためです。断熱性能をあげたいという目的とは別に考えて検討することで、自分がどのような目的で工事をしたいのかを明確にしましょう。

中には、「外壁のメンテナンスもしないといけない時期なので、この際外張り断熱をしたらメンテナンス費用もかからず断熱性も高められお得なのでは?」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、外張り断熱でメンテナンスが必要なくなることはなく、断熱効果も外張り断熱だけでは十分な効果を得られない可能性もあります。

メンテナンスと断熱工事は別に考え、それぞれの目的で最適なリフォーム方法を選択するようにしましょう

外壁のメンテナンスは「外壁塗装」が基本 

外壁塗装とは、外壁材に防水性を維持し、建物のメンテナンスとして必要なものです。外壁材自体は、セメントが主成分で水に弱く、紫外線によって塗装が劣化するためです。

また、既存外壁の劣化した部分の補修や、建物の気密性などに影響を及ぼさず、比較的リーズナブルにメンテナンスができる方法です。ただ塗り替えるといったことではなく、建物のメンテナンスとして優れた方法になります。

断熱工事の一種としての「外張り断熱」

外張り断熱は、建物全体を構造材の外側に断熱材を張り付ける工法になります。内張り断熱よりも断熱性・気密性に優れています。ただし、リフォームの場合には既存住宅の気密性や断熱性能によっては、外張り断熱施工をしても同じ効果が得られるとは限りません。 

また、外張り断熱リフォームを行ってからも、外壁がメンテナンスフリーになるわけではありません。耐用年数が長く再塗装まで30年、40年もつような外壁材もありますが、細かいメンテナンスは必ず必要になります。

断熱工事の一種としての「内張り断熱」

内張り断熱は、構造材の間に断熱材を敷き詰めていく工法で、最も一般的に採用されている断熱工事になります。
構造材部分は断熱材がないため、外張り断熱と比べると断熱性・気密性は劣るとされています。

▼それぞれの工事のイメージです。(塗装でも「断熱塗料」や「遮熱塗料」といわれる特殊塗料を使う塗装もあります。)

壁・屋根の断熱方法

出典:https://www.reform-guide.jp/topics/dannetsu-reform/

次章で、断熱リフォームの種類について、さらに詳しく解説いたします。