壁断熱リフォームの方法や費用を解説!メリットや費用を抑える方法も

築年数が古い家では

「冷暖房がついている部屋以外の寒さや暑さが辛い」
「エアコンが効きづらくて光熱費が気になる」

と悩まれている方が多いもの。

壁の近くにいるとひんやりとした寒さが伝わってきたり、夏は壁付近が特に暑かったりする場合は、壁の断熱性能に問題があるかもしれません。光熱費を抑えながら快適に過ごせる住まいにしたいなら、壁断熱リフォームを検討してみるとよいでしょう。

今回は壁断熱リフォームをするメリットや方法、費用、注意点を総合的にお伝えします。断熱性能を高めた場合の光熱費のシミュレーションや、リフォーム費用を抑える方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


1.壁断熱リフォームをおすすめしたい人

まずは、以下の項目に当てはまらないかチェックしてみましょう。

壁断熱リフォームのチェックリスト

  • 家の中の温度が上がりやすい・下がりやすい
  • 部屋間の温度差が激しい
  • 壁を触ると外気温が伝わる
  • 窓や壁が結露する
  • コンセントの近くに手を当てるとすきま風を感じる
  • 外壁塗装工事の周期が近づいている
  • 内装リフォームを考えている

1つでも当てはまったら、壁断熱リフォームがおすすめです。

壁の断熱性能が低いと外気温を伝えやすくなり、家の中の温度が上下しやすくなります。冷暖房を強くしないと快適な室温にならず、冷暖房がない廊下や脱衣所は外と同じような室温に。すると冷暖房のある部屋とそうでない部屋の温度差が激しく、ヒートショックの原因にもなります。

さらに温度差が激しいということは、結露が起きやすい状態と言えます。結露はカビが発生する原因にもなり、健康被害や木材の腐食を招きます。このように、壁の断熱性能が低いと、ただ過ごしにくいだけでなく、健康や建物の強さにも影響するため、放っておくのはおすすめできません

また、のちほど詳しく説明しますが、壁断熱リフォームとあわせて外壁や内装のリフォームを行うと、費用の節約にもつながります。「そろそろ内装・外装のリフォーム時期かな」と考えている方は、ぜひ同時に壁断熱を考えてみてください。