腰壁とは?DIYできる?おすすめの導入場所、メリット・デメリット

腰壁

住宅をリフォームする際、壁の傷や汚れを隠したい、インテリアのアクセントにしたいなど、腰壁の設置を検討している方もいるのではないでしょうか。
今回は腰壁をテーマに、腰壁の効果やメリット・デメリット、腰壁の設置におすすめの場所などを詳しく紹介します。腰壁のリフォームを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

タイトル画像出典:https://www.reformwing.jp/case_reform/slug-c2c605827d82290df9efa1d64b43fbcb


腰壁(こしかべ)とは

腰壁(こしかべ)とは、内壁の下半分に張られた壁を指します。腰の位置である90cm~100cmほどの高さまでを覆い、傷や汚れから内壁を守ったり、インテリアのアクセントにしたり、さまざまな用途に用いられます。

腰壁の材質は檜や杉といった木材のほかに、比較的リーズナブルなパネル材など、デザインや目的にあわせて選ぶことができます。

腰壁の設置をリフォーム業者に依頼した場合、材質によりますが大体1平米あたり1万5,000円程度が相場のようです。

腰壁を取り入れた人の声「汚れ防止機能と落ち着いた雰囲気を実現できた」

Iさんは、二世帯住宅に改装していた実家を再度改装し直すときに、居室に腰壁を採用しました。腰壁を取り入れることでどんな効果が得られたか、お話を聞いてみましょう。

腰壁例

顧客
この応接室は、元はミニキッチンに改装していたのですが、元に戻すにあたって重厚な印象にしたくて、濃い色のフローリングとそれに合わせた腰壁を取り入れてみました。

 

腰壁例2

吹き出し用アイコン
こちらの居間は、元は布の壁紙が貼られていました。冬の間はこたつに座って壁にもたれていることが多いので、頭の部分の壁紙が汚れてしまうのが悩みでした。木のパネルの腰壁で、汚れにくく掃除が楽になりました。
木目の色が建具や家具に合うので気に入っています。