壁紙リフォームで理想のお部屋を実現!失敗しない選び方を完全解説

「種類が多すぎてどの壁紙を選んでいいかわからない」
「せっかくなら色とか柄のあるものを選びたいけど、どんなものを選んだら失敗しないのかしら?」
と悩んでこの記事にたどり着いた方も多いのではないでしょうか。

せっかく壁紙を張替えるのであれば、おしゃれな壁紙を選びたいと思う一方、部屋に合わない壁紙を選んで失敗したくはないですよね。
実は、次の2つのポイントを押さえることで、失敗しない壁紙選びができます。

  • どのグレードの壁紙を選ぶか
  • どの部屋に張るか

この記事を読むことで、思い切ってお部屋の雰囲気をガラッと変える壁紙を選べるようになります。

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.壁紙のグレードを選ぼう  

壁紙にはスタンダードクロスとハイグレードクロスと呼ばれる2つのグレードがあります。

こだわりは特にないし、費用も抑えたいとお考えの方はスタンダードクロスをお選び頂ければと思います。

せっかくだから沢山ある色や柄の中から壁紙を選びたい!とお考えの方はハイグレードクロスにしましょう。

ここでは2つのグレードの特徴とできる部屋のイメージについてご説明するので、あなたはどちらのグレードにしたいかを検討してみて下さい。 

壁紙のグレードごとの特徴

壁紙のグレードによって費用は大きく変わってきます。

リビング等の人集まりやすい部屋にはハイグレードクロスを張り、物置等の普段使わない部屋にはスタンダードクロスを張ることで費用を抑えられるので、部屋ごとにグレードを使い分けることもおすすめです。

次に、壁紙のグレードの違いによって異なる2点についてご説明いたします。

■デザイン

スタンダードクロスは、シンプルでどの部屋にも使うことができるデザインとなっています。

同じ白の壁紙でも素材によって異なる印象を与えることができます。

ハイグレードクロスは色・柄ともに豊富で、張る壁紙によって部屋の印象を大きく変えることができます。

レンガ調やコンクリート調のといった一見壁紙とは思えないようなデザインのものもあるため、ハイグレードクロスを選ぶ価値は十分あります。

スタンダードクロスのデザイン

ハイグレードクロスのデザイン
出典:https://www.sangetsu.co.jp/

■機能性

防カビ機能はグレードを問わず基本的に多くの壁紙についています。

このような基本的な機能性に加えてハイグレードクロスには次のような機能性壁紙もあります。

ここではお悩み別にそれらを解決することのできる壁紙についてご説明いたします。

様々な汚れを簡単に落とせる機能性壁紙

汚れ防止タイプの壁紙は掃除がしやすい
出典:https://www.sangetsu.co.jp/

あらゆるキズをカバーする機能性壁紙

キズ防止
出典:https://www.sangetsu.co.jp/ 

小さなお子様がいらっしゃったり、ペットを飼っているご家庭には機能性壁紙が効果的なことがお分かりいただけたかと思います。

以上のようなお悩み解決のためにも、ハイグレードクロスはおすすめです。

 

2.部屋に合わせた壁紙の色・柄を選ぼう

壁紙はそれぞれの部屋に合わせて色や柄を選ぶことが必要です。

ここでは、リビングや寝室等の各部屋に応じた壁紙選びのポイントをご説明するので、それぞれの部屋ごとで壁紙を選ぶ際の参考にしてください。

2-1. リビングの壁紙の色・柄を選ぼう

リビングの壁紙の色・柄選びのポイントは暖かで落ち着けるものを選ぶということです。

具体的には、次のような色を取り入れると家族団らんの空間を作ることができます。

リビング4向きの壁紙の色

赤の壁紙を張った例
出典:http://shinagawahatanodai-nikka.com/works/mansion/20171007094827.html

暗めの赤の壁紙を張ることで、暖かみのあるおしゃれな雰囲気のお部屋になりました。
 

黄色の壁紙を張った例
出典:http://www.daiken-rs.jp/syosai.php?cd=880

パステルカラーの黄色の壁紙を張り、暖かく落ち着くことのできるお部屋となりました。

青の壁紙を張った例
出典:http://toyotakita-nikka.com/works/zokaichiku/20161207073214.html

シーリングライトで照らすことで青でも明るい雰囲気で、家族が集まりやすいリビングになりました。

木目調の壁紙を張った例
出典:http://www.artreform.com/example/detail.php?id=104&c3=1

植物のインテリアと合わせてコーディネートすることで自然の暖かみがあるお部屋になりました。

グレーの壁紙を張った例
出典:http://www.artreform.com/example/detail.php?id=149&c3=1

同系色の家具との組み合わせでシックな落ち着いた雰囲気のお部屋になりました。

タイル柄の壁紙を張った例
出典:http://www.artreform.com/example/detail.php?id=103&c3=1

シックな雰囲気の柄の壁紙を張り、大人な雰囲気のお部屋になりました。 

黒の壁紙を張った例
出典:http://www.artreform.com/example/detail.php?id=111&c3=1

一部分に黒の壁紙を取り入れることでお部屋全体を引き締め、落ち着いた雰囲気になりました。

2-2. 寝室の壁紙の色・柄を選ぼう

寝室の壁紙の色・柄選びのポイントは、落ち着くことのできるものを選ぶということです。

具体的には、次のような色を取り入れるとリラックスできる雰囲気の部屋を作ることができます。

柄を選ぶ際には、シンプルであまりごちゃごちゃしないものを選びましょう。

柄が多く詰まっているようなものを選んでしまうと、目がチカチカしてかえって落ち着かない雰囲気になってしまいます。 

色寝室向き壁紙の

寝室 青
出典:http://www.artreform.com/example/detail.php?id=149&c3=1

パステルカラーの青の壁紙を張ることで、リラックスして眠れそうなお部屋になりました。 

寝室 濃い青
出典:http://www.artreform.com/example/detail.php?id=133

濃い目の青にリーフ柄の入った壁紙を張り、高級感のある落ち着いた寝室になりました。 

寝室 グレー
出典:http://www.artreform.com/

グレーの壁紙を張ることで、暖かみのある落ち着いた寝室になりました。 

寝室 黒
出典:http://www.artreform.com/example/detail.php?id=126

寝具と壁紙の色を合わせ、シックで高級感のある寝室になりました。

2-3. 子ども部屋の壁紙の色・柄を選ぼう

子ども部屋の壁紙の色・柄選びのポイントは明るいかつ集中できるものを選ぶということです。

具体的には、次のような色を取り入れると、落ち着いて学習したりお友達と遊ぶことのできる部屋を作ることができます。

子供部屋向き壁紙の色

子ども オレンジ
出典:http://www.daiken-rs.jp/syosai.php?cd=196

オレンジの壁紙を張ることで明るい雰囲気の子ども部屋になりました。

子ども ピンク
出典:http://yokohamaminami-nikka.com/works/naiso/20180220141851.html

ピンクの壁紙を張ることで、かわいらしい雰囲気の子ども部屋になりました。

2-4. トイレ・洗面所の壁紙の色・柄を選ぼう

トイレ・洗面所の壁紙の色・柄選びのポイントは思い切った色や柄を選ぶということです。

他の部屋に比べて狭く、居住するスペースではないので次のような色・柄の壁紙を張るとイメージを大きく変えることができます。 

トイレ 水色 柄
出典:http://www.daiken-rs.jp/syosai.php?cd=178

柄物の壁紙をトイレと洗面所に張り、シンプルながらもおしゃれな雰囲気になりました。

トイレ 水色
出典:http://www.artreform.com/example/detail.php?id=145&c3=1

アクセントとなる壁紙以外を白で統一することで、水色がパッと映える鮮やかな空間になりました。

トイレ 柄 派手
出典:www.nikka-home.co.jp/  http://www.artreform.com/

インパクトのある大きめの柄の壁紙を張った例です。パッと目を引くおしゃれな空間になりました。

トイレ 小花柄
出典:www.nikka-home.co.jp/

小花柄の壁紙はトイレでは無難かつ取り入れやすいです。いきなり大きな柄やインパクトのある色に抵抗がある方におすすめです。

 

3.壁紙選びの注意点

せっかく思い通りの壁紙を選んだのにも関わらず、思っていたものと違ったなんてことは絶対に避けたいですよね。

ここでは、壁紙選びにおいて絶対に失敗しないための注意点についてご説明いたします。

壁紙を選ぶ際には次のポイントを参考にしてください。

3-1. サンプルを取り寄せて確認しよう

一つ目の注意点は、壁紙を選ぶ際にはサンプルブックを取り寄せて確認をするということです。

ウェブや雑誌の写真を見ただけで壁紙を選び、実際に張られた壁紙を見たら想像していたものと違った、なんていう失敗は絶対にしたくないですよね。

そのためにも実際に目で色や柄を見てみる、また触ってみることで質感がどのようなものであるかを確かめてから壁紙を選んでください。

次の写真のようなサンプルブックは誰でも壁紙メーカーのホームページから取り寄せることができます。

サンプルブック

3-2. 床の色に合わせよう

二つ目の注意点は、壁紙と床の色を合わせるということです。

床の色との組み合わせを考えずに壁紙を選んでしまうと、壁紙が浮いて見えてしまいます。

壁紙選びの際には次の色の組み合わせを参考にしてみて下さい。

床と壁の色の組み合わせ

出典:https://www.sangetsu.co.jp/

色のある壁紙は比較的どの色の床の色とも合いますが、濃い目の色の床に濃い色の壁紙を合わせたり、暗めの色を合わせたりすると重たくなってしまうので注意して下さい。

3-3.家具の色に合わせよう

三つ目の注意点は、壁紙と家具の色を合わせるということです。

以下の写真のように家具の色が濃い場合には壁紙をシンプルな色に合わせたり、薄い色でも同系色で揃えたりするとバランスが良くなります。

家具と壁紙の色を合わせる
出典:http://www.artreform.com/

 

4.まとめ

いかがだったでしょうか。

あなたの理想のお部屋を実現するにはどのような壁紙を選ぶべきなのか、失敗しないために注意すべきポイントについてご理解頂けたかと思います。

壁紙は全部屋の張替えとなると大きな買い物です。

その分大満足できる壁紙を選ぶためにもここでのポイントを是非参考にしてみて下さい。

 


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。