畳の張替えタイミングや費用は?DIYはおすすめしない理由

畳の張替え

傷んできた畳をそろそろ張替えたいと思いつつ、どのタイミングで張り替えればいいのか、どれくらいの費用や期間がかかるかわからないという理由で、放置してしまっている方も多いのではないでしょうか。

劣化した畳をそのままにしておくと、美しい見た目が損なわれる以外にも、さまざまなデメリットが生じます。

そこで今回は、畳を張替えるタイミングの見極め方と、リフォームにかかる費用と期間の目安について解説します。DIYに向かない理由もお話しますので、畳の張替えを検討されている方は、ぜひ最後までご覧ください。


1.畳の張替え・交換の目安時期は3段階

畳の寿命や美しい見た目を保つためには、適切なタイミングでの張替えることが大切です

畳の張替えには「裏返し」「表替え」「新調」の3つの方法があり、それぞれ畳の状態や使用年数に合わせた手法で張替えます。

<畳の張替え方法とタイミングの目安>
裏返し約2~5年
表替え約4~7年(裏返しを行ってから約5年)
新調約10~15年

「裏返し」は、畳の表部分(畳表)を裏返して新品同様の見た目に戻す方法です。約2~5年ごとに行うのが一般的で、日焼けやこすれが目立ってきたときの張替えに適しています。

「表替え」は、畳の表部分と畳のヘリ(畳縁)を新しくし、畳の芯(畳床)はそのまま使用する方法です。使用開始から4~7年ほど経った畳や、裏返しを行ってから約5年が経過した畳に多く用いられます。見た目が新品になるだけでなく、畳の魅力のひとつであるイグサの香りも蘇ります

新調では、畳表・畳床・畳縁を全て新しくします。約10~15年ごとに行うのが一般的で、畳の感触や香りを一新できる点がメリットです。


2.張替え前に畳の構造を知っておこう

畳の張替えを検討する前に、畳がどんな構造をしているのかを理解しておきましょう。

畳は主に「畳表(たたみおもて)」「畳縁(たたみべり)」「畳床(たたみどこ)」の3つの部位から構成されています。

畳の構造

2-1.畳表(たたみおもて)

畳表は畳の表面の部分で、綿や麻の経糸(たていと)にイグサの茎を緯糸(よこいと)として織り込んで作られています。

断面がスポンジ状になっているイグサの特性のおかげで、通気性や保温性に優れているだけでなく、空気を浄化する力も強いとされています。そのため、高温多湿の日本の風土に適しており、夏は涼しく、冬は暖かくなる点が魅力です。

畳表に使用されるイグサは、品質の良し悪しによって等級化されています。国産のイグサは美しい光沢と耐久性の高さが人気。近年では、ダニやカビに強い和紙や樹脂などを原料にした畳も開発されています。

2-2.畳縁(たたみべり)

畳縁は畳の周囲を囲む帯のことで、畳表の補強や角同士の摩擦防止、畳床の隙間を埋めるなどの役割を持っています。

元々は綿や麻の糸でできた畳縁が主流でしたが、日本の歴史をさかのぼってみると、畳縁の模様で身分を表したり、絹糸でできた畳縁が高級装飾品として扱われたりした過去もあります。

最近では化学繊維の製品も多く販売されており、さまざまな色や柄の中から好みに合わせて選択できるようになりました。

2-3.畳床(たたみどこ)

畳床は畳の芯となる部分で、基本は稲藁(いなわら)を何層にも重ねて圧縮した「藁床(わらどこ)」のことを指します。使用される稲藁の品質によって畳床の等級が分かれており、一般住宅では通常二等品が使用されます。

しかし近年では、資源不足や畳の軽量化へのニーズへの高まりから、木質繊維やポリスチレンフォームを使用した畳床も多く見られるようになりました。

現在主流となっているのは、藁と藁の間に木質繊維板やポリスチレンフォームを挟んだタイプで、軽量でなおかつ断ちも発生しにくい、耐久性の高さから人気を集めています。