畳の張替えタイミングや費用は?DIYはおすすめしない理由

畳の張替え

傷んできた畳をそろそろ張替えたいと思いつつ、どのタイミングで張り替えればいいのか、どれくらいの費用や期間がかかるかわからないという理由で、放置してしまっている方も多いのではないでしょうか。

劣化した畳をそのままにしておくと、美しい見た目が損なわれる以外にも、さまざまなデメリットが生じます。

そこで今回は、畳を張替えるタイミングの見極め方と、リフォームにかかる費用と期間の目安について解説します。DIYに向かない理由もお話しますので、畳の張替えを検討されている方は、ぜひ最後までご覧ください。


1.畳の張替え・交換の目安時期は3段階

畳の寿命や美しい見た目を保つためには、適切なタイミングでの張替えることが大切です

畳の張替えには「裏返し」「表替え」「新調」の3つの方法があり、それぞれ畳の状態や使用年数に合わせた手法で張替えます。

<畳の張替え方法とタイミングの目安>
裏返し 約2~5年
表替え 約4~7年(裏返しを行ってから約5年)
新調 約10~15年

「裏返し」は、畳の表部分(畳表)を裏返して新品同様の見た目に戻す方法です。約2~5年ごとに行うのが一般的で、日焼けやこすれが目立ってきたときの張替えに適しています。

「表替え」は、畳の表部分と畳のヘリ(畳縁)を新しくし、畳の芯(畳床)はそのまま使用する方法です。使用開始から4~7年ほど経った畳や、裏返しを行ってから約5年が経過した畳に多く用いられます。見た目が新品になるだけでなく、畳の魅力のひとつであるイグサの香りも蘇ります

新調では、畳表・畳床・畳縁を全て新しくします。約10~15年ごとに行うのが一般的で、畳の感触や香りを一新できる点がメリットです。