和室リフォームは「DIY」vs「プロに依頼」どっちがいい?費用や注意点も解説

最近では、大掛かりなリフォームも自分で実施するのがトレンドです。

いわゆる、セルフリノベーションというものですね。

そんな中、「少し古くなったら和室をDIYする」というのも流行っています。

とはいえ、本記事を読んでいる人の多くは、

  • 和室をDIYする費用がわからない
  • DIYするかリフォームするか悩んでいる
  • 和室をDIYする場合のポイントが見えない

といったふうに感じている人も多いでしょう。

本記事では和室をDIYすることについて、詳しく解説します。

和室を有効活用したい人は、ぜひ参考にしてください。

1.和室をDIYする場合と、プロに依頼しリフォームする場合の費用

和室をDIYする費用としては、おおむね1万円から10万円程度かかります。

ちなみにリフォームを実施する場合は、おおよそ10万円から100万円程度となるでしょう。

DIYするのと、リフォームするのとでは、費用面にものすごく大きな違いが生まれます。

1-2.和室をDIYする場合の費用

和室をDIYする場合、費用は内容によって大きく変わります。

具体的には、以下のような費用がかかるでしょう。

<和室をDIYする場合の目安>

施工内容

費用めやす

フローリングに変える

1万円〜5万円

ふすまをドアに変える

3万円〜5万円

壁を洋室に合うようにする

1万円〜3万円

天井をおしゃれに改造する

1万円〜3万円

押し入れをクローゼットにする

5万円〜10万円

和室から洋室に切り替える

10万円〜30万円

和室のDIYをする場合、安いものであれば1万円から実施可能です。

また、材料などが安ければ、さらに安価でDIYできる場合もあるでしょう。

ちなみにリフォームする場合は、以下のような費用がかかります。

<和室をプロに依頼してリフォームする場合の目安>

施工内容

費用めやす

フローリングに変える

10万円〜40万円

ふすまをドアに変える

10万円〜15万円

壁を洋室に合うようにする

5万円〜10万円

天井をおしゃれに改造する

5万円〜10万円

押し入れをクローゼットにする

10万円〜25万円

和室から洋室に切り替える

30万円〜100万円

やはりDIYをしたほうが断然お得になることは間違いないようです。

ただし、DIYをするにはそれだけ労力や時間など費用以外のコストがかかるのも事実です。

次ではDIYをしてもいいケース、プロの業者に依頼したほうがいいケースについて解説します。

2.和室はDIYと業者依頼どっちがいい?

和室をDIYするか、業者に依頼するか、きちんと判断する必要があります。

無理矢理にリフォームすると大失敗するかもしれないので、注意しましょう。

2−1.業者にリフォームを依頼すべき人

以下のような条件に当てはまるなら、和室はDIYせず、業者へリフォームとして依頼するのがよいでしょう。  

   ・床の土台から修理が必要な場合

   ・材料や道具を揃えるのがめんどうな人

   ・和室を使える期間があるのが嫌な人

まず、床の土台から修理が必要な場合は、業者にリフォームしてもらいましょう。

なぜなら床の土台から修理するのは、DIYというには難しい作業だから。

仮にDIYが形になったとしても、耐震性や耐衝撃性を落としてしまうかもしれません。

和室を作るのに床の土台からひっくり返す必要があるなら、DIYではなく業者でのリフォームを選びましょう。

また、材料や道具を揃えるのがめんどうな場合も、業者に依頼するのがおすすめ。

和室のDIYには、さまざまな材料や道具が必要です。

主だった部分でも、

  • ドライバー
  • 電動ノコギリ
  • えんぴつ
  • ゴムハンマー
  • 断熱ボード
  • コーキング剤
  • マスキングテープ
  • 電動ドライバー..

など、さまざなものが必要となります。

これだけのものを揃えるのは、なかなかたいへんな部分も多いでしょう。

最後に、「和室を使えない期間があるのが嫌な人」も、DIYより業者へ依頼するのがおすすめ。

自力で和室をDIYするとなると、かなり長い時間がかかります。

場合によっては1ヶ月くらい和室の床がない、なんてこともあり得ます。

その間、和室が使えない期間が生まれるわけです。

また、使えたとしてもチリやホコリが舞ってしまい、快適には過ごせないかもしれません。

しかし業者にリフォームしてもらえば、和室が使えない期間はかなり短くなります。

和室を使えない事情があるなら、DIYよりもリフォームを選択しましょう。

2−2.自分でDIYしてもよい人   

以下のような条件に当てはまるなら、和室のDIYにはチャレンジしてもよいでしょう。   

  • 少しでも節約したい人
  • DIYすること自体が目的な人

まず、少しでも費用を節約したいなら、DIYはおすすめです。

なぜなら業者に依頼する場合と比較して、和室のDIYはグッと費用をおさえられるから。

先ほども触れたとおり、和室を業者にリフォームしてもらうとなると、かなり費用がかかります。

特に洋室から和室に変更するなら、おおよそ10〜100万円の費用がかかってしまうわけです。

ここには、業者に対する工賃や仲介手数料が含まれています。

もちろん、リフォーム業者の利益分も乗っかっています。

しかし、和室をDIYするなら、当然ながら工賃や仲介手数料は必要ありません。

先ほども触れたとおり和室をDIYすれば、費用はおおよそ1万円から10万円程度。

圧倒的に安くおさえられます。

また、DIYするのが目的だという人もいるでしょう。

だとしたら、和室のDIYはとてもよい機会です。

せっかくの機会なので、和室をテーマとしてDIYを楽しみましょう。

ただし、床下をひっくり返したりするのはかなりたいへんな作業なので、それなりの覚悟は必要です。

3.和室をDIYする際の注意点

和室をDIYする際には、以下のような点について注意しましょう。

  • 畳の処分法補を確認する
  • 採寸をしっかり測る
  • 床・壁の構造をしっかりする

それぞれについて、下記では詳しく解説します。

3−1.畳の処分方法を確認する

和室のDIYで畳を処分する必要がある場合、その方法について確認しておきましょう。

基本的に畳は、その大きさが原因で通常の「燃えるゴミ」としては扱ってもらえません。

和室のDIYで畳を処分する場合、「粗大ゴミとして出す:のが一般的。

ただし粗大ゴミとして処分する場合、処分費が必要です。

畳を処分する場合は、「粗大ゴミ受付センター」でへ、事前連絡しておく必要があります。

処分費を支払いたくないなら、「細かく刻んで、燃えるゴミとして出す」という方法もあります。

これなら、普段のゴミと一緒に出すことが可能です。

ただし畳を細かく刻むには、普通の道具では役に立ちません。

最低でも電動ノコギリやチェーンソーなどが必要です。

これらの機械を扱うのもなかなか難しいので、注意しましょう。

ただし、古い畳はかならずしも処分しなければいけないわけではありません。

たとえ少々傷んでいたとしても、

  • 「裏返し」
  • 「張り替え」

で、もう一度利用することが可能です。

新しい畳を買うのはお金がかかるので、今使っている畳がもう一度使えないか、検討してみましょう。

3−2.採寸をしっかり測る

和室をDIYする場合は、採寸はシビアにおこないましょう。

あとで採寸が合っていなかったなんてことがあると、たいへんです。

小さい収納部分などであれば、後から修正できることもあります。

しかし大きい壁紙や天井のクロスなどで採寸が狂ったりすると、取り返しがつかないことも。

和室をDIYする場合、採寸だけは間違えないようにしましょう。

3−3.床・壁の構造をしっかりする(断熱材や乾燥剤など)

少し難しい話ですが、和室をDIYするなら、床や壁の構造はしっかりと組み上げましょう。

床や壁の構造は、和室での暮らしやすさを大きく左右ポイントです。

必要であれば、断熱材や乾燥剤も利用するとよいでしょう。

これらを利用することで寒さや湿気がおさえられ、和室だった部屋はより過ごしやすくなります。

和室のDIYにおける床や壁のセルフリノベーションは、少し難しい部分です。

あまりにも難しいと感じるのであれば、和室のDIYではなく業者でのリフォームをおすすめします。

4.参考にしたい!和室をおしゃれにDIYした事例

ここまでのことを理解してもらえば、和室のDIYは問題なく実施できるでしょう。

ぜひともセルフリノベーションで、理想的な部屋へと仕上げてもらいたいものです。

とはいえ、

  • 言葉で説明されてもわからない
  • 成功している事例をチェックしたい
  • もっとインスピレーションが欲しい!

というふうに感じている人も多いでしょう。

下記では、和室をおしゃれにDIYした事例について、いくつか紹介します。

和室のDIY(もしくはリフォーム)を実施する際、ぜひ参考にしてください。

<畳を外し、モダンな洋室へとDIYした事例>

シンプルな和室から、DIYによってモダンな洋室へ切り替えた成功事例。

あえて障子を障子のままで残し、和洋折衷した個性的な空間として仕上がっています。

シックな黒色でまとまった天井も、ほどよい落ち着きと高級感を醸し出しています。

 

このように、和室のDIYは成功すればとてもおしゃれに仕上がります。

上記の事例を参考にして、理想のお部屋を目指しましょう。

5.まとめ

和室をDIYするのであれば、費用としては1万円から30万円程度かかるでしょう。

これは、和室のDIYにおける内容や施工場所によって変化するものです。

小規模なDIYであれば、1万円もかからないかもしれません。

ただし全面的にDIYするなら、材料費だけで30万円以上は必要でしょう。

ただし、無理のあるDIYは禁物です。

特に壁や床下からDIYする必要があり、難易度はかなり高くなります。

こういったケースでは、DIYではなくリフォーム業者に依頼するのがおすすめです。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。