屋根の雨樋の役割や種類、費用、耐用年数を解説!

「屋根の雨樋(あまどい)の役割って何?」
「雨樋を取り付けないと何が起こるの?」

こういった疑問を持っている人は多いでしょう。この記事では、屋根に取り付ける「雨樋」の特徴や設置費用などを紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 屋根の雨樋の役割
  • 雨樋の種類
  • 雨樋の設置にかかる費用相場
  • 屋根の雨樋の耐用年数

雨樋の役割や耐用年数を知って適切な時期にメンテナンスをすることで、外壁や基礎部分を保護して劣化を防止しやすくなるでしょう。


1.屋根の雨樋の役割とは?

屋根の雨樋とは、雨水を地面に逃がすためのパイプ状の部分を指します。屋根から落ちる雨水を受け止めて、特定の場所にまとめて流す効果があります。

雨樋には4つの役割があります。

  1. 雨漏りを防止する
  2. 外壁や基礎部分の保護をする
  3. 雨で地面がえぐれないようにする
  4. シロアリの発生を抑制する

具体的にチェックしていきましょう。

1-1.雨漏りを防止する

雨樋がないと、雨が外壁と屋根の隙間に侵入しやすくなって雨漏りが起こる危険性があります。

外壁と屋根の接合部は他の部位に比べて耐久性が低いため、雨樋で雨水を誘導しなければ隙間から水が侵入してしまうのです。

1-2.外壁や基礎部分の保護をする

雨樋を設置しないと雨が地面に落ちた際に水がはねて外壁や基礎を劣化させてしまいます。同じ場所に何度も水しぶきが飛ぶため、頑丈な外壁や基礎部分であっても徐々に削られるおそれがあるでしょう。

1-3.雨で地面がえぐれないようにする

もし雨樋がなかったら、屋根から落ちた雨が地面を削ってしまいデコボコになります。地面がデコボコになると歩く際に転びやすくなるおそれがあるでしょう。

雨樋があれば雨水を下水道まで一直線に流すことが可能なため、土が削れる心配がありません。

1-4.シロアリの発生を抑制する

屋根から落ちてきた雨水が地面を削りながら湿らせてしまい、家のまわりにシロアリが発生しやすい環境を作ってしまいます。

シロアリが増えると家の木材が食い荒らされ、最悪の場合は建て替えが必要になるため、広範囲の地面のなかまで湿らせないためにも雨樋は必要です。