【事例付】屋根カバー工法とは?葺き替えとの違い

屋根カバー工法

「屋根カバー工法って、どんな工事方法?」
「自分の家が屋根カバー工法に適しているかわからない」

このようにお考えではありませんか?

屋根カバー工法とは、既存の屋根の上に新たな屋根をかぶせる工事方法です。
屋根カバー工法はすべての屋根に適応する工事ではなく、屋根の特徴や築年数によって向き・不向きがあります。

この記事では、屋根カバー工法に適した屋根や費用相場、実際に行われた施工事例もご紹介し、屋根カバー工法について完全解説しています。
あなたのリフォームしたいリフォームが屋根カバー工法に合っているかどうか判断できるほか、工事に用いる屋根材の比較検討も可能となっていますので、ぜひ参考にしてください。


1.屋根カバー工法とは?

屋根カバー工法とは、既存の屋根の上に新しい屋根材をかぶせる施工方法のことです。「重ね葺き」や「カバールーフ工法」などとも呼ばれ、スレート屋根や軽量金属屋根など平板の屋根材で施工できます。

新しい屋根材にはガルバリウム鋼板の他、アスファルトシングルやジンカリウムといった軽量な物が採用されています。屋根カバー工法は広く行われているリフォーム工事ですが、屋根の状態によってはおすすめできないため、現状を確認して判断する必要があります。

1-1.葺き替えとの違い

屋根カバー工法と屋根の吹き替えの違い

屋根のリフォームでは、「葺き替え」という施工方法もあります。葺き替え工事は、既存の屋根材を撤去してから新しい屋根材を葺き替える施工です。既存の屋根材を撤去する際に下地の補修やメンテナンスを行うこともあります。

葺き替えによる屋根リフォームが適しているケース

  • 下地材が傷んでいる
  • すでに屋根カバー工法で施工している
  • 瓦屋根を使っている