屋根をコーキングで補修するデメリットと、施工時の注意点

「屋根の雨漏りをコーキングで補修するメリットやデメリットを知りたい」
こういった疑問を持っている人は多いでしょう。この記事では、屋根をコーキングで補修するメリットや、施工時の注意点を紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 屋根をコーキングで補修するメリットとデメリット
  • コーキングで屋根を補修する場合の注意点
  • 屋根の雨漏りをDIYでコーキング補修する手順
  • コーキングで屋根を補修する場合の費用と耐用年数

記事を読めば、屋根をコーキングで補修する注意点や方法を把握して、失敗しないようにできるでしょう。


1.屋根をコーキングで補修するメリットとデメリット

屋根をコーキングするメリットやデメリットを知っておくと、無駄な作業が必要なくなります。
必要がない工事を行うと逆に雨漏りを悪化させる場合があるため、補修前にメリットとデメリットを把握しておきましょう。

1-1.メリット

屋根をコーキングで補修するメリットは、2つあります。

  1. 軽度のひび割れなどを補修できる
  2. 雨漏りを防止できる

屋根材の軽度のひび割れであればコーキングで埋めることで補修が可能です。
また、雨漏りが起こっていた場合も、コーキングで防止できる場合があります。
小さな傷などから雨漏りが起こっている場合はコーキングでの補修を検討する余地があるでしょう。

1-2.デメリット

屋根をコーキングで補修するデメリットは、以下の2つです。

  1. 重度の劣化は補修できない
  2. 雨漏りを悪化させるおそれがある

大きな亀裂や、屋根材の変形などはコーキングだけでは補修しきれません。
その場合は交換や塗装などが必要となるでしょう。

また、雨漏りの症状や原因によってはコーキングをすると悪化するおそれがあります。
なぜなら、雨が逃げる道をコーキングが塞いでしまい、違う場所へ水が流れてしまうためです。

1-3.屋根補修でコーキングを使うのに向いている人とは

コーキングで屋根補修をするのに向いている状況は以下の2つです。

  1. 軽度の傷を安く補修したいとき
  2. 雨漏りの原因箇所と補修方法を熟知しているとき

軽度の傷であればコーキングで補修できます。
また、雨漏りに関する深い知識があれば漏れ出す水をコーキングで防止できるでしょう。


2.屋根をコーキングで補修する場合の注意点

屋根の雨漏りをコーキングで補修する場合、3つの注意点があります。

  1. DIYは危険
  2. 施工業者は専門性で選ぶ
  3. 雨の日は避ける

注意点を意識せずにコーキング補修を行うと失敗して症状が悪化するおそれがあります。
具体的な内容をチェックしてみましょう。

2-1.DIYは危険

屋根をコーキングで補修する作業をDIYで行うことはおすすめできません。
なぜなら、屋根は職人以外がのぼると滑って落下する恐れがあるからです。

また、DIYで補修をしても適切な処理ができずに劣化や雨漏りが悪化するおそれがあります。
屋根のコーキング補修は基本的に業者に依頼しましょう。 
適切な知識や経験がある場合に限り、DIYで補修することも検討してみてください。

2-2.施工業者は専門性で選ぶ

屋根のコーキング補修を依頼する業者は専門性の高さで選びましょう。
コーキングを専門で扱う業者とは「防水会社」です。
インターネットや電話帳で「防水」や「シーリング」を扱っている会社 があれば専門業者の可能性があります。
主に、雨漏りに対応している防水業者が挙げられます。

特に、シーリング関連の国家資格を所持した職人がいる企業なら信頼できるでしょう。
業者のホームページを確認すれば、職人が保有している資格を確認できる場合があります。

2-3.雨の日は避ける

コーキングは雨の日に工事をすると施工不良を起こします。
施工不良が起こると、コーキングが剥がれやすくなり短期間で再補修が必要となるでしょう。
業者に依頼する場合は、「雨の日でも施工が可能かどうか?」と見積もり段階で尋ねてみて「まったく問題ありません」と答えるような会社は避けたほうが無難です。


3.屋根の雨漏りをDIYでコーキング補修する手順

屋根の雨漏りコーキング補修をどうしてもDIYで行いたいという人もいるでしょう。
おすすめしてはいませんが、全体的な流れを解説します。

具体的には以下のような流れで工事します。

  1. 雨漏りの原因部位を特定する
  2. 材料や道具を揃える
  3. 補修部位を洗浄する
  4. 養生する
  5. 下地処理をする
  6. コーキングを充填する

工程を知っておけば業者に任