外壁のコーキング(シーリング)とは?工事が必要なタイミング・費用を詳しく解説

シーリング

外壁のコーキング(シーリング)は防水の役割があり、ひび割れなど劣化症状が出ると「打ち替え」という補修工事が必要になります。

この記事では、

  • コーキングの役割とは?
  • コーキング工事のタイミング
  • 実際にかかる費用

など知りたい情報をまとめています。

コーキングは、お家を守る大切な防水材です。あなたのお家を正しくメンテナンスできるように、この記事を参考にしてみてください。


1.外壁のコーキングとは

コーキングとは

外壁には、コーキングと呼ばれる防水材が使用されています。

例えば、サイディングボードの隙間、サッシ周りといった部位に、ゴムのように弾性のあるコーキングが施工されています。

また、「コーキング」のことを「シーリング」と呼ぶこともあります。業者やメーカーによって慣習でどちらかを使っていますが、これらは同じ意味になります。