屋根工事に保険が使える理由や適用条件、手続きをチェック!

屋根工事に保険が使える理由や適用条件、手続きをチェック!

「屋根の工事で保険が使えると聞いたけれど本当?」
「屋根リフォームを保険金で無料にしたい」 
こういった考えを持っている人は多いでしょう。

この記事では、屋根の工事で適用できる保険の種類や適用条件、受け取るための手順などを紹介します。

屋根の工事は高額となるため、保険が適用できれば多額の費用を節約できるでしょう。


1.屋根の工事で使える保険の種類とは

屋根の工事で使える保険は「火災保険」と「地震保険」です。地震被害を除けば、屋根工事で主に利用する手段は火災保険でしょう。

あなたが加入している火災保険や地震保険が屋根工事に利用できるかどうかは、破損した理由と保険の種類によって変わります。

1-1.火災保険

火災保険は火災でしか使えないと思っている人が多いですが、外壁や屋根の破損でも適用可能です。

ただし、火災保険では地震の保障をしていません。地震による被害で屋根を修理する場合は地震保険に加入していなくてはいけません。

火災保険には、

  1. 住宅火災保険
  2. 住宅総合保険

上記の2種類があります。あなたの住宅がどちらの保険に加入しているかを最初に確認しておきましょう。

確認する方法には以下があります。

  • 保険証券を探す
  • 保険会社に尋ねる
  • 保険会社すらわからない場合は引き落とし口座の保険会社名を確認
  • 契約した不動産会社に尋ねる

加入している保険会社に問い合わせをすれば、あなたが加入している火災保険が判明するでしょう。

住宅火災保険

住宅火災保険は、火災のほかに以下の被害で保険金が支払われます。

  • 落雷
  • 破裂
  • 爆発
  • ひょう

住宅火災保険では設備が壊れて水びたしになるといった「水ぬれ」は適用されないため注意が必要です。

また、洪水などによる水害の被害だと保険金は支払われません。屋根の工事で適用する保険は風による被害「風災」がほとんどです。

住宅総合保険

住宅総合保険では、住宅火災保険に加えて以下の被害に保険金が支払われます。

  • 外部要因による物体の衝突(飛行機や車)
  • 集団での暴行や外壁・屋根素材の盗難被害
  • 設備などによる水ぬれ
  • 洪水などの水害

住宅総合保険では、車の追突や飛行機の墜落でも保険金が支払われます。暴行や盗難による破壊、洪水による水害なども適用範囲に含まれているのが特徴です。

1-2.地震保険

火災保険と一緒に入っている人も多いでしょう。地震保険の適用範囲は非常に狭く、地震や噴火による被害でしか利用できません。地震の揺れによる破損、火山灰、津波、さらには揺れによる火災発生にも対応しています。