あなたがすべき屋根リフォームの費用相場を完全解説!業者の選び方も

アイキャッチ

「突然、雨漏りがしてきた」「瓦が落ちているのを見つけた」「でも、屋根のリフォームといっても、何に気を付けるべきなのか」などと悩まれる方も多いのではないでしょうか。

また、残念ながら悪徳業者が多いのもこの業界の特徴で、訪問販売で来た業者に「すぐに屋根のリフォームをしないと大変なことになる」と言われ、不安に思っている人もいるのではないでしょうか。

リフォームガイドでも昨今のゲリラ豪雨や大型台風、大きな地震の増加に伴い、屋根のリフォームの問合せを多く受けます。

ここでは、加盟店へのヒアリングなどをもとに、屋根の状況に応じたリフォームの工法や費用相場、業者の選び方など屋根をリフォームする際に知っておくべき全てのポイントについてご説明します。

これを読むことで、みなさま自身で家の状況を評価し、どのような屋根リフォームをすべきか判断できるようになるだけでなく、見積りの見方や妥当性を評価できることで、悪徳リフォーム会社に騙されず、後悔しない屋根リフォームができるようになります。

目次


1.屋根リフォームで知っておくべき基本的知識

ここでは、屋根リフォームの費用をご説明する前に、屋根の構造や屋根材の種類などその前提知識をご説明します。実際に、リフォーム会社の話を理解する上でも必要な知識になりますので、屋根リフォームがはじめてという方は是非とも確認しましょう。

1-1.屋根の基本的な構造を理解しよう!

屋根は垂木と呼ばれる傾斜をつけるための木材の上に、野地板(多くの場合、コンパネ)、防水シート(ルーフィング)を敷き、その上に瓦など屋根材を設置することで構成されております。

屋根の構造

屋根の構造

1-2.屋根材の種類を理解しよう!

屋根材は大きく4種類に分けることができます。みなさまのお家でどの屋根材が使われているか把握しておきましょう。

屋根材の種類

屋根材の種類をさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

屋根材の種類と特徴、あなたに適した商品の選び方を知ろう
屋根材の種類と特徴、あなたに適した商品の選び方を知ろう
屋根材の種類と特徴、あなたに適した商品の選び方を知ろう
記事を読む

1-3.葺き替えと重ね葺きの違いを理解しよう!

屋根のリフォーム方法には、塗装のほか、葺き替えと重ね葺き(カバー工法)という工法があります。葺き替えとは、瓦や金属板など既存の屋根材を撤去して、下地の補修後に新しい屋根材で葺き替える工事。

重ね葺きとは、既存の屋根材の上に、新しい屋根材を葺く工事のことを指します。葺き替えの方が、廃材の解体・処分費がかかるため、重ね葺きより相対的に費用が高くつきます。

以下では、具体的にイメージできるようになるために、施工の流れをご説明します。

<瓦屋根の葺き替えの場合>

  1. 古い瓦の撤去
  2. 古い下地の上に野地板を設置
  3. 防水シート張り替え
  4. 新しい瓦を設置
  5. 完成

※赤字箇所が重ね葺きでは不要になる工程です。

【カバー工法、葺き替えの比較】

カバー工法、葺き替えの比較