これって屋根修理詐欺?よくある手口と対処法を解説!

近年、屋根修理詐欺の被害に遭う方が増えています。

屋根修理詐欺とは、

「通りかかったら屋根が壊れているのが見えた。今すぐ修理しないと危険です!」
「近所で工事をしていたついでに、無料で屋根の点検をさせてください。」

などと言って突然訪問してきて不安をあおり、必要のない高額な工事を契約させるものです。

PIO-NET(全国消費生活情報ネットワークシステム)」に寄せられた相談件数によると、2022年度の屋根工事の点検商法に関する相談件数は2,885件にものぼり、過去5年間で最多となりました。
泣き寝入りして上記に含まれていない人がいることを考えると、無視できる件数ではないでしょう。

この記事では、屋根修理詐欺のよくある手口と詐欺に遭わないためのポイント、実際に遭ってしまった時の対処法についてご紹介します。屋根修理詐欺に遭わないためにも、ぜひ最後までご覧ください。


1.実際にあった屋根修理詐欺の手口

はじめに、実際にあった屋根修理詐欺の手口についてご紹介します。どんな被害に遭うのかも解説していますので、合わせて抑えておきましょう。

手口①突然訪問してきて、屋根の劣化を指摘して不安をあおる

この手口は、