屋根のリフォーム費用はどれくらい?3つの方法を徹底解説

根のリフォーム費用はどれくらい?3つの方法を徹底解説

屋根のリフォームをしたい方が一番気になるのは、やはり費用面ではないでしょうか?屋根のリフォームは、屋根の傷み具合や工法次第で費用が大きく異なり、一般的な相場がわかりにくい面があります。

この記事では、屋根のリフォームにかかる費用をリフォーム方法別に詳しくご説明します。屋根をリフォームする方はぜひ参考にしてください。

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.3つの方法別!屋根のリフォーム費用

3つの方法別!屋根のリフォーム費用屋根をリフォームする方法には、「塗装」「葺き替え」「カバー工法」の3つがあり、費用もこの3つの方法によって大きく異なります。

方法別の費用目安は以下の通りです。

屋根のリフォーム費用

それぞれの工法は費用が異なるだけでなく、リフォームのタイミングや屋根の種類、リフォームの効果も異なります。特徴を理解してリフォーム方法を選択することが重要です。

3種類の屋根リフォーム工事の費用と特徴を、さらに詳しくご紹介していきましょう。

1-1.屋根の「塗装」にかかる費用

1-1.屋根の塗装にかかる費用

塗装には外観をきれいに保つ「美観」の効果だけでなく、屋根材の劣化を防ぐ「保護」の効果もあります。塗装は約10年おきに行う必要があり、メンテナンスの意味合いが強いです。屋根の塗装にかかる費用を、塗料別にまとめてみました。耐久年数が短い塗料で塗装すると、塗り替えの回数が増えてしまいます。塗装にかかる費用は、1回当たりの費用に加えて耐用年数も考慮して判断しましょう。

 

屋根の工事費と耐用年数(一般的な30坪住宅の80㎡屋根)

屋根塗装費用

塗装工事費用の詳細(一般的な30坪住宅の80㎡屋根)

屋根塗装費用内訳

1-2.屋根の「カバー工法(重ね葺き)」にかかる費用

築20~25年経って屋根が劣化している場合に、既存の屋根の上に屋根材を重ねて二重にする方法です。既存の屋根を処分する必要がないので、低コストで短い工期でリフォームすることができるのが特徴です。屋根の重量増加や、既存の屋根の腐敗が懸念材料です。また、日本瓦をカバー工法でリフォームすることはできません。

以下、屋根の種類ごとの費用をご紹介します。

①スレートをガルバリウム鋼板でカバーする:約100万円

スレートをガルバリウム鋼板でカバーする

②ガルバリウム鋼板をガルバリウム鋼板でカバーする:約80万円

② ガルバリウム鋼板をガルバリウム鋼板でカバーする

1-3.屋根の葺き替えにかかる費用

1-3.屋根の葺き替えにかかる費用

築20~25年経って屋根が劣化している場合に、既存の屋根材を撤去して新たな屋根材で葺き替える方法です。どんな種類の屋根でも、どんな傷み具合の屋根でも施工することができます。さらに、屋根材を一新するので高い耐久性を得られます。

ただし、カバー工法と異なり、撤去した屋根材を処分する必要があるため、費用はかさんでしまいます。

以下、屋根の種類ごとの費用をご紹介しましょう。

①スレート→ガルバリウム鋼板:約140万円

スレート→ガルバリウム鋼板

②スレート→スレート:約120万円

スレート→ストレート

➂日本瓦→ガルバリウム鋼板:約140万円

日本瓦→ガルバ

➃日本瓦→日本瓦:約200万円

日本瓦→日本瓦

 

2.屋根のリフォーム費用を抑えるコツ4選

屋根は家でもかなり大きな部分を占めています。そのため、そのリフォ―ムにかかる費用も高額になってしまいます。

この章では、屋根のリフォーム費用を抑えるコツを4つご紹介しましょう。

2-1. 希望するリフォーム工事を明確にしておく

2-1. 希望するリフォーム工事を明確にしておく

どんなリフォームを希望しているかを明確しておかないと、業者の言うままに余計ななオプションを申し込み、高額なリフォーム費用を支払う羽目になるかもしれません。適切なリフォーム工事を行うためにも、リフォーム工事の内容や予算の基準を明確にした上で業者と話し合いましょう。

2-2. 複数の業者から見積もりをとる

2-2. 複数の業者から見積もりをとる

複数の業者から見積もりをとることを「相見積もり」といいます。相見積もりをとることで、一番安い費用を提案した業者を選ぶことができます。

また、法外な値段を要求する業者を見抜くことができますし、自身でリフォーム相場を把握できる利点もあります。

2-3. ポータルサイトを活用する

リフォームガイド特徴1

多くの業者から相見積もりをとりたくても、お客様自身だけで業者を探してやり取りするのには限界があります。時間と手間がかかるのでほんの2~3社から相見積もりをとるのも大変ですが、件数が少ないとよい業者に巡り合える確率は低くなります。

リフォーム会社探しに不安がある方は、ぜひ私たちのサービスをご検討ください。無料で専門のコンシェルジュがリフォームの内容を伺い、あなたにぴったりのリフォーム会社をご紹介いたします。サービスの7つの特徴は以下のとおりです。

  • コンシェルジュがお客様のリフォーム内容に応じて最適な会社をご紹介
  • 無料相談・無料見積で、自分に合った会社がなければ御断りも自由
  • 朝日新聞などからの支援を受けている安心サービス
  • 独自審査を通過した満足度の高いリフォーム会社だけを限定紹介
  • リフォーム会社から直接営業を受けなくて済む
  • 無料でのリフォーム完成保証サービス付き
  • 利用者数20万人突破の実績豊富なサービス(2016年実績)

リフォーム会社が一般に公開していない情報や過去のお客様の口コミも踏まえ、最適なリフォーム会社をご紹介しています。無料でお試しできますので、ぜひご利用ください。

リフォームガイド:無料紹介申込はこちらから(登録はたったの2分)
電話番号:0120-395-120
営業時間:9:00~21:00(月~金)9:00~18:00(土)

2-4. 火災保険を活用する

風災保険

すべての人に該当するものではありませんが、火災保険を活用することで屋根のリフォーム費用を抑えられる場合があります。

この場合、火災保険の中の「風災」保険、つまり強風によって建物や家財が被害に遭った場合にその損害金額を補償する保険が該当します。これは、最大瞬間風速20m/秒以上)の風(台風は最大風速が17.2m/秒以上の風)による損害の場合に適用できます。

もし突風によって屋根が壊れているのを発見した場合は、屋根の修理業者に連絡して調査を依頼したうえで、風災保険の適用を検討しましょう。

東京海上日動火災保険株式会社、株式会社損害保険ジャパンなどの大手保険会社の保険には、原則として風災保険が基本補償に含まれています。一方で、風災被害を受けていないにも関わらずにリフォーム業者からしつこく保険適用を迫られた場合は、保険詐欺に巻き込まれるおそれがあります。十分注意してください。

3.まとめ

3.まとめ

いかがだったでしょうか。屋根のリフォームは、3種類のリフォーム方法のどれを選択するかで費用は異なります。まずは、自分の屋根はどの方法で捕集すべきかを決定しましょう。その上で、高額な屋根のリフォーム費用を抑えるために、この記事で紹介したコツを実践してみてください。

この記事を参考にして、満足のいく屋根リフォームを行っていただけたら幸いです。

 

 


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。