【事例で紹介】築40年マンションに必要なリフォームと費用相場

築40年マンションリフォーム費用

築40年のマンションをリフォームすると、どれくらい長く住めるのでしょうか。

現在住んでいるマンションが築40年に差しかかる方や、これから中古マンションの購入を考えている方、また築40年のマンションを賃貸として活用したい方など、マンションリフォームの事情はさまざまです。

今回は築40年のマンションのリフォームをテーマに、リフォームする際の注意点や費用相場、リフォームの事例を紹介します。築40年のマンションのリフォームを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

▼関連記事

マンションリフォームの費用相場!賢く費用を抑える方法も解説
マンションリフォームの費用相場!賢く費用を抑える方法も解説
マンションリフォームの費用相場!賢く費用を抑える方法も解説
記事を読む

1.築40年のマンションの状態|あと何年住める?

築40年のマンションの状態をはかるには、「建物の寿命」「管理体制の寿命」の2点が大切になってきます。

鉄筋コンクリートの法定耐用年数は47年とされていますが、これはあくまでも法令で定められた減価償却の耐用年数のことです。定期的にメンテナンスを行えば、建物の物理的な寿命を100年まで伸ばすことも不可能ではありません。

建物のメンテナンス状況が適切かどうかは、管理会社や管理組合の管理体制を確認しましょう。適切な修繕計画が立てられ、実行されていると、建物の寿命を伸ばすことができます。
マンションの管理体制をチェックするには、マンションの管理組合が作成する重要事項調査報告書を取得すると良いでしょう。重要事項調査報告書には、管理費・修繕積立金の変更予定や大規模修繕工事の積立状況など、マンションの管理状況が細かく記載されています。取得費用がかかるものの、最新の管理状況はぜひ確認しておきたいところです。

管理が適切に機能しているマンションであれば、この先40年~60年住み続けられる可能性は高いでしょう