マンションのスケルトンリフォームとは?間取り事例やメリットを解説

「マンションの間取りをがらっと変えたい」「古くなった内装や設備を新築マンションのように一新したい」そんなときの選択肢のひとつがスケルトンリフォームです。

しかしスケルトンリフォームという言葉は耳にしたことがあっても「具体的にどんなことが叶えられるリフォームなのか?」「自分が住んでいるマンションでもできるのか?」などイメージできないことも多いですよね。

そこで今回はスケルトンリフォームの定義やメリット・デメリット、実際の施工事例などをご紹介します。最後までお読みいただけると、あなたに最適なリフォームなのかどうかわかるはずです。工期や工事費用、リフォームの進め方なども詳く解説するので、参考にしてくださいね。

目次


1.マンションのスケルトンリフォームとは?

「スケルトン」とは骨組みのこと。つまりスケルトンリフォームとは、住宅の骨組みだけを残して解体し、そこから自由に間取りや内装をつくっていくリフォームです。

鉄筋コンクリート造のマンションの場合、共用部分や耐力壁は残し、内装や設備は基本的にすべて解体。コンクリートがむき出しになった状態から床や壁をつくって、新しい部屋を完成させていきます。

マンションのスケルトン状態(提供:あなぶき興産)

壁裏や床下にある配管や配線はそのまま残すこともありますが、新しいものへの交換や再配置をすることもあります。

【RC造のマンションのスケルトンリフォームで残す部分・解体する部分】
残す部分 解体する部分
  • 共用部分(屋外に面した窓、パイプスペース、バルコニーなど)
  • 構造躯体(鉄筋コンクリートの耐力壁、戸境壁、柱、梁など)
  • 間仕切り壁、下地
  • 内装(壁紙、床材、建具、造作家具など)
  • 設備(システムキッチン、システムバス、トイレ、洗面台、冷暖房システムなど)

スケルトンリフォームが必要になるマンションの築年数は?

現況がどうなっているか次第ではありますが、築年数の目安でいうと、築40年以上のマンションはスケルトンリフォームをおすすめします。

築40年にもなると内装がひどく傷んでおり、いつ漏水してもおかしくない状態であることが多いです。間取りも現在のライフスタイルに合っていないことが多いた