【プロが教える】団地リノベーションの費用はいくら?

「団地のリノベーション費用ってどれくらいか見当もつかない…」

とお悩みになってこの記事にたどり着いた方も多いのではないでしょうか。

団地は築40年を超えるものが多く、内装がボロボロで、配管もいつ漏水してもおかしくない状態のため、団地では内装が一新され、配管も更新されるリノベーションが必要になります。

そのため、そのリノベーション費用も高額になりがちで500~800万円ほどかかります。

「結局、自分はいくらかかるの?」と思ったあなた!

団地リノベーションの費用は、その物件の大きさとリノベーション内容によって変わります。そこで、この記事では、それらのパターン別に費用を算出しますので、あなたがしたいリノベーション費用が必ず分かります。

 

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.団地リノベーションの費用相場

団地のリノベーション費用は、次の2つの要素によって大きく変わります。

  • 物件の大きさ
  • 建材のグレード

以下では、それぞれの要素が費用にどのような影響を与えるのか、リフォームガイドの加盟店の事例をもとに算出しました。

団地リノベーション

ご覧のように、50㎡など小さめの団地であれば500万円程度からリノベーションは可能です。一方で、大きめの物件でハイグレードの建材で施工した場合、その費用は1000万円を超える場合もあります。

ハイグレード(12~15万円/㎡)となるイメージ

ところで、どのような場合に平米単価が12~15万円となるのか気になる方もいらっしゃるかと思います。具体的には、次の3つの要素を満たすと平米単価は上がる傾向にあります。

  • ハイグレードの水まわり設備を導入した場合
  • 自然素材の床材やハイグレードの壁材を導入した場合
  • 壁面収納などこだわりの造作をとりこんだ場合

ここでは、それぞれについてご説明します。

■ハイグレードの水まわり設備を導入した場合

使い勝手やデザイン性の高いハイグレードの設備や、おしゃれな特注の設備を導入すると、その分費用は上がります。具体的には以下のイメージのような設備を導入すると、費用は上がると考えた方がよいでしょう。

ハイグレード
出典:http://www.balleggs.com/

なお、水回り設備がグレードによってどのような違いがあるのか、詳細を知りたい方は次の記事も参考にしてください。

プロが教える!マンションの水まわりリフォーム費用相場

マンションのキッチンリフォームの費用と知っておくべき注意点

マンションのお風呂のリフォーム費用と安く抑えるコツ8選

洗面台・洗面所のリフォーム費用&最大20%安くする秘訣

マンションのトイレリフォームを完全解説!費用相場や注意点など

プロが教える!費用相場や交換時期など給湯器交換を完全解説

■自然素材の床材やハイグレードの壁材を導入した場合

無垢フローリング材など自然素材の床材や、1000番台と呼ばれるハイグレードのクロスを使用した場合、その施工面積に応じて全体的に費用は増えます。

具体的には、次のイメージのような空間を実現したい場合は、費用が増えると考えた方がいいでしょう。

自然素材
出典:http://www.balleggs.com/

なお、自然素材の床材やハイグレードの壁紙とはどのようなものか、詳細を知りたい方は次の記事も参考にしてください。

費用相場や注意点などマンションのフローリング張替えを完全解説

マンションの壁紙張替えにかかる費用をプロが完全解説

■壁面収納などこだわりの造作をとりこんだ場合

壁面収納や造作家具を作ったりすると費用は上がります。具体的には、次のような収納などを取り付ける費用は上がると考えておきましょう。

壁面収納
出典:http://www.balleggs.com/

いかがだったでしょうか。ある程度あなたがしたい団地リノベーションがどれくらいかかるのかイメージできたのではないでしょうか。次に、事例を通じて、より具体的な費用を見ていきましょう。

 

2.団地リノベーションの事例と実際にかかった費用

「具体的にいくらでどんな団地リノベーションができるの?」とお思いの方、ご安心ください!

ここでは平米単価ごとに団地リノベーションの事例をいくつかご紹介します。

これを読むことで、あなたがリノベーションしようとしている団地でどんなリノベーションをするとどれくらいかかるか分かります。

2-1.スタンダード(10~12万円/㎡)のスケルトンリフォーム事例

ここでは、スタンダードの建材を使用し、平米単価が10~12万円となっている事例をいくつかご紹介します。この金額でも、賃貸マンションのようなオーソドックスなデザインは十分実現できます。

■64㎡団地リノベーション事例

この事例では、複数の部屋を一つの部屋に統合し、大きなLDKを実現しました。平米単価10~12万円でも最近のトレンドを取り込んだ、新築同然のマンションを手に入れることができます。

64
出典:http://suikoubou.co.jp/works/mansion-renovation9294adck

■70㎡団地リノベーション事例

複数の部屋を繋げて、大きなLDKにしただけでなく、LDKの隅に和のスペースを設けた事例になります。和室を作るくらいであれば、平米単価10~12万円の範囲内で対応することができます。

70
出典:http://suikoubou.co.jp/works/mansion-renovation3195adcs

2-2.ハイグレード(12~15/㎡)の団地リノベーション事例

ここでは、ハイグレードの建材を使用し、平米単価が12~15万円となっている事例をいくつかご紹介します。この金額になると、デザイナーズマンションのような高級感溢れるデザインを実現できます。

■62㎡団地リノベーション事例

床材やクロスでハイグレードのものを使用し、水回り設備もグレードが高いものを選んだだけでなく、照明も間接照明やダウンライトを採用したことで平米単価は上がりましたが、バリ風の高級感のある空間を作ることができました。

62
出典:http://suikoubou.co.jp/works/mansion-renovation8936adcn

■50㎡団地リノベーション事例

玄関でウォークインクローゼットを増設、キッチンも特注のものを導入した事例になります。床材は明るい無垢フローリング、壁紙は白色に統一することで北欧風のデザインになりました。

50
出典:http://www.balleggs.com/

いかがだったでしょうか。「私は平米単価10~12万円で十分!」「いや、せっかくだったら平米単価12万円を越えてでもこだわったリノベーションをしたい!」など思いは様々だったのではないでしょうか。

これ以上に具体的な費用を知りたいという人は、実際に何社か見積りを依頼して取り寄せてみるのがいいでしょう!

 

3.団地リノベーションの費用で注意すべき点

この章では、団地リノベーションを検討していくときの費用に関する具体的な注意点をご説明します。

3-1.業者によって200万以上差が出る場合も!

依頼する業者によって、同じ物件、建材のグレードを揃えても960~1200万円と200万円以上費用差が出る場合があります。これは、解体や下地作りなどそれぞれの工程で1~2割ほど業者間で費用差が発生し、それが積み重なるためです。

条件」

100万円以下のリフォームなどでは業者間の費用差もあまり目立ちませんが、団地のリノベーションのような大きなリフォームでは、ご覧のように、チリも積もって山となり、100万円以上の差を生むことになります。

したがって、費用を抑えるという観点でも、団地のリノベーションにおいて業者選びは非常に重要な要素になります。

3-2.金額が同じでも業者によって見積り前提が異なる場合も!

一方で、同じような見積り金額でも、その見積り内容は、会社ごとに異なる場合も多々あります。

たとえば、水回り設備について、使用するメーカーが異なることもあれば、メーカーが同じでも型番や細かい仕様が異なることが多々あります。

さらに、お客様に言われたことだけ見積もる業者もいれば、利便性も考えて、独自の提案も取り入れた見積りにしてくれる業者もいるのです。

3-3.比較・検討のため、見積り前提を合せた相見積りをしよう!

したがって、比較・検討という点では、見積り前提を揃えた相見積りが必要になります。

とはいえ、型番の指定までお客様の方で最初からするのは難しいため、次のような手順で相見積もりを進めるのがおすすめです。

  1. 大まかな要件で各業者に見積り依頼
  2. 各業者から思い思いの提案をいただく
  3. 再度見積もり依頼※その際、どのメーカー・型番、間取りで見積もってもらうか詳細な要件も伝える
  4. 再提案受け、比較・検討

なお、業者から提案を受けるときは対面で、一つ一つ見積り内容について口頭で説明を受けるようにしましょう。

なぜなら、見積りの書き方は各業者で異なっており、書面だけでその内容を他社のものと比較するのはかなり難易度の高いことだからです。

3-4.価格だけではなく、業者がちゃんとやってくれるかも評価が必要

とはいえ、その業者が責任をもって最後までお客様が納得する形でやってくれるかどうかは、見積り書の金額だけではわかりません。

特に、リフォームという業界では業者によって品質面でのバラツキも大きいため、どの業者に依頼すべきか見極めが重要です。

業者選びの際は、紹介サイトなどを活用して慎重に選びましょう。紹介サイトでは、各工務店のホームページの情報以外に、お客様からの口コミや独自取材の内容により、どの工務店が中古マンションのリノベーションが得意か、お客様からの評判がよいかという情報が集約されております。また、複数一括で紹介を受けることで、自分に合う工務店かどうか比較検討することができます。

そのため、紹介サイトを通じて、あなたも手間をかけずに失敗しないリフォーム会社探しができるようになります。

(ご参考)リフォームガイドのご紹介

どこの工務店が提案力高く高品質で施工できるか、お悩みの際は、ぜひとも弊社リフォームガイドをご活用ください。

リフォームガイドでは、専任のコンシェルジュが、各加盟店の価格情報や、他サイトも含め、お客様の口コミ情報も把握しているため、低価格で高品質のリフォーム会社をまとめてご提案できます。

リフォーム

リフォームガイド:無料見積の申込はこちらから(登録はたったの2分)
電話番号:0120-395-120
営業時間:9:00~21:00(月~金) 9:00~18:00(土)

 

4.団地のリノベーション費用を100万円以上抑える秘訣

「団地リノベーションが魅力で、どれくらい費用かかりそうか分かったけど、少しでも費用を抑えたいわ」

このように考える方も多いのではないでしょうか。

リフォームガイドでは、費用を抑えたいというお客様のご要望にも数多く対応してきました。

そこで、ここでは、リフォームガイドがこれまで対応してきた事例やノウハウをもとに、100万以上費用を抑えて最安値で満足な団地リノベーションを行う秘訣をお伝えします。

4-1.地元の優良工務店に依頼する!

費用を大きく下げる一つ目のコツは、地元の工務店に依頼することです。

なぜなら地元の工務店では、専任の営業マンやデザイナーを置かず、広告宣伝費もかけない分、費用を抑えることができます。

工務店

一方で、大中のリフォーム会社は工務店に下請けで出している会社も多く、上乗せされるマージンの分高くなる傾向にあります。

たとえば、同じ物件、同じ条件で見積りを取ったところ、地元の工務店では300万円以上安くなりました。

業者タイプ

4-2.優先順位を付けてリフォームする範囲を絞る!

団地のリノベーションでは、金額が膨らみがちであるため、しっかりと優先順位を付けて、リフォーム範囲を絞ることも大きく費用を抑えるためには必要です。

特に、クロスや床の張替えなどは、その施工面積に比例して費用がかかる傾向にあります。

そのため、どうしても費用を抑えたいのであれば、実際の使用感に影響の出る水回りのリフォームを優先させ、クロスや床の張替えなど見栄えを良くするリフォームは優先度を下げることも検討しましょう。

4-3.メーカーにはこだわらない

団地のリノベーション費用をなるべく安く抑えるためには「メーカーにこだわらないこと」も重要です。

リフォーム会社では、定価よりも安い価格で商品を提供するのが当たり前になっていますが、その割引率はメーカーごとに差があります。

たとえば、ある業者にリクシルとTOTOで同じ条件で見積もりを出したとき、リクシルの方が15%ほど安くなりました。

toto

一般的に、業界最大手であるTOTOは高くなる傾向にある一方、クリナップハウステック(もともと日立系)であれば費用を抑えられると考えてもよいでしょう。

とはいえ、「TOTOは細かいところが他のメーカーと違う!」「○○はやっぱり安っぽい!」などの声も工務店からいただくこと多くあります。

ゆえに、最終的にどのメーカーにするかは、実際にショールームに伺って、見て触って決めるというのが後悔しない選び方でしょう。

4-4.補助金や減税制度を利用する!

4つ目の費用を抑える秘訣は、国や地方自治体の補助金や減税制度をうまく活用することです。

補助金や減税と聞くと、「面倒くさいなぁ」とか「手続きが面倒な割にはもらえる額って少なくない?」など思われる方も多いのではないでしょうか。

たしかに、手続きの煩雑さは一定ありますが、こちらもうまく活用すると、実質10万円以上お得にもなります。

ここでは、団地のリノベーションで使える可能性のある減税や補助金制度についてまとめております。

■団地のリノベーションで使える減税制度はこれだ!

いくつかの税金で、リフォームで使える減税制度が存在します。ここではその中でも減税の対象範囲が広く、減税額が大きい所得税の減税についてまとめました。

所得税

そのほか、固定資産税や、贈与税についても耐震などのリフォームを行うことによって減税措置を受けることができます。

なお、申請手続きは、リフォームを完了した年度に、確定申告で必要書類を提出するのみです。

各種減税制度の詳細については、次の記事でも取り上げておりますので、ご確認ください。

図解!あなたが受けられるリフォ―ム減税額と申請時の注意点

■団地のリノベーションで使える補助金制度はこれだ!

減税制度と同様に、補助金制度でも耐震、省エネ、バリアフリーを対象としているものが多く存在しております。

詳細な内容については、各自治体に応じて異なるため、それぞれの自治体でどんな制度を実施しているかは、一般社団法人住宅リフォーム推進協議会のWebサイトをご覧ください。

地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト

 

5.まとめ

いかがだったでしょうか。団地のリノベーションにおける業者ごとの費用相場や、団地リノベーションの間取り設計のポイントや施工事例、業者選びのポイントなど盛りだくさんの内容だったのではないでしょうか。

団地リノベーションは大規模なリフォームになるため、その費用もばかにならず、全ての要望を取り込もうとすると1000万円を超えることもざらではありません。同じ価格でより多くの要望を取り込みたい・・・だれでもこのように考えますよね。そのような思いに応えるために、リフォームガイドもみなさまの業者探しという観点で誠心誠意ご協力いたします。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

※個人情報は一切公開されません

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。