【プロが教える】団地リノベーションの費用はいくら?

団地リノベーションの費用はいくら?

「団地のリノベーション費用にいくらかかるかなんて、見当もつかない…」

とお悩みになってこの記事にたどり着いた方も多いのではないでしょうか。

団地は築40年を超える物件が多いため、内装はボロボロで配管もいつ漏水してもおかしくない状態のことも多いです。そのような団地は、内装を一新し、配管も更新するリノベーションが必要です。修繕箇所が多いためにリノベーション費用も高額になりがちで、500~800万円ほどかかります。

「リノベーションが高いのはわかっている。自分が買おうとしている団地ではいくらかかるの?」と思ったあなた!

団地リノベーションの費用は、物件の大きさとリノベーション内容によって変動します。そこで、この記事では、パターン別に団地リノベーションにかかる費用をご紹介します。あなたがやりたいリノベーションにかかる費用がわかるはずです。

>>実際の見積もりから算出したリフォームの費用と相場をチェック!


1.団地リノベーションの費用相場

団地のリノベーション費用は、以下の2つの要素で変動します。

  • 物件の広さ
  • 建材のグレード

2つの要素が費用にどのような影響を与えるかを、リフォームガイド加盟店の事例をもとにまとめました。

団地リノベーション

50㎡程度のそれほど広くない団地なら、500万円前後からリノベーションが可能です。一方で、広い物件をハイグレードの建材で施工すると、その費用は1,000万円を超える場合もあります。

団地をリノベーションして一人暮らししたいという場合は、1K、1DKで20~30㎡ほどの単身者向けの部屋を改装することもあるでしょう。その場合は、200~350万円が相場になります。

ハイグレード(12~15万円/㎡)のイメージ

どんなケースで平米単価が12~15万円となるのか気になる方もいらっしゃるかと思います。具体的には、以下の3つの要素があると、平米単価が上がる傾向にあります。

  • ハイグレードの水まわり設備を導入した場合
  • 自然素材の床材やハイグレードの壁材を導入した場合
  • 壁面収納などこだわりの造作を採用した場合

■ハイグレードの水まわり設備を導入した場合

使い勝手がよくデザイン性の高いハイグレードの設備や、特注の設備を導入すると、費用は上がります。以下の写真はハイグレードや特注の設備の実例です。これらのレベルの設備を導入すると、費用が上がると考えた方がよいでしょう。

ハイグレード
出典:http://www.balleggs.com/

なお、グレードによって水まわり設備にどのような違いが生じるのかについては、以下の記事で詳しく紹介しています。ぜひご一読ください。(マンションの水回りリフォームについての記事ですが、団地のリフォームも基本的に同じです。)

>>プロが教える!マンションの水まわりリフォーム費用相場

■自然素材の床材やハイグレードの壁材を導入した場合

無垢材など自然素材の床材や、1000番台と呼ばれるハイグレードのクロスを使用すると、施工面積に準じて費用が増えます。

以下のイメージのような空間を実現したい場合は、費用が増えると考えましょう。

自然素材
出典:http://www.balleggs.com/

なお、自然素材の床材やハイグレードの壁紙の詳細を知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

>>費用相場や注意点などマンションのフローリング張替えを完全解説

>>マンションの壁紙張替えにかかる費用をプロが完全解説

■壁面収納などこだわりの造作を採用した場合

壁面収納や造作家具を作ると費用は上がります。以下の写真のようなリフォームをすると費用が上がると考えておきましょう。