【団地のお風呂リフォーム】注意点と費用|ユニットバスへの変更は可能?

お風呂リフォーム団地

団地のお風呂は規約があったり、浴室スペースがユニットバスの規格に合わないことがあったりするため、リフォームが難しいと言われています。とはいえ、古い団地では旧仕様で狭く寒い浴室の場合が多く、お風呂はリフォームしておきたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

団地のお風呂はいくつかの制約があるものの、きちんと段階を踏めばリフォームが可能です。

今回は団地のお風呂のリフォームに関して、注意点やリフォーム内容、費用相場を解説します。リフォームに使える補助金制度や実際のリフォーム事例も紹介するので、ぜひ参考にしてください。


1.団地のお風呂をリフォームする際の注意点

団地のお風呂をリフォームする際は、以下の3つの点に注意が必要です。

  1. 自治体・管理会社への連絡が必要
  2. 壁の撤去ができず、浴室の広さは変更不可
  3. 退去時に撤去が必要になる場合も

1-1.自治体・管理会社への連絡が必要

公営住宅や県営住宅といった団地の場合、リフォームする際は自治体や管理会社への連絡が必要です。団地の利用規約にリフォームに関する記載があるケースも少なくありません。自治体・管理会社への連絡をせずにお風呂のリフォームをすると、規約違反になる場合もあります。

団地のお風呂をリフォームする際は、まず規約の確認や自治体・管理会社からの許可取りを行いましょう。

1-2.壁の撤去ができず、浴室の広さは変更不可

多くの団地では建物強度や構造上の理由から、壁の撤去や間取りの変更はできません。そのため、リフォーム内容は浴槽の交換や壁の塗装など、浴室内でできることに限られます。

団地によって利用規約が異なるので、どの範囲までリフォームできるか事前に確認しておきましょう。

1-3.退去時に撤去が必要になる場合も

団地のお風呂は浴槽や給湯器が設置されておらず、入居時に自分で選んだメーカーの浴槽・給湯器を設置するケースもあります。
その場合、退去時には設置した浴槽や給湯器を撤去しなければならず、撤去費用もかかってしまいます。

こちらも、規約を確認したり自治体・管理会社に問い合わせたりして確認しておきましょう。

その他の団地を購入してリフォームする場合等も含めた、団地リフォームならではの注意点はこちらの記事も参考にしてください。