畳の上にフローリングを敷いても大丈夫?カビ・ダニを防ぐには?

畳の上にフローリング

古くなった和室の畳の上にフローリングを敷いてリフォームを考えられる方も多いでしょう。フローリングマットは、畳の上に敷くだけで簡単にお部屋のイメージを一新できる便利なアイテムです。しかし、湿気が溜まり、カビやダニが発生する懸念もあります。

この記事では、畳の上にフローリングを敷くメリットやデメリット、注意点、費用相場などを解説します。また、フローリングへのリフォームを検討中の方に役立つ施工事例についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


畳の上にフローリングマットを敷くメリット

畳の上にフローリングを敷くメリットは、以下の3つです。

  1. 低価格で手軽に和風から洋風へのリフォームができる
  2. 接着剤が不要で賃貸でも使える
  3. 色や質感のバリエーションが多い

[1]低価格で手軽に和風から洋風へのリフォームができる

畳の上にフローリングマットを敷くメリットとして、お部屋のイメージを手軽に一新できることが挙げられます。

畳の上にフローリングマットを敷くだけなので、DIY初心者の方でも簡単にお部屋の模様替えができます。
フローリングマットの価格は種類やサイズにより異なりますが、畳を剥がしてフローリングに張り替えるのと比べ、コストを抑えられるのもメリットです。

[2]接着剤が不要なので賃貸でも使える

フローリングマットは接着剤を使わず設置できるため、賃貸住宅でも安心して使用できます。
畳の上に敷くフローリングマットは裏面が滑り止めになっているため、はがした後ものり残りがほぼなく、原状回復が可能です。

接着剤を使用しないということは、何度でも繰り返し使えるということです。引っ越し先での再利用も可能。賃貸住宅の和室をおしゃれな洋室へイメージチェンジしたい場合に、フローリングマットはおすすめです。

[3]色や質感のバリエーションが多い

フローリングのバリエーション

フローリングマットは色や質感のバリエーションが豊富で、お部屋のイメージに合わせて選べるのもメリットです。

住宅の中でも、床は大きな面積を占めます。床の色や質感によって、部屋の印象は大きく変化します。
フローリングマットはブラウン、アイボリー、ナチュラルなど色展開が豊富です。お部屋の雰囲気に合わせて色を選べば、まとまりのある空間に仕上がります。マットや光沢感など質感の違いによっても、お部屋の印象を変えられます。

フローリングマットは、床張り替えの施工に比べて安価に思い通りのお部屋を実現することができます。現状回復できるので、賃貸にお住まいの方が床を変えたいときに特におすすめです。
回答