畳をフローリングにリフォームするには?費用と注意点

畳からフローリング

「和室が古臭くて畳だけでも模様替えしたい!」
「畳では立ち座りがしにくくなってきたのでフローリングにしたい!」

など、ライフスタイルの変化により、和室から洋室にリフォームするご家庭が増えています。

建具(障子やふすまや扉など)や壁紙をすべて一新するとかなり費用がかかりますが、畳をフローリングに変えるだけで、費用を抑えつつ印象をガラッと変えることができます。

この記事では、畳をフローリングへのリフォームにかかる費用と基礎知識をご紹介します。ぜひ参考にしてください。


1.畳からフローリングにする方法は?

畳からフローリングにするリフォームには、大きく分けると以下の2つの方法があります。

  1. 張り替え法:畳を剥がして張り替える
  2. 重ね張り法:畳の上からフローリングを張る

「張り替え法」と「重ね張り法」について、メリットやデメリット、リフォーム事例をご紹介します。
それぞれの特徴を知り、自分に合った方法を選びましょう。

1-1①【張り替え法】畳を剥がして張り替える方法

畳を外した床の下地を調整して、フローリングを貼る方法です。6畳程度の広さなら、1日程度でできるリフォームです。

施工風景

出典:https://39reform.com/2021/12/18/%e7%95%b3%e2%9e%a1%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%b8/

メリット・デメリット

畳を剥がしてから新しいフローリングに張り替えると、高さを合わせることができ、仕上がりがきれいです。床の段差も解消されるため、つまずいて転んだり、足をケガしたりなど、室内での転倒防止にもつながります。
また、段差部分や隙間にホコリや汚れが入り込まず、お掃除やお手入れもラクにできます。カビやダニも発生しにくいので、お部屋を清潔な状態で保てるのもメリットです。

ただし、畳の上からフローリングを張るのに比べて、施工費用は高くなります。古い畳を床から剥がしたときの下地の状態によっては、修繕や補強が必要になるケースもあります。

事例

ライフスタイルの変化やお部屋の老朽化が目立ち始めたのをきっかけに、畳を剥がして新しいフローリングに張り替えた方の施工事例をご紹介します。

事例1 子どもの誕生に合わせて畳からフローリングへ

※横にスクロールできます

事例1-1
事例1-2

2人目のお子さまのご誕生に向けて、