フローリングの種類を徹底解説|自分好みのフローリングを選ぼう!

フローリング種類

「フローリングにはどんな種類があるの?」

「それぞれの特徴や違いを知ったうえでフローリングを選びたい」

新築やリフォームに際して、このようにお悩みではないでしょうか?

フローリング材は大きく分けて無垢フローリングと合板(複合)フローリングの2種類があります。さらに木材の種類や幅、張り方などによって、仕上がりの印象が大きく変わることが特徴です。

フローリングは、一度張り替えると長期間そのまま過ごすことになります。「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、種類や特徴をできるだけ詳しく把握し、納得したうえで選びたいですよね。

そこで今回は、自分好みのフローリングを選べるようになるために、フローリング材の種類について、材質や使用される木材の種類、選び方などさまざまな観点から詳しく解説していきます。フローリングのリフォームにかかる費用の目安もご紹介しますので、ご参考にしてください。


1.フローリングの種類によって印象はこんなに変わる! 

フローリングは以下の要素ごとにいろいろな種類があり、どれを選ぶかで印象が大きく変わります。

  •  材質
  •  幅
  •  木材(色・木目)
  •  張り方

それぞれどのような見た目になるのか見てみましょう。

1-1.「材質」の種類 

フローリングは使われている材質により、「無垢フローリング」と「合板フローリング」の2種類に分かれます。無垢フローリングは、無垢材を板状に加工したものです。天然木100%でできているので、ナチュラルで暖かな雰囲気を演出できます。

▼無垢フローリング

無垢フローリング

無垢フローリング

一方合板フローリングは、合板や集成材などを基材とした上に、薄くスライスした天然木や木目が印刷されたシートを化粧材として張り合わせて作られます。

▼合板フローリング

合板フローリング

合板フローリング

写真からも分かるように、とくに天然木を化粧材にしているタイプは、見た目的には無垢材と変わらないものも少なくありません。シートタイプについても、近年の印刷技術の向上で、天然木を使用したタイプと並べても遜色ないものが増えています。ただし製品によっては、若干見劣りするものもあります。

無垢フローリングと合板フローリングの特徴や違いは、次章で詳しくご紹介します。

1-2.「幅」の種類 

フローリング材の幅も時代とともに変化を続け、最近は以前より幅が広いフローリングが出てきています。

無垢フローリングでは60mm〜110mm、合板フローリングなら75mm〜303mmと、さまざまな幅の選択肢があります。一般的な幅は、75mm〜90mmといわれています。

▼フローリングの幅による印象の違い  

 幅の広いフローリング

幅の細いフローリング

引用:https://www.lixil.co.jp

基本的には幅が広いフローリ