外壁を張り替えする人が読むべき費用や手順、メリットを解説

「外壁は塗装と張り替えどちらが適しているのか?」

こんな悩みを抱える人も多いでしょう。塗装リフォームに比べて外壁の張り替えには以下のようなメリットとデメリットがあります。

張り替えのメリット張り替えのデメリット
塗装では対処できない劣化を修復できる塗装より費用が高く工事期間が長い

張り替えリフォームは塗装では対処できない重度の劣化を修復できる一方で、費用が高く工事期間が長いです。

必要もないのに外壁の張り替えをしてしまうとお金が無駄になるだけですので、知識を得てあなたの家の外壁に最適なリフォーム方法を見つけましょう。


1.外壁を張り替えるための確認事項

図面

あなたの家の外壁に張り替えが必要なのか、塗装で済むのかといった基準は劣化具合によって決まります。

劣化状況を確認して他の方法で対処できないかをまずは検討していきましょう。

1-1.張り替えが必要かどうかを外壁の劣化状況から確認する

外壁の劣化状況としては以下があります。深刻度1〜2であれば塗装リフォームで十分に対処が可能です。

深刻度3の場合は外壁の張り替えが適していることがあります。

症状深刻度症状の説明
カビ・コケ・藻
壁のカビ・コケ・藻
1・外壁の表面にカビなどが発生していますが見た目に比べて被害は少ないです。
・長期間放置することで悪影響はありますが、デザイン性を気にしないのであれば今すぐ修繕が必要という状況ではありません。
・長期間放置することで悪影響はありますが、デザイン性を気にしないのであれば今すぐ修繕が必要という状況ではありません。
色あせ
色あせている壁
1・塗装した塗料の色が薄くなったりツヤが失われてきた状態です。
・外壁を保護するという塗料の機能が失われてきていますのでリフォームを検討する目安となります。
チョーキング
チョーキング
2・外壁をさわったときに粉がつくような状態です。
・塗料が完全に機能を失っていますので外壁の下地が見える前にリフォームをしましょう。
塗膜の剥離
塗膜の剥離している壁
2