外壁カバー工法が適する場合は?費用・メリットデメリットも

タイトル画像出典:http://www.8044.co.jp/gallery/142

「外壁の所どころにヒビが・・・」
「外壁がカビやコケで黒ずんでいる・・・」
「外壁の塗装が剥げてしまっている・・・」

このような外壁は、カバー工法という方法でリフォームをするのがいいかもしれません。

今の外壁の上に新しい外壁材を被せる「カバー工法(重ね張り)」は、「張り替え」に比べ費用が安く、手間をかけずに家の外観を一新できますさらに、新しい外壁材を貼るので、「塗装」に比べ耐久性も上がります。

ただし、あなたの家の外壁をリフォームする方法として、カバー工法が適切かどうか?は慎重に判断する必要があります。

この記事は、外壁のカバー工法について、メリット・デメリット、費用、工事期間、業者の探し方などを解説するとともに、あなたが外壁をカバー工法でリフォームするべきかどうか、判断するお役に立てるはずです。


1.外壁におけるカバー工法とは

カバー工法とは、既存の外壁に新たな素材を「重ね張り」する工事方法です。

古くなったサイディングやモルタル、ALCなどの外壁で使える工法で、外壁のデザインを一新できます。

カバー工法に使うサイディング材は、主に軽量な金属サイディングが使われます。これは、建物の重量増加によって耐震性が低下するのを防ぐためです。

外壁カバー工法の施工事例①

外壁カバー工法の例①

外壁カバー工法の施工事例②

外壁カバー工法の例②

出典:https://freshhouse.co.jp/case/15711/?costed=&author=&regions[]=outerwall
出典:http://www.8044.co.jp/gallery/142