外壁で行うカバー工法の種類やメリット、費用を徹底解説!

「外壁のカバー工法ってどんなメリットがあるの?」
「カバー工法にかかる費用を知りたい」
こういった疑問を持っている人は多いでしょう。

この記事では、外壁におけるカバー工法について以下の内容を紹介します。

  • 外壁のカバー工法とはどんな工事なのか?
  • カバー工法のメリットとデメリット
  • 外壁のカバー工法に使える素材の種類
  • カバー工法にかかる費用の目安

カバー工法の知識を覚えておけば、外壁リフォームを安く行える可能性があります。自宅に適した工法かどうかを確認してみましょう。

 

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.外壁におけるカバー工法とはどんな工事?

カバー工法とは、既存の外壁に新たな素材を重ね張りする工事方法です。サイディングやモルタルの外壁で使える工法で、外壁のデザインを一新できるでしょう。

外壁リフォームは他に「塗装」と「張替え」があります。「塗装」は、既存の外壁に塗料を塗る工事です。外壁の劣化が少ない場合に適しています。

また「カバー工法」は、塗装と張替えの中間に位置する工事方法です。塗装よりはひどい劣化に対応できますが、外壁内部がボロボロだと張替えが必要なケースもあります。

そして「張替え」は、現在の外壁素材を剥がして新しい材料を張り直す工事です。外壁素材がひどく割れていて雨漏りのおそれがあるなど、カバー工法でも対処できない劣化に対応しています。

張替えが必要かどうかは業者に判断してもらわなければわかりません。工事方法を検討する際は、外壁工事業者を呼んで自宅の劣化状況を調べてもらいましょう。

 

2.外壁をカバー工法で行うメリットとデメリット

外壁リフォームをカバー工法で行うメリットとデメリットには以下があります。

上記は張替えと比較した際の、カバー工法の特徴です。以下で、具体的なメリットとデメリットを確認してみましょう。

2-1.外壁をカバー工法で行うメリット

外壁をカバー工法で行う場合、張替えよりもリフォーム価格が安くなります。具体的な金額としては20万円程度の差です。

張替えとカバー工法で費用に差が生まれる要因は、既存外壁の撤去作業があるかどうかです。張替えは既存外壁を剥がして新しい素材を張り直すためカバー工法より高くなるでしょう。

また、カバー工法の大きなメリットとして工事期間の短さがあげられるでしょう。外壁塗装、カバー工法、張替えにおける工事期間の目安は以下となります。

  • 外壁塗装 12〜15日
  • カバー工法 10〜14日
  • 張替え 12〜17日

外壁のリフォーム工事で最も工期が短いのがカバー工法です。

さらに、カバー工法は他のリフォーム方法に比べて断熱性と遮音性に優れています。カバー工法では既存外壁に加えて外壁素材を張るため塗装や張替えよりも厚みがあり、熱や音を通しにくくするのです。

  • 塗装では工事ができないけれど費用を抑えたい
  • 工期を短縮したい
  • 保温や防音を重視したい

こういった人にはカバー工法が適しているでしょう。

2-2.外壁をカバー工法で行うデメリット

カバー工法で行えない外壁があることはデメリットにあげられます。外壁の表面的なひび割れや破損程度ならカバー工法でも対処が可能です。

しかし、外壁内部の腐食が進んでいたり既存外壁の寿命により強度が確保できなかったりする場合は張替え工事が必要です。

カバー工法が可能かどうかの判断は素人には出来ません。工事をする前に業者に調べてもらいましょう。

また、カバー工法の大きなデメリットとして、使える外壁素材が限られるというものがあります。既存外壁に新しい素材を張るため、カバー工法では重い外壁素材を張ることができません。

軽量の素材は多くが金属サイディングに限られるため、デザイン性が低下するおそれがあるでしょう。

外壁が重くなる点もカバー工法のデメリットです。どれほど軽い金属サイディングを利用したとしても、現在より外壁の重さが増すことは間違いありません。外壁の重量が増すと耐震性が低下し、地震の際に破損しやすくなります。

金属サイディングを使いたくない人や、耐震性が心配な人はカバー工法は向いていないでしょう。

カバー工法を利用する際は、上記のデメリットを把握し、メリットと比較して納得してから選んでください。

 

3.外壁のカバー工法に使える素材の種類

外壁のカバー工法で使えるサイディングには2種類があります。

  1. 窯業系サイディング
  2. 金属系サイディング

既存の外壁が重い場合は、カバー工法では金属系サイディングしか使えないケースがあります。それぞれ以下の特徴があります。

3-1.窯業系サイディング

窯業系サイディングとは、セメントを主原料とした外壁素材です。

デザインや色が豊富で、サイディングのなかで最も多様性があると考えられます。また、火に強い素材のため火災の際には燃えにくい特徴があります。

一方、窯業系サイディングはセメントで作られているため塗装をしないと水に弱いデメリットがあります。外壁に使う際には工事現場か出荷工場で塗装をしなくてはいけません。

窯業系サイディングのもうひとつのデメリットとして、熱がこもりやすい点があります。夏は室内が高温となりやすいため、快適な生活をしたい人だと窯業系サイディングは向いていないでしょう。

3-2.金属系サイディング

断熱材の表面に金属メッキを張り付けた素材が金属サイディングです。非常に軽量で耐震性が高く、カバー工法に最も適した外壁素材だと考えられます。

また、素材の大半が断熱材のため、断熱性に優れており室内を快適な温度に保ちやすくなるでしょう。

金属系サイディングのデメリットは、キズがつきやすい点と、錆びやすいことです。表面が金属で作られているためキズに弱く、海岸部などでは塩害により錆びやすいデメリットがあります。

金属系サイディングは、カバー工法で一般的に使われている外壁素材です。デザイン性にこだわりながいのであれば、カバー工法では金属系サイディングを選ぶとよいでしょう。

 

4.外壁をカバー工法で工事する際の費用相場

外壁のカバー工法にかかる費用の目安は30坪程度の住宅で180〜240万円程度です。ただし、住宅の構造や使う材料によって価格は変動するでしょう。

4-1.カバー工法に必要な費用の目安

上記は窯業系サイディングを利用した場合の価格です。金属系サイディングを使う場合は材料費が5万円ほど増えるでしょう。

カバー工法にかかる費用の内訳としては、

  • 足場設置 15〜20万円
  • シート養生 8〜12万円
  • 防水シート 4〜6万円
  • 下地設置 20〜25万円
  • 水切り設置 5〜7万円
  • サイディング材 55〜70万円
  • 重ね張り作業 30〜45万円
  • シーリング 25〜35万円

この他に「諸経費」といった細かい費用が必要です。上記は一例でしかありません。業者によって工事内容や価格は変動するでしょう。

4-2.カバー工法の費用を抑えるポイント

外壁のカバー工法で費用を抑える方法には「安い素材を使う 」、「優良業者に依頼する」の2つがあります。

安い素材を使う

金属系サイディングに比べて窯業系サイディングのほうが安価なケースが多いです。ただし、窯業系サイディングでも高価な素材は多いため、費用を抑えたい人は「可能なかぎり安い素材を使いたい」と業者に伝えるとよいでしょう。

優良業者に依頼する

悪徳業者に騙されてしまうと高額な工事費用を請求されます。このため、優良業者を見抜けなければ無駄に支払う羽目になるでしょう。

優良業者の見抜きかたとして「相見積もり」があります。見積もりを比較することで自宅に適した費用が把握できるため、最適な工事業者を選べるでしょう。

相見積もりの際には、極端に安いあるいは高い業者は避けてください。相場から大きく外れた金額を提示してくる業者は、手抜き工事をしたり詐欺を目的としていたりする可能性があります。

「1社ずつ見積もりを比較するのが面倒」という場合は、リフォームガイドを利用するのもよいでしょう。また、審査を通過した優良な業者のみが選べます。その中からお客様のお住まいや要望に合った業者をピックアップし、同時に複数社から見積もりを取ることができますので、ぜひ活用してみましょう。

 

(ご参考)リフォームガイドのご案内

ここでは、紹介サイトの一つである弊社リフォームガイドについてご紹介致します。リフォームガイドでは、皆さまのリフォ―ム内容や趣向に合わせてピッタリのリフォ―ム会社をまとめて紹介できます。

リフォームガイド:無料見積の申し込みはこちらから(登録はたったの2分)
電話番号:0120-395-120
営業時間:9:00~18:00

 

5.まとめ

外壁のカバー工法は、張替えに比べて「費用が安い」「工事期間が短い」「断熱性と遮音性が高い」というメリットがあります。

一方で、「利用できる材料がかぎられる」「劣化が激しい外壁には使えない」「外壁の耐震性が低下する」といったデメリットがあることも把握しておきましょう。

カバー工法にかかる費用は180〜240万円程度です。費用を安くするためには、価格が安い材料を使ったり、優良業者に依頼したりする必要があります。

リフォームが必要なのは外壁だけではありません。屋根のリフォームも検討している場合は、屋根のメンテナンス費用から工事が必要な時期までチェック!」も確認しておきましょう。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

※個人情報は一切公開されません

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。