外壁のコケができる原因や対策、完全に除去する掃除方法とは

外壁のコケができる原因や対策、完全に除去する掃除方法とは

「外壁のコケが邪魔なので除去方法を知りたい」
「コケを除去するための費用はどのくらいなのか」
こういった疑問を持っている人は多いでしょう。

この記事では、外壁のコケを除去する方法や予防法を紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 外壁がコケで汚くなる原因
  • 外壁のコケを除去や洗浄する方法
  • コケを除去する際の費用の目安
  • コケを除去する際の注意点
  • 外壁にコケができにくくするための予防法

コケは放置すると外壁を侵食します。除去や予防法を知って、外壁を衛生的に保ちましょう。


1.外壁がコケで汚くなる原因

外壁にコケが生える原因には以下の5つがあります。

  1. 湿気が溜まりやすい
  2. コケが目立つ外壁の色をしている
  3. 自然に囲まれている
  4. 外壁に凹凸が多い
  5. 外壁の塗装が劣化している

原因を知らないと、除去をしてもすぐにコケが生えてしまいます。まずはコケが生える原因を特定しましょう。

1-1.湿気が溜まりやすい

外壁で太陽光が当たりにくい北側は湿気が溜まりやすくなります。コケが育つためには光と湿気が必要です。

コケはジメジメした場所で育ちやすい性質があるため、外壁の北側は1年おきに目視で確認するとよいでしょう。

1-2.コケが目立つ外壁の色をしている

白や黒の外壁はコケが目立ちやすいです。年月が経過すれば外壁は劣化するため、コケが生えるのを完全に防止することはできません。

そのため、コケが目立たない外壁の色にすることで対策が可能です。

1-3.自然に囲まれている

コケは、胞子が外壁に付着することで繁殖します。
胞子は自然が近い環境であるほど多く発生するため、山に囲まれている地域だと都会に比べてコケが生えやすくなります。

1-4.外壁に凹凸が多い

外壁に凹凸が多いと水が溜まりやすくなります。このため湿気が多くなりコケが繁殖するでしょう。
一方で、凹凸がない平らな表面であればコケの繁殖を抑えることができます。

1-5.外壁の塗装が劣化している

湿気があって凹凸が多い外壁であっても、塗装が完璧ならコケはほとんど繁殖しません。
しかし、塗装は年月の経過とともに劣化していきます。
劣化するとコケに対する保護機能が低下してしまい繁殖するでしょう。