外壁汚れを防止する8つの対策と洗浄方法をわかりやすく解説

1-10.太陽光発電パネル設置の際にできた穴

「外壁の汚れって何があるの?」

「外壁の汚れ防止策を知りたい」

こういった疑問を持ってはいませんか。この記事では、外壁で起こる汚れの症状と、予防策を紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 外壁で起こる劣化症状
  • 外壁の汚れを防止する8つの対策

上記を知っておけば、外壁の汚れに対して適切な処置を施せるようになるでしょう。


1.外壁の汚れ防止のためには起こる劣化症状を知ろう

外壁に起こる汚れや劣化症状には以下があります。

  1. カビ・コケ
  2. 水垢
  3. 土埃
  4. 錆び
  5. 塗膜の劣化
  6. シーリング部の変色

外壁の汚れは、劣化状態によって対処法が異なるため、どんな症状かを先に把握しておかなければいけません。

汚れを落とすには外壁の洗浄が有効だと考えがちですが、シーリング部の変色や錆びの場合は逆効果となることもあるでしょう。

それぞれの症状を以下では具体的に解説していきます。

1-1.カビ・コケ

カビやコケの原因は、胞子が飛んできて外壁に根を張ることです。

湿気が多く光があたりにくい場所で発生しやすい劣化症状です。

カビやコケを放置すると外壁の見栄えが悪くなるほか、内部まで根を張って除去が難しくなるでしょう。

1-2.水垢

外壁を雨が流れたあとに白や黒の線が残るのが水垢です。

窓枠や換気扇などの下部で主に発生します。

放置しても見栄えが悪い以外の問題はほとんどありませんが、外壁に汚れが染み込むと除去が難しくなるでしょう。

1-3.土埃