外壁の汚れやカビを掃除して綺麗な住宅を維持する方法とは?

「外壁は掃除する必要があるの?」
「どうやって外壁を掃除すればいいのか」このような疑問をいだいてはいませんか。

外壁は放置するとカビやコケが生えてきて見栄えが悪くなります。汚れが外壁素材の劣化を引き起こすこともあるでしょう。

この記事では、外壁の掃除をする必要性や、手入れの方法について紹介します。読むことで、綺麗な外壁を維持して気分よく生活ができるでしょう。


1.外壁を掃除する必要性と効果

見栄えが気にならないのなら外壁は掃除しなくてもいいのでは、と考える人もいるでしょう。しかし、外壁を掃除することには見栄え以外にも大きな意味があります。

1-1.外壁を掃除する必要性

外壁を掃除する理由は以下の2つです。

  1. 汚れを放置すると外壁が劣化する危険性がある
  2. 見栄えが悪くなる

汚れがつくと性能が低下する外壁があります。太陽光を遮断する遮熱塗料や、光触媒塗料が最たる例でしょう。これらは汚れが付着すると機能が低下してしまいます。

一般的な塗料であっても、カビやコケが付着して長く放置すると下地が劣化するおそれがあります。

定期的に掃除をすることは外壁を保護する上で重要なのです。また、汚れを放置すると見栄えが悪くなるというデメリットもあります。

1-2.外壁を掃除して得られる効果

外壁を掃除すると「放置するよりも建物の寿命が延びる 」、「見栄えが良くなる」という2つの効果があります。

特に、外壁が破損している場合に効果が高いです。破損した部位にカビが生えると侵食が進み、下地を劣化させる可能性があります。毎日掃除をする必要はありませんが、数年に1度は外壁を掃除するとよいでしょう。

長期間放置した汚れは掃除をしても落としにくくなります。気になる汚れが見つかったときや、数年に一度は掃除をすることで、汚れを落とす手間も少なくなるでしょう。 


2.外壁を洗浄する方法を解説!

外壁を洗浄する方法は主に3種類です。それぞれのメリットやデメリットを解説していきましょう。

2-1.ブラシで洗浄

ブラシを購入して自分で清掃します。

メリットは「費用が安い」ことです。デメリットは「手間がかかる」、「汚れが十分に落とせない」 ことです。

カビやコケを十分に落とせないと根が外壁に残ってしまい、短期間で再発するおそれがあります。他にも、高い場所の汚れをブラシだけで落とすことは難しいという欠点もあります。