外壁塗装の耐用年数について知っておきたい5つの事実

外壁塗装の耐用年数

外壁塗装をした場合、耐用年数はどの程度だろうか?

外壁塗装を行う適切なタイミングはいつ?

などと気になる方も多いのではないでしょうか。

ここでは塗料によって耐用年数がどの程度違うのか、また家の状況によって外壁塗装をすべきタイミングをどう判断すればよいか、5つの観点に分けて順にご説明してまいります。

>>実際の見積もりから算出した外壁塗装・外壁リフォームの費用相場をチェック!


1.外壁塗装の耐用年数と塗料の関係

外壁塗装が何年くらいもつのかは、塗った塗料の耐用年数によって決まってきます

下の図が塗料別の耐用年数となります。

最も耐用年数の短いアクリル系の塗料で4年~7年程度、最も耐用年数の長いフッ素系塗料で12年~18年程度となります。

耐用年数
耐用年数に幅があるのは、同じ種別の塗料でもメーカーによって違いがあるのと、塗装の方法や外壁の状態によっても異なるためです。

外壁に痛みがない状態で、丁寧な塗装を行えば平均的な耐用年数以上もちますし、逆に傷んだ壁に十分な補修をせずに塗装を行った場合は平均的な耐用年数以下しかもたなくなってしまいます。