外壁塗装は必要ないと考えている人へ、放置する場合のシミュレーション

外壁塗装放置

外壁塗装が必要でないケースもありますが、ほとんどの外壁は塗装が必要です。塗装をしない場合には、防水性が低下し、長年放置すると大規模な修繕が必要になってしまうためです。

この記事では、
「外壁塗装は必要ないんでしょ?」という疑問にマルッとお答えし、
「塗装せずに放置したらどうなるの?」に対してシミュレーションをご紹介します。

さらに、外壁塗装が本当に必要なタイミングはいつなのかも解説します。

外壁塗装をしないリスクを知った上で、必要性を正しく理解し、適切なタイミングで塗装をする参考にしてみてください。

外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
記事を読む

1.見た目だけじゃない!外壁塗装が必要な4つの理由

まず、なぜ外壁塗装を行う必要があるのでしょうか?

そもそも外壁塗装は、見た目を良くするために行うと思っている方も多いです。実は、見た目のためにではないという理由を4つご紹介いたします。

①外壁材に防水機能が無いため

意外かもしれませんが、外壁材は一般的に防水機能が無く、そのままでは雨水を吸い込んでしまい、どんどん腐食していってしまいます。

外壁の主成分はセメントや繊維質でできており、これ自体に防水の性質はないため、塗装によって防水機能を与えているのです。

例えば、車の塗装を考えてみましょう。車は、鉄板でボディが形成されていますが、鉄は水に弱いです。そのままでは雨水によって錆びてしまうため、塗装が施されています。

外壁塗装も同じように、そもそも塗装をしなければ、すぐに朽ちていってしまうのです。

②お家を長持ちさせるため

屋根や外壁といった外側の部材は、雨水の内部侵入を防いでくれています。

ですが①でお伝えしたように、塗料が劣化し外壁の防水機能が低下したにも関わらず放っておくと、最終的には家の内部まで雨水が侵入することになります。

雨水の内部侵入(いわゆる雨漏り)が起きてしまった場合、カビの発生、木材の腐食、シロアリ被害に遭ってしまう可能性があります。

家の内部が劣化してしまうと、耐震性、耐久性の低下を招き、お家の寿命が短くなってしまいます。外装材が長持ちすることは、お家が長持ちすることに関係しているのです。

③メンテナンス費用を抑えるため

外壁塗装は、外壁が壊れる前に行うもので、定期的な塗装は、メンテナンスコストを抑えることにつながります。

もし外壁がひび割れや反りといった劣化により交換が必要で、内部腐食も進んでしまった場合は、下記のような費用が外壁塗装にプラスしてかかります。

【外壁塗装をしなかった場合、将来追加でかかる費用の例】
外壁塗装120万円
+外壁材一部交換40万円
+内部補修25万円
合計185万円〜

外壁塗装のみであれば、120万円の出費だったところ、185万円以上がかかってしまうことになります。

つまり、外壁塗装を定期的に行うことは、余計な修繕費用をかけることなく、将来的なメンテナンスコストを抑えてくれます。

④資産価値を維持するため

定期的な塗装メンテナンスを行なっている場合、建物を良い状態で維持できます。資産として価値を維持するためにも、外壁塗装は非常に有効です。

もし物件の売却が必要になった際、建物の劣化が著しいと、更地にして売るという選択肢しか取れなくなってしまいます。

タイル・レンガの外壁は塗装の必要なし

外壁材の中には、塗装が基本的には必要のないものもあります。
それは、

  • タイル
  • レンガ

といった外壁材になります。

これらの外壁材は、防水性能があり、塗装を行わなくても耐久性が維持でき、雨漏りの心配もほとんどありません。美観を維持するために、タイル・レンガ専用の塗料もありますが、防水性という観点では塗装は必要ありません。


2.外壁塗装が必要ないケース

「外壁塗装をしていない家もあるし、本当は要らないんでしょ?」と考えている方のために、外壁塗装をしないケースについてお伝えいたします。

それは、前述した外壁塗装が必要な理由に該当しない方です。

  • お家を長持ちさせなくて良い
  • メンテナンス費用が余計にかかることを気にしない
  • 資産価値(建物の価値)もゼロになって良い