外壁塗装の種類~最低限知っておくべき費用や特徴について~

外壁塗装の種類を徹底解説

「外壁の塗装っていってもどんな種類があるんだろう」
「どの種類のものを選んでいいのか分からない」

このような悩み解決いたします。

外壁の塗装といっても実はみなさんが知らない種類のものがたくさんあるんです。ここでは外壁の種類の特徴をはじめ、費用や選ぶ際の注意点をお話しします。

ぜひ参考にしてくださいね。

>>実際の見積もりから算出した外壁塗装・外壁リフォームの費用相場をチェック!


1.外壁の塗装の種類について

外壁の塗装の種類について

先ほども言いましたが外壁の塗装には様々な種類があります。

一般の方にはあまり知られてないことですが、これらのことを知っているとリフォームする際に思い通りにリフォームを進められます。そのために必要な最低限のことをこれからお話ししますね。

1-1.塗料の種類・特徴

耐用年数が長いものほど費用は高くなり、耐用年数が短いものほど費用が安くなる傾向があります。費用に関しては次の章をお読みください。

アクリル、ウレタン塗料は最近あまり流行っておらず、シリコン塗料が主流になっています。塗料の種類・耐用年数・特徴を以下の表にまとめたのでご覧ください。

塗料の種類・耐用年数・特徴

それぞれの塗料について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

>>アクリル塗料
>>ウレタン塗料
>>シリコン塗料
>>フッ素塗料
>>ラジカル塗料
>>セラミック塗料(遮・断熱塗料)
>>光触媒塗料

1-2.水性塗料と油性塗料

外壁に使われる塗料には、水性塗料(水を使って薄める)と油性塗料(シンナーを使って薄める)の2種類があります。2つの塗料の違いをまとめました。

水性塗料と油性塗料

扱いやすさ:油性は保管時に注意が必要です。
価格:水性塗料はリーズナブルですが、油性塗料の場合は高くなります。
耐久性:耐久性において油性塗料のほうが優れていること間違いなしです。
臭わない:臭いが強いと工事前に近隣の方に言っておく必要があります。
光沢:油性は塗料の密着度が良いです。
環境面:油性はシックハウス症候群の原因とされているVOCが含まれます。

どちらがいいかハッキリとはないですが、油性塗料は耐久性が良く密着性も高いです。しかし、最近は水性塗料も耐久性が良くなっており以前よりも使われています。それぞれの長所と短所を把握した上で検討しましょう。

1-3. 1液型と2液型

ここまで塗料の種類や水性・油性塗料があるお話をしました。先ほどの水性・油性塗料からまたさらに細分化したのが1液型と2液型です。

  • 1液型(1つの液だけでそのまま使用できる)
  • 2液型(主剤と硬化剤という2種類の液を混ぜて使う)

2つの方法があります。以下の表をご覧ください。

1液型・2液型のメリットデメリット 

1液型・2液型のメリットデメリット

2液は機能性には優れていますが価格が高いという特徴があります。一方、一液は価格が安く素人にも扱いやすいですが耐久性が低く使用用途も狭いです。

どちらが良いというのは一概には言えませんが、最近は1液でも耐久性が良いものが増えています。

1-4.塗料の艶あり・なし

塗料の艶あり・なし

塗料には、艶なし・3分艶・5分艶・7分艶・艶ありの5種類があります。

外壁を塗り替える際に業者に相談すると、艶あり・なしにするかは好みの問題と言われることが多いので結局どれがいいのか…となってしまいます。艶のタイプについて詳しく説明いたします。

艶あり・なしのメリットデメリット

艶あり・なしのメリットデメリット

この表をみると、艶なしより艶ありのほうが機能性に優れていることがわかります。 ただ、100%艶ありだと上品さにかけるので5分艶・7分艶ぐらいがオススメです。和風住宅にお住いの方は艶なしを選ばれることが多いです。