外壁塗装の種類~最低限知っておくべき費用や特徴について~

アイキャッチ

「外壁の塗装っていってもどんな種類があるんだろう」
「どの種類のものを選んでいいのか分からない」

このような悩み解決いたします。

外壁の塗装といっても実はみなさんが知らない種類のものがたくさんあるんです。ここでは外壁の種類の特徴をはじめ、費用や選ぶ際の注意点をお話しします。

ぜひ参考にしてくださいね。

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.外壁の塗装の種類について

外壁の塗装の種類について

先ほども言いましたが外壁の塗装には様々な種類があります。

一般の方にはあまり知られてないことですが、これらのことを知っているとリフォームする際に思い通りにリフォームを進められます。そのために必要な最低限のことをこれからお話ししますね。

1-1.塗料の種類・特徴

耐用年数が長いものほど費用は高くなり、耐用年数が短いものほど費用が安くなる傾向があります。費用に関しては次の章をお読みください。

アクリル、ウレタン塗料は最近あまり流行っておらず、シリコン塗料が主流になっています。塗料の種類・耐用年数・特徴を以下の表にまとめたのでご覧ください。

塗料の種類・耐用年数・特徴

1-2.水性塗料と油性塗料

外壁に使われる塗料には、水性塗料(水を使って薄める)と油性塗料(シンナーを使って薄める)の2種類があります。2つの塗料の違いをまとめました。

水性塗料と油性塗料

扱いやすさ:油性は保管時に注意が必要です。
価格:水性塗料はリーズナブルですが、油性塗料の場合は高くなります。
耐久性:耐久性において油性塗料のほうが優れていること間違いなしです。
臭わない:臭いが強いと工事前に近隣の方に言っておく必要があります。
光沢:油性は塗料の密着度が良いです。
環境面:油性はシックハウス症候群の原因とされているVOCが含まれます。

どちらがいいかハッキリとはないですが、油性塗料は耐久性が良く密着性も高いです。しかし、最近は水性塗料も耐久性が良くなっており以前よりも使われています。それぞれの長所と短所を把握した上で検討しましょう。

1-3. 1液型と2液型

ここまで塗料の種類や水性・油性塗料があるお話をしました。先ほどの水性・油性塗料からまたさらに細分化したのが1液型と2液型です。

  • 1液型(1つの液だけでそのまま使用できる)
  • 2液型(主剤と硬化剤という2種類の液を混ぜて使う)

2つの方法があります。以下の表をご覧ください。

1液型・2液型のメリットデメリット 

1液型・2液型のメリットデメリット

2液は機能性には優れていますが価格が高いという特徴があります。一方、一液は価格が安く素人にも扱いやすいですが耐久性が低く使用用途も狭いです。

どちらが良いというのは一概には言えませんが、最近は1液でも耐久性が良いものが増えています。

1-4.塗料の艶あり・なし

塗料の艶あり・なし

塗料には、艶なし・3分艶・5分艶・7分艶・艶ありの5種類があります。

外壁を塗り替える際に業者に相談すると、艶あり・なしにするかは好みの問題と言われることが多いので結局どれがいいのか…となってしまいます。艶のタイプについて詳しく説明いたします。

艶あり・なしのメリットデメリット

艶あり・なしのメリットデメリット

この表をみると、艶なしより艶ありのほうが機能性に優れていることがわかります。 ただ、100%艶ありだと上品さにかけるので5分艶・7分艶ぐらいがオススメです。和風住宅にお住いの方は艶なしを選ばれることが多いです。

 

2.外壁塗装の費用について

外壁塗装の費用について

外壁の塗装の種類もそうですが、やっぱり気になるのは費用ですよね。

1章で耐用年数が長いものほど費用が高いというお話をしました。そこで以下の表を見るとその理由がわかります。

外壁リフォームは高額な買い物なので、費用対効果を考えながら決めましょう。

費用の目安

費用の目安

※目安での費用なので業者によって変わることがあります

 

3.外壁塗装リフォームを失敗しないために

ここまでで外壁塗装の塗料の種類、費用について大まかなイメージはついたと思います。最後にこの章では外壁塗装リフォ―ムを行なう際の注意点についてお話しします。リフォ―ム業者を探す前や後に確認してくださいね。

3-1.相見積もりを2社、3社から取る

2、3社から相見積もりを取る

これはどのリフォームでも言えることですが、2、3社から見積りを取ると業者や金額の比較ができます。

早くリフォームをしたいからといって1社しか見積もりを取らない方がたまにいますがそういう場合は高確率で失敗してしまうので、2、3社以上から見積もりを取ってしっかりとした比較をしましょう。

3-2.塗り替えサイクルをどうするか決めておく

塗り替えサイクルをどうするか決めておく

気軽に外壁の色を変えてイメージチェンジしたい、と思う方でしたらアクリル塗料などが安くおすすめですが、とにかく耐久性を重視したいのでしたら費用は高くなりますがシリコン・フッ素などが良いです。

また何年その家に住むのか、も考えればよりイメージが付きやすいです。例えば10年以上住む予定の人は15~20年ほど持つ塗料を選ぶことが大事になってきます。

トータルコストで考えることも重要です。

 

4.まとめ

いかがでしたか?この記事を読む前よりは外壁塗装の種類について理解できたのではないでしょうか。外壁リフォームは高額になりがちですが、今後も快適な暮らしをするためには欠かせないものです。みなさんが少しでも良いリフォームが出来たら幸いです。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

※個人情報は一切公開されません

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。