14畳の壁紙リフォームの費用をクロスの種類別に解説!

  • 14畳の壁紙クロスのリフォームには、いくらかかるのだろう?
  • 相場としてはどれくらいなのだろう?
  • 素材が変わったら、お金もかかるのかな?

というように思っている人は多いでしょう。たしかに、経験したことがないと予想もつかないですよね。

今回は、14畳の壁紙の張り替えについて、このような内容を解説します。

  • 14畳の壁紙クロスをリフォームする場合の費用・相場
  • 素材ごとの費用や特徴
  • 壁紙クロスをリフォームするタイミング

本記事を読めば、14畳で壁紙クロスをリフォームする場合のビジョンははっきりと見えてくるはずです。もちろん14畳以外でリフォームする場合にも、参考となるでしょう。

リフォームガイドが実際の見積もりを集計して算出した、壁紙リフォームの費用相場はこちらからご覧いただけます。
>>データで見るクロスリフォームの費用と相場


1.14畳の壁紙リフォームの相場感

まず最初に壁紙リフォームの一般的な相場を詳しく解説していきます。

1-1.50万円くらいを見積もろう

14畳の壁紙クロスをリフォームするなら、費用としては50万円ほどかかります。
「意外とかかるな」と思った人もいるかもしれません。

ただし、これはあくまでも平均的ケースでの見積もりです。グレードを落とすなどの工夫で、もう少し安くおさえられるケースもあります。50万円程度は見積もりつつも、必要に応じて壁紙クロスのリフォーム内容を調整するとよいでしょう。

1-2.相場は1㎡あたり約1,000円

壁紙クロスのリフォームにおける相場は、1㎡あたり1,000円ほどとなっています。
14畳を平方メートルに置き換えると、およそ25㎡。
つまり材料費だけで言えば、およそ250,000円程度かかるというわけです。

繰り返しますが、これがあくまでも相場価格であって、いくらでも変動する部分はあります。
先ほど触れた壁紙クロスのグレードや種類次第では、これより安く、あるいは高くなるかもしれません。

1-3.14畳の壁紙リフォームには他の費用もかかる

14畳の壁紙リフォームを実施する場合、材料費以外に、他にも費用がかかります。

  • 工賃
  • 古い壁紙クロスの処理費用
  • 材料の運搬費
  • 家具の移動にかかる手間賃etc…

こういったものが費用と材料費を合わせたものが、総費用であると考えましょう。
このように考えた場合、先ほど触れたように50万円程度を見積もっておけばよい、ということです。


2.14畳の壁紙クロスのリフォーム素材

壁紙クロスの張り替えリフォームを実施する場合は、やはり素材・グレードが重要となります。
14畳ともなると使用面積が大きく、素材・グレードごとでの総費用も大きく変わります。

とはいえ、「そもそも素材やグレードごとの特徴や費用がわからない」という人も多いでしょう。
壁紙クロスのリフォームでは、以下のようなものが一般的に利用されます。

  • ビニールクロス
  • 紙クロス
  • 木質壁紙
  • 無機質壁紙
  • オレフィン壁紙

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

2-1.ビニールクロスの費用や特徴

ビニールクロス

壁紙クロスの張り替えでは、ビニールクロスがよく使われています。
費用としては安い部類に入り、14畳であれば、材料費30,000円から55,000円ほどにおさえられるでしょう。

ただし、これは一般的なグレードのクロスを利用した場合の金額です。
ビニールクロスにはふたつのグレードがあり、これによって材料費は大きく変わります。

  • 比較的安価な「量産クロス」
  • 高価だが、デザイン性・堅牢性が高い「1000番台クロス」

うち1000番台クロスであった場合、材料の総費用としては55,000円から80,000円程度となるでしょう。

ビニールクロスの素材としての特徴は、やはり汚れにくいというところがあります。基本的には水や油が染み込みづらく、掃除も簡単です。抗菌性も高く、常に清潔な壁紙クロスとして利用できます。

それなりの高性能であるにもかかわらず安価であり、費用面でも優秀だと言えるでしょう。
ただし、防火性、耐衝撃性といった部分には劣るので、注意してください。

2-2.紙クロスの費用や特徴