壁紙(クロス)の種類。素材の特徴とリフォームに向いている場所を紹介

壁紙素材

壁紙には、ポピュラーなビニールクロスをはじめ、紙や布、木材などさまざまな素材があります。壁紙リフォームを行う際は、デザインや質感だけでなく、素材ごとの特徴にも注目しましょう。素材の特徴を把握しておけば、リフォーム後のミスマッチを防ぐことができます。

今回はリフォームで使われやすい壁紙素材を6種類ピックアップし、特徴やメリット・デメリット、見分け方をご紹介します。壁紙の張り替えリフォームを検討中の方はぜひ参考にしてみてください。


1.壁紙に使用される素材の種類と特徴・見分け方

壁紙に使用される素材には、主に以下の6種類があります。

  1. ビニールクロス
  2. 紙クロス
  3. 布クロス(織物クロス)
  4. 木質系クロス
  5. 珪藻土クロス・漆喰クロス
  6. オレフィン系クロス

それぞれの壁紙の特徴やメリット・デメリットを見ていきましょう。

1-1.ビニールクロス|最もポピュラー

ビニールクロス

ビニールクロスは、日本の多くの住宅で使われているポピュラーな壁紙素材です。塩化ビニール樹脂(PVC)を原料としたシートの裏側に、紙などの施工用シートを貼り付けています。さまざまな細工処理ができるため、デザインやカラーの選択肢が多い点が特徴です。

ビニールクロスのメリット

  • 価格が安い
  • デザインのバリエーションが豊富
  • 水を弾くため防汚機能や耐水機能に優れている

耐久性が高いビニールクロスは、消臭・耐火・吸湿など多機能な商品が多く販売されています。手入れのしやすさから、キッチンやトイレなどの水回りに使用されることも多い素材です。

ビニールクロスのデメリット

  • 有害物質が含まれているリスクがある
  • アレルギーを引き起こすリスクがある

ビニールクロスの加工時に使用される接着剤や安定剤に、有害物質であるホルムアルデヒトが含まれるため、環境や健康に影響が出る場合があります。シックハウス症候群などのアレルギーを引き起こすリスクもゼロではないため、アレルギー体質の方は避けた方が良いかもしれません。

ビニールクロスがおすすめなケース

  • 費用を安く抑えたい
  • デザインにこだわりたい
  • アレルギーの心配がない素材が良い
  • 掃除しやすい素材が良い

ビニールクロスの見分け方

霧吹き等で水を吹きかけ、水が弾かれるかどうかで判断できます。

1-2.紙クロス|上品で個性的に見せたいなら