【プロ直伝】和室の壁リフォームのすべて 費用や期間、選び方など

アイキャッチ

「和室の壁が古くなってきたからリフォームしたいけど、どんな風にしたら良いんだろう」
とお悩みの方は多いのではないでしょうか。

実は、和室の壁には大きく分けて5種類の壁材が使われており、特長も異なるということから、ご自身の目的に合った壁材を選ぶ必要があります。また、壁材によっても持つ機能や素材が異なるため費用にも影響が出てきます。

ここでは、それぞれの特徴を抑えた上でどのような壁材を選んだら良いのかということに加えて、和室の壁リフォ―ムにおいて注意すべきポイントについてもご説明します。

この記事を読むことで、快適で満足のいく和室での生活のためにどのような壁リフォ―ムを行い、費用はいくら払えば良いのかということがわかります!

>>実際の見積もりから算出した和室リフォームの費用相場をチェック!


1.和室の壁材の特長と選び方 

「和室の壁をリフォームしようと思い立ったものの、そういえばどんなものを選んだら良いのかしら?」と疑問を抱かれた方もいらっしゃるかと思います。和室で使われる主要な壁材の特長を簡単にまとめたものが次の表です。

和室の壁材の特長

壁材の機能性とは、気になるニオイを抑えてくれる防臭効果やカビの発生を防いでくれる防カビ性、万が一火事になった際に燃え広がりを防いでくれる防火性といったものを指します。

ここでは、5つの壁材について生活スタイルや好みによってどのようなものを選ぶのが良いのかをご説明します。あなたの過ごしたい和室にはどのような壁材が合うのかを考える際の参考にしてみて下さい。

1-1.ビニールクロス(壁紙)でリフォームする

ビニールクロスは和室以外の居室にも使われている一般的な壁紙です。ビニールクロスの特長をまとめたものが次の表です。

ビニールクロスの特長
出典:https://www.sangetsu.co.jp/

ビニールクロスには様々な色や柄があり、デザイン性に優れているため和室らしい雰囲気を作ることができます。また、他の壁材に比べて手入れもしやすくコストもかかりません。一方で、自然素材の壁材に比べて耐久性が低く、張替えるスパンは短くなってくるので長い目で見ると他の壁材と変わらないくらいの費用がかかってきます。

普段からあまり手入れの時間が取れない方や手軽にデザインを変えたいとお考えの方に、ビニールクロスはお勧めです。しかし、上質なものを長く使いたい、日本らしい古風な和室を作りたいとお考えの方は漆喰が良いでしょう。

1-2.聚楽(じゅらく)でリフォームする

聚楽(じゅらく)も和室の壁材として人気の素材の一つです。聚楽の特長をまとめたものが次の表です。