キッチンカウンターのリフォーム・交換・後付け|費用や素材について解説

対面キッチンの手元を隠し、配膳にも便利なキッチンカウンター。キッチンカウンターは材質によって、キッチン本体よりも早く劣化することがあります。

キッチンリフォームはまだ考えていないけれど、キッチンカウンターだけを交換したい」または「対面キッチンの雰囲気を変えたい」こんなふうにお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、キッチンカウンターの交換や後付け、高さや大きさを変える、収納設置などのリフォームについて解説。費用カウンターの素材リフォームの依頼先もあわせて紹介します。


1.キッチンカウンターはどこまでリフォームできる?費用はどのくらい?

キッチンカウンターは、対面式キッチンとダイニングの間にある、立ち上がり部分のカウンターを指します。

キッチンカウンターの大きさを変えたり、カウンター下に収納を設置したりすることもでき、利便性やキッチンのイメージを変えることも可能です。

具体的にどんなリフォームができるのか、費用はいくらかを見ていきましょう。

1-1.キッチンカウンターを交換したい

キッチンカウンターは、天板部分だけを交換できます

ただし既設のキッチンカウンターを外すには、壁をはがしてカウンターを固定しているビスを取り外す必要があります。そのため、キッチンカウンターの交換でも、壁の補修費用もかかることに注意しましょう。

費用は、カウンターのサイズや材質により異なりますが、10万円~が目安です。

1-2.キッチンカウンターの高さを変えたい

キッチンカウンターの高さは変えることができますが、腰壁を解体してカウンターを取り外し、新しい高さの腰壁をつくり直します

また、ダイニング側の壁はクロスで仕上げますが、キッチン側の壁はキッチンパネルやタイルなど、現状に合わせた壁仕上げで仕上げる必要があり、費用や仕上がりについて確認しておくことが必要です。

高さ変更にかかる費用は、総額で15万円~を目安に考えておきましょう。
内訳は腰壁の解体と補修、クロスの仕上げに約10万円、新しいキッチンカ