収納量を増やすキッチンリフォーム。機能的でおしゃれな事例を参考に!

キッチン 収納 リフォーム

モデルルームで見かけるような、スッキリと片付いた生活感のないキッチンに憧れている方は多いと思います。調理器具やスパイス類がごちゃごちゃと並ぶキッチンは、見た目が良くないだけでなく作業効率にも影響します。通販などでキッチン収納を購入するという手もありますが、むしろ使いにくいキッチンになってしまうことも…費用はかかりますが、リフォームをしたほうが動線や機能性に優れた快適なキッチンになるでしょう。

そこでこの記事では、収納量を増やすリキッチンフォームの種類や方法について解説するとともに、機能的でおしゃれなキッチンリフォーム事例を紹介します。ぜひ参考にしてください。


キッチン収納を増やすリフォームの種類と費用相場

以下にまとめたのは、キッチンの収納を増やすリフォームの主な種類と費用の目安です。

費用目安(本体+工事)備考
背面収納約30~40万円取付幅195cm
吊り戸棚(手動昇降)30万円前後取付幅165cm+75cm
吊り戸棚(電動昇降)50万円前後取付幅165cm+75cm
床下収納約5~8万円既存と同サイズの交換
パントリー(壁面設置タイプ)約5~10万円
パントリー(クローゼットタイプ)約10~50万円
カップボード約10万円幅90cm
キッチン設備交換約55~60万円幅210cm、I型キッチンの場合

かかる費用は収納のサイズやグレード、工事内容によって異なります。

費用を抑えたい場合、ホームセンターで背面収納やカップボードを購入して設置すれば、工事費はかかりません。ただし、ぴったりサイズではないため、天井や壁との間に隙間ができる可能性は高いでしょう。

一方、システムキッチンメーカーの背面収納やカップボードはセミオーダーでつくられるため、設置場所に合わせてサイズを指定できます。工事費用はかかりますが、仕上がりの美しさや統一感を重視するなら、リフォームで収納を増やすことをおすすめします。


収納量を増やすキッチンリフォーム事例

ここからは、収納力と快適性、おしゃれ度アップに成功したキッチンリフォームの事例を紹介します。

対面キッチンは背面(壁側)収納を活用

事例1-1

対面キッチンの背面(壁側)に引き出し式キャビネットと造作棚を設置。無垢材や漆喰など自然素材にこだわった内装に、木目調のキャビネットがよく似合います。シンプルな造作棚にはパスタなどが入ったガラスポットや小さな観葉植物が並び、まるでカフェのようなおしゃれな空間です。

出典:https://freshhouse.co.jp/case/17051/

ダイニング側にも収納スペースを設ける