対面キッチンにリフォームしたい!費用や事例、メリット・デメリットは?

「対面キッチンにリフォームしたい」

「子供の様子を見ながら料理がしたい」

「おしゃれなキッチンを手に入れたい」

このように考えて対面キッチンへのリフォームを検討する方が多いのではないでしょうか。

キッチンには様々なタイプがありますが、その中でも対面キッチンは家族とのコミュニケーションがとりやすく、開放感もあって人気のキッチンです。しかし、対面キッチンだからこそのデメリットもあります。

この記事では、対面キッチンへリフォームする際のメリット・デメリットや費用、実際のリフォーム事例などご説明します。デメリットを踏まえたうえで対面キッチンを実用的なものにするポイントも紹介しています。

記事を読めば、対面キッチンリフォ―ムについての知識を深めることが出来ます。その知識を活かして、満足のいく対面キッチンを手に入れてください。


1.対面キッチンのメリット、デメリット

まず、この章では対面キッチンのメリットとデメリットを4つずつ紹介します。メリット・デメリットを把握してから、本当に対面キッチンにリフォームしてよいのか判断しましょう。 

1-1.メリット

まず、対面キッチンのメリット4つを紹介します。

家族の顔を見ながら料理できる

対面キッチンの一番のメリットは、家族とコミュニケーションを取りながら料理が出来るという点です。リビングダイニングの様子が見られるので、料理中でも家族と顔を合わせることが出来るからです。

小さなお子様がいるご家庭などは、特に料理中でもなかなか目を離すことが出来ません。そのようなご家庭に対面キッチンはピッタリです。

動線が短く料理がしやすい

また、対面キッチンは動線が短く料理がしやすいというメリットもあります。対面キッチンのタイプによっては、上の画像のようにコンロやシンクと食器棚が向かい合わせになっているものがあります。

そのタイプの対面キッチンであれば、わざわざ食器を取りに移動するのではなく、振り向けば手に届くので動線が短くなるからです。

3-1で紹介する実際のリフォーム例なども動線が少なく済む対面キッチンの一例ですので、参考にしてみてください。

開放感がある

対面キッチンは開放感があるキッチンです。リビングダイニングが見えるよう、視界を遮る壁などがないからです。そのため、テレビなどを見ながら料理することも可能です。

大規模な間取り変更などをしなくてもすっきりとしたお部屋に生まれ変わらせることが出来ます。広いキッチンにいる感覚にもなりますので、気持ちよく料理が出来るでしょう。

デザイン性が高くオシャレ