2階にキッチンを設置するメリット・デメリット|費用や設置のポイントは?

二世帯住宅への移行などライフスタイルの変化により、キッチンを2階に増設したいと考えている人もいるでしょう。

また、間取り変更を考えていてキッチンを2階に移設しようか迷っている方もいるのではないでしょうか。

日常生活に欠かせないキッチンは、使い勝手の良い場所へ動かすことが大切です。リフォームで場所を動かす場合、設備だけでなく配管も関係するため、費用も大きく変わる可能性があります。

本記事では、キッチンを2階に設置するメリット・デメリットや費用相場、増設時のポイントなどについて解説します。コストを抑えて希望する場所にキッチンを設置し、理想の間取りを実現しましょう。


1. 2階にキッチンを作るメリット

キッチンを2階に作ることで得られる主なメリットを7つ紹介します。

①日当たりが良い

2階は1階に比べ日当たりが良い点が特徴です。

隣接する建物が2階建てや3階建ての場合、1階だと建物の影になって採光が悪くなる傾向がありますが、2階にキッチンを設ければ、同じくらいの高さの住宅が隣接していても日光が遮られにくいため、室内の明るさを確保することが可能です。

②眺望が良い

2階のキッチンは、窓からの眺望が良くなる点もメリットです。1階のキッチンは、塀や植栽により眺めが遮られるケースが多いですが、2階の場合は窓の外の景色を満喫できます

③建物の強度・耐震性が上がる

2階にキッチンを作ることで、建物の強度や耐震性が向上する点もメリットです。

一般的に、キッチンやリビングを広く取るために柱や壁を少なくするケースが多く見られます。2階にキッチンを設けて、1階に洋室や納戸などの小部屋を作れば、1階の柱や壁の数が増えて構造的な強度が高まります

ただし、二世帯同居でのキッチン増設など1階と2階両方にLDKを作るケースもあるため、リフォームの際には改めて耐震性能を見直しておくと安心です。

④天井高のあるLDKで開放的

キッチンを含むLDKを2階に設置することで、天井高を上げることが可能です。

1階は2階の床下が天井となりますが、2階にLDKを作れば吹き抜けにして屋根裏まで天井を伸ばせます。そのため、開放感のある広いスペースを確保できるでしょう。

⑤プライバシーが確保できる

2階は1階よりも外から見えにくく、キッチンやリビング