【プロが教える】2階にキッチンを増設する費用・設置場所

アイキャッチ

「親世帯と同居していて自由にキッチンが使えない」
「2人で使うとキッチンが狭い」
こんなお悩みありませんか?

1階にも2階にもキッチンがあれば、時間やお互いの目を気にする必要もありませんし、来客時も気兼ねなく利用できるので、不要なストレスを感じることがなくなります。

しかし、「費用はどのくらいかかるのか」「2階のどこに増設できるのか」など不明な点が多数あるかと思います。2階にキッチンを増設する際に知っておくべきことを事前にしっかりと確認し、満足のいくリフォームにしましょう。


1.2階にキッチンを増設する際の費用はいくら?

ここでは1階にキッチンがあると想定して2階にキッチンを増設する費用を説明します。

キッチン増設にかかる費用は次の2つの要素によって変わります。

    • 増設するキッチンの種類
  • 既存配管との繋ぎやすさ

これらの違いにより、費用がどのように変わるかをまとめました。

給排水管工事キッチンの種類
ミニキッチン
(本体10万~30万円)
システムキッチン
(本体20万~60万円)
既存配管と繋ぎやすい30万~50万60万~100万
既存配管と繋ぎにくい45万~65万75万~115万

ご覧の通り、ミニキッチンにするかシステムキッチンにするかによって、最安モデルでもトータル30万円ほどの費用差があります。

また、ミニキッチンにもシステムキッチンにもそれぞれグレードがあり、最低限のものにするか機能性やデザインにこだわるかで費用が大きく変わります。

給排水管工事については既存配管と繋ぎやすいか、繋ぎにくいかによって15万円ほどの費用差があります。

既存配管に繋ぎやすい(費用を抑えられる)増設の条件としては

  1. 1階キッチンとの距離が近いスペースに増設
  2. 外壁に面しているスペースに増設

の2つが挙げられます。

理想は1階キッチンの真上ですが、間取りの都合で仕方なくこの条件を満たすことができない場合は、配管を延長しなければならないため費用がかさんでしまうのです。ご自宅の状況に合わせて費用相場を理解する必要があります。

■ミニキッチンとシステムキッチンの違い

ミニキッチンとシステムキッチンってどう違うの?と気になった方も多いかと思います。ここではそれらの特長をまとめました。

種類本体価格特徴
ミニキッチン
ミニキッチン
10万~30万円補助キッチンとして増設したい人向け
・来客用のお茶出しなど簡単な炊事用
・コンロが1~2つ
・調理スペースが狭い
システムキッチン