【プロが教える】2階にキッチンを増設する費用・設置場所

アイキャッチ

「親世帯と同居していて自由にキッチンが使えない」
「2人で使うとキッチンが狭い」
こんなお悩みありませんか?

1階にも2階にもキッチンがあれば、時間やお互いの目を気にする必要もありませんし、来客時も気兼ねなく利用できるので、不要なストレスを感じることがなくなります。

しかし、「費用はどのくらいかかるのか」「2階のどこに増設できるのか」など不明な点が多数あるかと思います。2階にキッチンを増設する際に知っておくべきことを事前にしっかりと確認し、満足のいくリフォームにしましょう。

1.2階にキッチンを増設する際の費用はいくら?

ここでは1階にキッチンがあると想定して2階にキッチンを増設する費用を説明します。

キッチン増設にかかる費用は次の2つの要素によって変わります。

  • 増設するキッチンの種類
  • 既存配管との繋ぎやすさ

これらの違いにより、費用がどのように変わるかをまとめました。

キッチンの種類

ご覧の通り、ミニキッチンにするかシステムキッチンにするかによって、最安モデルでもトータル30万円ほどの費用差があります。

また、ミニキッチンにもシステムキッチンにもそれぞれグレードがあり、最低限のものにするか機能性やデザインにこだわるかで費用が大きく変わります。

給排水管工事については既存配管と繋ぎやすいか、繋ぎにくいかによって15万円ほどの費用差があります。

既存配管に繋ぎやすい(費用を抑えられる)増設の条件としては

  1. 1階キッチンとの距離が近いスペースに増設
  2. 外壁に面しているスペースに増設

の2つが挙げられます。

理想は1階キッチンの真上ですが、間取りの都合で仕方なくこの条件を満たすことができない場合は、配管を延長しなければならないため費用がかさんでしまうのです。ご自宅の状況に合わせて費用相場を理解する必要があります。

■ミニキッチンとシステムキッチンの違い

ミニキッチンとシステムキッチンってどう違うの?と気になった方も多いかと思います。ここではそれらの特長をまとめました。

ミニキッチンとシステムキッチンの違い

ミニキッチンはシステムキッチンと比較して大幅に安いですが、イメージとして一人暮らしの1ルームにあるようなキッチンですので、毎日の炊事に使うのは厳しいかもしれません。

2世帯で独立して頻繁に使用するようであればシステムキッチンを検討しましょう。

 

2.2階にキッチンを増設した実際の事例とその費用

大まかな費用相場がつかめたところで、実際の事例を通して、より具体的にキッチンを増設する費用を説明します。

今回紹介する大阪市富田林市のT様の事例は2階にシステムキッチンを増設する代表的な事例で、費用も平均的なので、費用感を養うのに最適です。

概要をまとめると以下のようになります。

物件情報

リフォ―ム内容

1階キッチンと近い2階のお部屋の外壁に面したスペースにI型のシステムキッチンを増設しています。

費用内訳を詳しく見てみましょう。

費用内訳

この事例では1階キッチンとの距離が近く、既存配管と繋ぎやすい増設であったため、「給排水管工事費」(赤で囲った部分)が10万円となっていますが、既存配管と繋ぎにくい増設の場合だと、ここが25万円前後になってしまいます。

システムキッチン本体が相場のちょうど中間の額なので、あなたが求めるキッチンに合わせて費用が想定しやすいのではないでしょうか。

また、同じ条件でミニキッチンを増設するとすればトータル40万円程度の費用になると考えていただけるといいと思います。

【データで見る戸建てのキッチンリフォームの費用と相場】はこちら

3.知っておくべき!キッチンの増設で別途発生しうる費用

キッチンを増設する際に、以下の3つの状況で別途費用がかかるので確認しておきましょう。

  • 増設する部屋の床がカーペットか畳の場合
  • 既存給湯器の容量が小さい場合
  • 外壁に面していない場所に増設する場合

■増設する部屋の床がカーペットか畳の場合

カーペットや畳という不安定な床にはキッチンを設置することができないため、フローリングへの変更が必要になります。床材の変更費用は次のようになります。

増設する部屋の床がカーペットか畳の場合

カーペットよりも畳の場合のほうが、高さを揃えるために下地を調整する必要があるため、張替え費用は比較的に高くなります。

■既存給湯器の容量が小さい(20号以下の)場合

いまお使いの給湯器が小さい場合は、増設したキッチンをそのまま接続するとお湯を同時に使えなくなる可能性があるので、給湯器の交換・追加を検討する必要があります。その費用は次の通りです。

既存給湯器の容量が小さい(20号以下の)場合

24号であれば1つの給湯器で問題なく同時利用が可能です。既存の給湯器が15年以上経過している場合は、近い将来交換しなければならなくなるのでこのタイミングで交換されることをおススメします。

逆に既存給湯器が新しいものであれば、10万円程度費用を抑えることのできる2階キッチン専用の給湯器を追加する方がよいでしょう。

■外壁に面していない場所に増設する場合

外壁に面していない場所にキッチンを増設する場合、床下に給排管を延長する工事費、さらに換気設備の工事費、大規模な内装工事費が発生します。これらの費用はかなり大きく、別途発生する費用だけで30万円以上になるでしょう。

現状を見てみないと正確な金額はわからないので、どうしても場所にこだわりたいのであれば、業者に見積もりを出してもらうとよいでしょう。

 

4.2階のどこにキッチンを増設するべき?

2階のどこにキッチンを増設するのが良いか分からない方もいらっしゃると思います。

キッチンの増設をするべき場所は

  • 十分なスペースがある場所
  • 配管工事がしやすい場所

です。

■キッチンの増設に必要なスペースは?

ではキッチンの増設にはどのくらいのスペースが必要なのでしょうか。

キッチンの増設に必要なスペースは次の通りです。

キッチンの増設に必要なスペース

使用頻度の高いシステムキッチンの場合、キッチン本体だけでなく冷蔵庫や食器棚のスペースも確保する必要があります。

ミニキッチンは、サブキッチンとして使われるのでその必要がありません。

目安としてイメージ図のようなスペースが確保できる場所を選びましょう。

■配管工事がしやすい場所は?

前述のように既存配管と繋ぎやすい場所は、1階キッチンとの距離が近く外壁に面している場所です。

これ以外の場所にも増設することは可能ですが、費用が大きくなってしまうので、満足度高くキッチンを増設できなくなってしまいます。

実際、キッチンの増設はほとんどのケースで配管の位置を近づけて行われています。

既存配管との距離を意識してどこに増設するべきか検討してみてください。

 

5.リフォーム会社選びとキッチン増設までの流れ

「誰にリフォームを依頼するべきかわからない」「どう行動すればいいのかわからない」という方も多いと思います。ここでは、満足度の高いリフォーム会社の選び方と、キッチン増設までの流れを説明します。

5-1.満足度の高いリフォーム会社の選び方

費用も抑えつつクオリティの高い施工をしてくれる業者を選ぶポイントは

  • 大手ではなく小規模なリフォーム会社に依頼すること
  • 紹介サイトを活用して、優良なリフォーム会社を見つけること

以上の2点です。

■小規模なリフォーム会社の方が費用を抑えられる?

大手リフォーム業者は保証やアフターサービスが充実しているものの、広告宣伝費に多くの費用をかけていることや専任デザイナー等が置かれている、孫請け業者に発注する額に加えて自分たちの利益を上乗せするため、費用は多くかかってしまいます。

一方、小規模なリフォーム会社は広告にほとんど費用をかけず、専任営業マンやデザイナーを置いていないため費用を抑えての施工ができます。

「それでは、その分クオリティが下がるのでは?」と不安に思われるかもしれませんが、小規模な業者にも大手と遜色ない施工をしてくれるところがたくさんあります。

■紹介サイトを活用して優良な業者を見つけよう

それらの優良な小規模業者を探すために紹介サイトを活用してください。

紹介サイトでは、各リフォーム会社のホームページ情報以外に、お客様からの口コミや独自取材の内容により、どのリフォーム会社がキッチンリフォームを得意としているか、お客様からの評判がよいかという情報が集約されております。また、複数一括で紹介を受けることで、自分に合うリフォーム会社かどうか比較検討することができます。

そのため、紹介サイトを通じて、あなたも手間をかけずに満足度の高いリフォーム会社探しができるようになります。

(ご参考)リフォームガイドのご紹介

ここでは、紹介サイトの一つである弊社リフォームガイドについてご紹介します。リフォームガイドでは、みなまのリフォーム内容や趣向に合わせてピッタリのリフォーム会社をまとめて紹介できます。

リフォームガイドとは?○○

リフォームガイド:無料見積の申込はこちらから(登録はたったの2分)
電話番号:0120-395-120
営業時間:9:00~21:00(月~金) 9:00~18:00(土)

5-2.キッチンの増設までの流れ

キッチンを増設するまでにどのくらいの期間がかかるのか、何をしなければならないのかを図にまとめました。

思い立ってから施工完了までの流れ

キッチン増設までの流れとしては、まずリフォーム会社にご自宅の現状を調査してもらい、リフォーム費用の見積もりを受け取ります。見積額や内容を比較検討したうえで契約し、その後施工となります。

契約から施工まではリフォーム会社がメーカーに製品を発注するなどの準備をする時間が必要なので2週間~3週間をみてください。実際の施工期間は4日~1週間ですが、それまでの過程を含めると思い立ってから施工完了まで2か月前後必要になります。

意外にもトータルでみると時間がかかってしまうことがご理解いただけたと思います。

すぐにでもキッチンを増設したいという方はお早めに現地調査の依頼をされることをおススメします。

 

6.まとめ

いかがだったでしょうか。ここまで、サブキッチンとしてキッチンを増設したい人、2世帯住宅で2階にしっかりとしたキッチンが欲しい人に向けて、リフォームを検討する上で知っておくべき情報を紹介してきました。

目安となる費用や設置場所を参考にしながら、ご自身のリフォームプランにお役立ていただければと思います。

また、優良なリフォーム会社が知りたければ、リフォームガイドという紹介サイトを使ってみてください。

(キッチンリフォームの関連記事)

全ノウハウまとめ
【保存版】キッチンリフォームで失敗しないために必要な知識と全手順

その他関連記事

(キッチンリフォーム関連記事をもっと見る)

キッチンリフォームの費用と相場


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。