使いやすいキッチンの高さとキッチン選びの全手順

野菜を切ったり、お皿を洗ったり。日々の暮らしに欠かせないキッチンワークですが、もしキッチン仕事の後、必要以上に腰痛や肩こりを感じるようならそれはキッチンの高さのせいかもしれません。

キッチンには、利用者それぞれに合った使いやすい高さがあります。シンクや調理台はもちろん、コンロや収納の棚などの使いやすいキッチンを実現するための「高さ」について解説いたします。

キッチンリフォームの費用と相場


1.使いやすいと言われるキッチンの高さについて

キッチンカウンターの高さは、高すぎると腕が疲れますし、低すぎると腰が疲れます。キッチンの高さを考える際には「身長を基準とした高さ」と「キッチンのパーツ毎の高さ」の両面から考える必要があります。これらの詳しい内容と、具体的な手順について説明してまいります。

1-1.キッチンの高さを考えるうえでの基礎知識

キッチンの高さはキッチンに最も頻繁に立つ人の身長を目安として選ぶことになります。まずは「身長を基準とした高さ」についてご説明します。

キッチンの高さ=身長÷2+5 cm
※身長160cmの方の場合は160cm÷2+5cm=85cmが目安となります。

キッチンの高さ
出典:http://maeden-mizumawari.com

この計算式で求められる高さが、身長を基準とした高さになります。

次にキッチンのパーツ毎の高さについてご説明します。

キッチンのパーツ毎の高さ

キッチンの高さは、「コンロ」「シンク」「調理台」の各パーツによって使いやすい高さがあります。

例えばシンクの場合は底が下がっていますので、洗い物は高めの方が使いやすく感じます。調理台での作業は一点に視線が集中しているので、低すぎると疲れやすくなります。また、炒め物や鍋の煮え具合を確認するなどコンロは高すぎると鍋の中が見えにくいので、低い方が使いやすいでしょう。

調理台とシンクとコンロの高さ

その際は、キッチン作業中にスリッパを履くか否か、足元にマットを敷くか否かなども併せて想定しましょう。特に、かかと付きスリッパなどを愛用されている場合はスリッパのかかと部分で数センチの差が出ることを忘れないようにしてください。

1-2.キッチンの高さを決めるための具体的な手順について

「身長を基準とした高さ」と「キッチンのパーツ毎の高さ」についてご理解いただけたら、次は使いやすいキッチンの高さを決定する手順と考え方を説明します。

「高さを決める手順」

①現状のキッチンの高さに関する不満点を列挙して優先順位をつける。

②身長計算式(身長÷2+5 cm)で目安の高さを確認する(※端数は切り上げ)

③可能なかぎり、実物のキッチンで調理や後片付けなど、実際の動きを確認してみる。
ショールームを活用したり、高さが合うようであれば友人、知人宅のキッチンを借りてみるなどの方法があります。

④普段、キッチンにいる状態となるべく同じ状況を再現して高さを確認する。
スリッパやマットなど普段使用している物があれば、忘れず持参しましょう。

この段階は、可能であればリフォーム会社の担当やアドバイザー、ショールームのアテンドなど、プロに付き添ってもらうことをお勧めします。

「全体の高さのバランス調整に関する考え方」

キッチンの前で話している女性2人

まずは身長を基準とした高さのキッチンで使い勝手を試してみるとよいでしょう。そのうえで、普段使いにくいと感じている箇所を中心にキッチンのパーツ毎の使用感を確かめてみてください。

調理台をメインとするとシンクが使いにくいなど、個別のケースについてはシンクの蛇口の位置を変更することで対応も可能です。またコンロが高すぎるのであればIHクッキングヒーターを考えてみたり、スリッパやマットの厚みで調整を図るなどの方法があります。

いずれにしても、ご自身の使用感がとても大切な要素です。基準値を目安にしながらも、使用感を確認しながら決めていくとよいでしょう。