使いやすいキッチンの高さとキッチン選びの全手順

野菜を切ったり、お皿を洗ったり。日々の暮らしに欠かせないキッチンワークですが、もしキッチン仕事の後、必要以上に腰痛や肩こりを感じるようならそれはキッチンの高さのせいかもしれません。

キッチンには、利用者それぞれに合った使いやすい高さがあります。シンクや調理台はもちろん、コンロや収納の棚などの使いやすいキッチンを実現するための「高さ」について解説いたします。

キッチンリフォームの費用と相場


1.使いやすいと言われるキッチンの高さについて

キッチンカウンターの高さは、高すぎると腕が疲れますし、低すぎると腰が疲れます。キッチンの高さを考える際には「身長を基準とした高さ」と「キッチンのパーツ毎の高さ」の両面から考える必要があります。これらの詳しい内容と、具体的な手順について説明してまいります。

1-1.キッチンの高さを考えるうえでの基礎知識

キッチンの高さはキッチンに最も頻繁に立つ人の身長を目安として選ぶことになります。まずは「身長を基準とした高さ」についてご説明します。

キッチンの高さ=身長÷2+5 cm
※身長160cmの方の場合は160cm÷2+5cm=85cmが目安となります。

この計算式で求められる高さが、身